クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 斉藤隆太

売上に悩む先生に共通した”ある発言”

42 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
クドケンの斉藤です。


本日は、

僕が4年以上行っている
治療院コンサルティングの
経験を元に


「これはちょっと
 考えを改めた方がいいな…」


と感じた、ある先生方の
“発言”について解説を
していきたいと思います。


院の経営について相談に
乗っていると、先生から
良く聞く発言があります。


それは、
以下のような発言です。

「1回で症状が改善するので、
 新しい患者さんが足りなくて
 売上げが伸びないんです」

「リピート率は高いのだけど
 新規の数が足りないんです」



あなたは、これらの発言を
どう思われますか?


僕はこのような発言を聞くと、

「かなり誤解されているな…」


と心配になってしまいます。


もちろん、相談をして頂いた
先生を否定しているわけでは
ありませんのでご理解ください。


僕はいつも、
このような発言をされる先生には

「別の見方もできるんですよ」


というお話をしています。


きっと、月商100万円を
コンスタントに超えているような
先生であれば僕と同意見なはずです。


では、別の見方とは
どういうことなのか?


まずは、

「1回で症状が改善してしまうから…」


という発言について説明します。


事実として、
少ない回数で痛みを取る先生は
全国に沢山いらっしゃいます。


これについては
一切否定できません。


しかし、全ての症状が
1回で改善する訳ではないのです。


しっかりと根本から症状を
改善していくためには、


✅複数回通うこと
✅その後のアフターケア


この2つが必要だと
考えるのが正しいのです。


恐らくですが、
「一回で改善してしまう」
という発言の裏には、


“過去に「一回で治った」と
 言われた経験が何度かある”
という背景があるのだと思います。



もしも、ではありますが
どんな症状でも1回で
改善してしまったら、、


1回の施術料金が30万円でも
全国から患者さん押し寄せ、
毎日行列ができるはずです。


そして、近所はもちろん
全国規模でクチコミが広がり
新規が殺到するでしょう。


でも現実に戻ると、、
クチコミから新規が殺到していない…


この時点で事実と反している
ことが証明されます。


人は自分の都合のいい記憶を
優先して引き出してしまうため
仕方のない部分もありますが、

はっきりと申し上げますと、
「1回で改善してしまう」
というのは大きな勘違いです。


確かに1回で症状が
改善することもあります。


1回で症状が改善したと
患者さんから喜びの声を
頂くこともあります。


ですが、そういったケースは
ごく稀にあるだけというのが現実です。


ひょっとすると
患者さんが気を遣っている
だけかもしれません。


症状がその場で取れただけで
治ったと勘違いしていて、


翌日には痛みが戻って
また症状がぶり返してしまっている、、


なんてこともあるかもしれません。


事実として、初回から
二回目のリピート患者さんが
少ないということは、


自分自身になにか問題がある
ということに気が付くべきです。


1回でどんな症状でも
改善できるほどの腕があるならば、
患者さんからも信頼されているはずです。

そういった場合は、
痛みが再発した際も
必ず先生の治療院に行きますし、
クチコミ・紹介も自然発生してます。


しかし、、、現実はどうでしょうか?


少々キツイ言い方ですが、
新規に困っているということは
『選ばれていない』
ということです。


この現実に気が付いて
頂くことが始まりなのです。


この点に気が付くと

「リピート率は高いんだけど…」


という発言の間違いにも
気が付いて頂けると思います。


何をもってリピート率と
するのかにもよりますが、


多くの患者さんが支持しているなら
自然と紹介やクチコミで
新規患者さんが
集まってくるはずですよね。


最後に、
今回お伝えしたかったことを
一言でまとめますと…

これらの
発言の裏に隠れている

「新規さえ来れば解決する」
という”考え方”を改めて頂きたい


ということです。


コンサルティングを通して
何人もの先生を見ておりますが、


こういった考えでは
新規患者さんが
たくさん集まったとしても
経営はうまくいきません。


まずは、
間違った思い込みによって
今の状態が作られているんだ
ということを理解しましょう。


この視点を持つことができれば、
今抱える問題が徐々に
なくなっていきます。


今回紹介したような
発言をされている先生は

問題から目をそらさず
悩みから逃げないこと。


これが現状を打破する
カギであることを
覚えておいてください。


このブログを機に、
今の自分自身がどうなのかを
振り返って頂ければと思います。



本日の格言

20160720_kakugen

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」