クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 斉藤隆太

先生は大丈夫?広告費の正しい考え方

65 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
クドケンの斉藤です。


突然ですが…

コンサルティングをしていると
次のような質問をよく頂きます。


「広告費はどの位が
 適切ですか?」


やはり、広告にどの位
費用をかけるべきなのか?

気になっている治療家さんは
多いようですね。


なので本日は、
『広告費』について
解説をしたいと思います。



「広告費なんて必要ない」

そう話される先生もたまに
いらっしゃいますが、


治療院を経営しているなら、
広告費という考え方は
とても大切です。


なぜなら、
これからの治療院業界では
新規患者さんの争奪戦が
起きてくるからです。


整骨院を含め、自費整体院、
マッサージ、リラクゼーション店舗は
年々増加しています。


目には見えませんが、
確実に新規患者さんの争奪戦、
そして既存患者さんの奪い合いも
起きています。

✅地域で開業して長く、
 既存患者さんがそれなりにいる

✅地域柄、ライバルが少なく
 クチコミだけで経営が成り立ってしまう

✅利便性が良い立地で
 通りがかりの集客が絶えない

✅地方からも患者さんが押し寄せ
 予約が途絶えることのない
 ゴッドハンド先生


など、本当に新規集客に
困っていない治療院さんは、
ごく少数ではないかと思います。


今、メルマガをお読み頂いてる先生も、
思い返せば最近新規が減ってきたな…
と感じていませんか?

そんな状況で必要になるのが
正しい広告費の考え方なのです。


先生は、広告費を月に
いくらかけていますか?


こう質問すると、

「月に3万円」という先生もいれば、
「月に10万円くらい」

などバラバラです。


もしくは感覚で費用を
計測していて、はっきり広告費が
分からない先生もいたりします。


これは、正しい広告費の
考え方を知らないがために、
基準が曖昧だからです。


では、治療院の広告費は
どのように考えるべきなのか?


正しい広告費の考え方は
2つあります。


1つは、

『広告費は売上の10%』


という考えです。


利益ではなく、売上の10%を
1つのラインと考えるべきです。

✅月商50万円なら月に5万円

✅月商100万円なら月に10万円

✅月商200万円なら月に20万円



利益率を考えると
広告費に売上の10%を
かけたとしても十分元が
取れる数字です。


色々な治療院さんを見ていると
ここまで広告費をかけていない
先生がとても多いのですが、


このラインより低い場合は、
自分の理想とする売上の10%まで
もう少し広告費をかけてみる
というのもありです。


改めて自分の院の広告費が
売上の何%なのか確認して
みてくださいね。


続いて、
2つ目の考え方です。


『月に何名の新規が必要なのか』


という考え方ですね。


単純に月に10名必要なのか、
20名必要なのか、
“目安”を決めるということです。


この考え方はとても重要です。


新規患者さんには
集められるだけとにかく
来て欲しい!


長期的にみると
この考え方で動いている院は
不安定になりがちです。


なぜなら、集客人数に
フォーカスするあまりに
気づけば広告費予算の垂れ流しが
起きてしまう可能性があるからです。



正確な広告の効果測定を徹底し
長期的に安定した集客を
行いたいのであれば、


かけられる広告費予算の”基準”は
必ず必要になってきます。


その基準が、1人あたりに
いくらまでかけられるのかという
基準なのです。



『売上げを維持するのに
 最低○○名の新規を確保する
 必要がある』

この目安をまず持つこと。

そして、一人当たりにいくらまで
広告費をかけるのか、掛け算です。

✅1人4,000円ならば
20名の新規で8万円です。


✅1人5,000円までかけられるなら
20名の新規で10万円です。


この考え方を
持ってみてください。


地域や広告媒体によって
広告費は変わってきますが


一般的な目安としては、1人あたり
3,000円~5,000円の
治療院さんが多いです。


地域によっては1万円かかる
ところも、反対に1,000円
かからない地域もあります。


正直、地域で勝つために
戦略を作るなら、初回の利益を
すべて捨てるくらいの
気持ちが必要です。


初診でいただく金額を
すべて広告費に回してでも
新規を獲得するぐらいの
気持ちを持つのです。


まずは毎月の広告費に
いくらかけているのか、
分析してみてください。



ホームページ、スマホサイトに
かけているSEO料金や
PPC広告費を分析して、
ホームページからは
1人獲得するのに●●円かかる。


チラシ集客なら、印刷、配布の
総コストを洗い出して反応があった
患者さんの数で割ると1人獲得するのに
●●円かかると分かります。


先ほどお話しましたが
各媒体で獲得コストは
変わります。


最初はザックリと「これくらい」
程度もいいですが、

慣れてきたら1人当たり●●円まで
という基準を作るべきです。


ここを曖昧にしている
治療院さんが多いのですが、

曖昧なままだと
利益が残らなくなって
しまいますので要注意です。


では、広告費のポイントを
まとめます。


1.売り上げの10%という考え

2.欲しい人数×1人あたりの限界広告費


この2つの視点を持ち、
自分の院にとって最適な広告戦略を
立てて頂けたらと思います。


本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。


本日の格言

20160720_kakugen

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」