クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 斉藤隆太

【音声解説】売上アップのヒントは院内の○○を知ることだった!

26 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
クドケンの斉藤です。


✅口コミNo.1

✅検索数No.1

✅満足度No.1

✅地域No.1


などの表現を使うことによって
人は安心、信用します。


「No.1=一番」ということですから


一番なら間違いないと、
短絡的に考えてしまうのです。


ホームページをはじめ、
チラシなど集客媒体に載せて
外に発信することで


人気店や繁盛院という印象を
見込み患者さんに与えることが
出来ますので、


売上アップ、集客力アップに効果的です。


今回はこの「No.1=一番」を
少し違った視点でみていきます。


実は先生の治療院の内部にも
限りなくたくさんの一番が
存在するものです。



本日の音声


「売上アップのヒントは院内の○○を知ることだった!」

・通常速度(4分42秒)


・1.5倍速度(3分8秒)


※クリックすると音声が流れます。



知らないだけで、
治療院の内部には様々な
ナンバーワンが存在しています。


まずは、思いつく限りの
ナンバーワンを列挙してみると、、



✅一番人気のある治療メニューは?

✅一番人気のない治療メニューは?

✅一番利益率の高い治療メニューは?

✅一番利益率の低い治療メニューは?

✅一番患者さんが多い時間は?

✅一番患者さんが少ない時間は?

✅一番患者さんが多い曜日は?

✅一番患者さんが少ない曜日は?

✅一番稼働するベッドは?

✅一番稼働しないベッドは?

✅一番労働時間の長いスタッフは?

✅一番院内で汚れているところは?

✅一番多いクレームは?

✅一番多く質問されることは?

✅一番多い口コミの内容は?





などなど、、


このように院の内部には
たくさんのナンバーワンが
存在しているのです。


それがどうしたの?
と思われるかもしれませんが、


このナンバーワンを把握することは
大切なことです。


なぜならこのナンバーワンと
なっている理由を明確に
していくと、


売上アップや集客アップのための
ヒントがたくさん出てきます。


例えば、


なぜ、この時間帯は一番
患者さんが少ないのだろう、、


という考えから時間帯別の
来院数を割り出してみたり


来院する患者さんの特徴を
洗い出してみたりします。


理由が明確になれば
予約を調整したり、
キャンペーンを考えたり
次の施策が打てます。


同じように、




【課題1】

1番人気のない治療メニューを
もっと伸ばすことは
できないだろうか?

【施策】

→お試しモニターを募って
まず患者さんの声を集めてみよう。






【課題2】

なぜ、ここが一1番汚れて
しまうんだろう?

【施策】

→毎回ここから掃除をしよう。






【課題3】

なぜ、いつも患者さんから
同じ質問を受けるのだろうか?

【施策】

→HP、チラシ、パンフレット
院内掲示物に追加してみよう。







【課題4】

なぜ、このスタッフだけ
いつも労働時間が長くなって
しまうんだろうか?

【施策】

→仕事の優先順位を
毎日一緒に確認してみよう。







【課題5】

一番多い口コミの内容は?

【施策】

→HP・チラシのキャッチコピーに
使って反応をみてみよう。





と、このように一番から
考えていくと問題を
解決する手段に繋がったり
さらに効果的な方法を
探しだすキッカケになります。


つまり、院内部のナンバーワンを
見つけ出すことは、


売上アップや集客アップに
一番効果的な方法を
見つけ出し一番早く改善する
方法へと繋がっていくのです。


何かで一番になれないか
という考えではなく、


ぜひ院の内部のナンバーワン
にも目を向けてみてください。


きっと売上アップ、
集客力アップに繋がるヒントが
たくさん見つかるはずです。


本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました。




本日の格言

20160309_kakugen

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」