コレ↓をしっかり聞いて集客UP!


こんにちは!
クドケンの斉藤です。


本日のテーマ

集客を今より増やす方法



集客改善の第一歩、
現場で行うべき行動について
お伝え致します。


どの治療院にも必ずメインとなる
集客経路があります。



✅ホームページ

✅スマホ

✅SNS

✅ポータルサイト

✅通りがかり

✅看板

✅紹介

✅チラシ




こういった集客経路を通して
日々、新規患者さんが来院します。


では、集客を今よりも増やして
いきたいと思った時にどうするか。


✅長所を伸ばすか

✅短所を補うか


どちらの効率が良いのか。

その判断は先生によって
変わってくるかと思いますが、
いずれにしても判断材料が
必要となってきます。


そこで大切になるのが

正確な統計を取る集計作業です。



✅患者さんがなぜ当院に
 来院したのか

✅当院を知ったきっかけは
 どの媒体だったのか


ここを深く聞いていく
必要があります。


通常の集計方法だと、
電話で予約を受け付ける場合は


「何を見てお電話されましたか?」


という質問をします。


もしくは問診票に、


「どうやって当院を知りましたか?」


という質問を用意しておいて、
集客経路をチェックする
パターンがあるかと思います。


しかし、患者さんの回答を
鵜呑みにしてはいけません。


実はこの回答は

正確でない可能性が大きいのです。

正確な統計を取るためには、

電話口で聞く場合も、
問診票にチェックしてもらう場合も
少し疑ってかかってみてください。


例えば・・・

「ホームページを見て来院しました」

という患者さんについて考えてみます。


ホームページを見て
来院する患者さんには
2つのパターンがあります。



1.地域名で検索する場合

2.他の媒体で知って検索する場合






1.地域名で検索する場合



地名+整体 などと検索して、
その検索結果の一覧から
選んで来院されるパターンです。


SEO対策をしていて
検索結果で上位にいる場合や
PPC広告を出している場合は、


「ホームページを見て来ました」
と患者さんは言うはずです。


このパターンの場合は

信憑性が高いです。




2.他の媒体で知って検索する場合


治療院名を直接検索しホームページへと
たどり着く場合です。



本当は通勤の行き帰りに
毎日通っていて、
存在は知っている状態で
スマホで検索した。


ポストに入っていたチラシを見て、

パソコンで「○○治療院」と検索した。



問題点



他の媒体を見てから
「ホームページを見ました」
と答えてしまうかもしれない


ということです。


通りがかりで治療院の存在を知って
ホームページを調べた場合は
「通りがかり」で数え、


チラシを見てホームページを
検索された場合は、
「チラシ」で数えなければ
正確ではありません。


ここでお伝えしたいことは
ホームページは

全ての集客媒体の終着点

になっているということです。


今は気になったらその場でスマホで
検索して電話ができますので、

患者さんもついスマホからと
答えてしまうことも多いです。


正確な集客経路を集計する方法


「○○を見て来院しました」という

患者さんの答えを全て鵜呑みにせず疑う。



集客経路を計るには
やはり先生自らが新規患者さんに
聞く必要があります。


当院を初めて知った、調べた
きっかけは何だったのか。


という質問を加えることです。


「ホームページを見て来ました」という
患者さんに対してだったら




先生
「今日はホームページを見て
 来院いただいたという事ですが、
 当院を初めて知った
 きっかけを教えて頂けますか?」


患者さん
「家の近くで整体院を
 探していたんです。
 ここを毎日通っていて
 気になっていて、、、」


先生
「そうなんですか。それで
 当院のホームページを検索して
 ご覧頂いたんですね」






という感じで質問をすると
「ホームページを見て来ました」
という患者さんの中には、




✅通りがかりで知った

✅友だちから治療院名を
 教えてもらった

✅チラシで知った、
 雑誌広告に載っていた



という答えを持っている場合
がありますので、

掘り下げて
質問することにより、
来院するまでの背景を
引き出していきます。


本当の答えを引き出してから
それぞれの集客経路に
分類していくのです。


お分かりいただけましたか?


ご説明したように慎重に
統計を取っていかないと、
情報が正確ではなくなってしまいます。


正確に統計を取ることによって
それぞれの集客経路の
新規数が変わってきます。


正確に統計を取る目的は、
院に来院されるまでの
患者さんの背景や、
思考の流れを調べるためです。


また、


「どこを見て来ようと思いましたか?」

という質問を加えて、





✅ホームページの
 どの部分に惹かれたのか。

✅チラシを見たタイミング。

✅通りがかりで予約するまでの心理





など、

改善点も一緒にお聞きすることで
より確実に強みを見出し、
弱点を補うヒントも得られます。


ここを明確にしておく事が、
新規集客を伸ばすポイントになり、
後々役に立ちます。


集客を今より増やしていきたいと
思ったら、

まずは患者さんへの
リサーチが必要です。


集客費用の予算にも
大きな影響を与えますので、

正確に統計を取るために
新規患者さんへの質問から
始めてみてくださいね。


本日の格言

20160406_kakugen

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック