クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 リピート・口コミ・紹介

 根本隆広

【暴露対談】安定月商を作る”あのシステム”はアリ?ナシ?

1462 Views

 ↓↓↓本日の動画はコチラ↓↓↓



■■■■■■■■■■



こんにちは!

ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタントの
根本隆広です。


今年も残り約2ヶ月!

となってきましたが、
今年の目標もだいぶ
達成されてきましたでしょうか?


まさか、、今年、
立てた目標をすっかり
忘れてしまってはいませんよね?(笑)


・売り上げがなかなか上がらない、、、
 
・最近、売り上げが下がる一方で安定しない、、、


なんて、お悩みがあるなら、
本日のテーマが、一瞬で問題解決!!
してくれるかもしれません。


あらゆるビジネスに導入されて、
最近、メディアでも話題の

『サブスクリプション』

について、

治療院に導入する際のタイミング、
そのメリット、デメリット、注意点
などをお伝えしています。


「なかなか、長期リピートに
 つながらないんだよなぁ…」

「継続の回数券がなかなか
 売れないんだよなぁ…」


という先生は、必見です!!!

この流れに乗り遅れないよう、
今すぐチェックしてみてくださいね!

 ↓↓↓

根本
今日のテーマは「サブスクリプションについて」。サブスク、知ってます?


関野先生
ニュースで聞いたことがあります。


根本
今結構話題になってるんですよね。朝のワイドショーでも取り上げられるくらい、有名なんです。

サブスクリプションとは何かというと、月額定額制。古い言い方をしたら会員制ですね。


関野先生
そうですよね。スポーツクラブとかそういう感じですよね。


根本
そうです。毎月きちんと定期的に課金をしていくっていうやり方。

今日はこのサブスクリプションを治療院に応用できないかという話をしていきます。


関野先生
はい。


根本
月額定額制の料金をいくらにするか。定額制以外にいただく治療費はどうするかなど、いろいろな問題があります。

もしも関野先生が月額定額制を採用するとしたら、どのようなかたちで実施されますか?


関野先生
僕だったら月会費をいただいて、会員の方は特別な会員価格で施術を受けられるようにします。

それが一番ベターかなと思います。


根本
そうですね。月額3000円や5000円をいただいて、施術自体は格安料金で受けられるようにすると。


関野先生
そうです、そうです。


根本
なるほど。例えば初診の後しばらくは月に何度か通うのでお得感があると思うのですが、症状が改善されてきたら通院が月1,2回になりますよね。

そうなると「月会費+施術料金だと高いな」と患者さんが感じてしまうかもしれません。


関野先生
その対策は、通常価格を高単価にすることです。

1回の来院で通常価格よりも安い、もしくは同等金額という価格設定を行うんですね。


根本
なるほど、そうですよね。システムを変えるときに単価を上げるのはすごく効果がありますよね。


関野先生
そうですね。


根本
私もよく、新しく回数券やプリペイドカードを作るときに値上げをしてお得感を出すんですよ。


関野先生
それは確かに作戦としてありますよね。


根本
そうそう。値上げはするけれども、回数券やプリペイドカードを購入していただければ前と同等の金額で施術を受けられますと。


関野先生
戦略ですね。


根本
これはすごく有効なんです。

あとは例えば5000円月会費を払うと、その分がポイントとして充当され、そのポイントで治療を受けることができるというやり方もあります。


関野先生
なるほど。確かにありますね。


根本
今実際にクライアントさんで導入されている方がそんなに居ないので、私自身もあまり詳しくないんですけどね。

でも今後患者さんが多くなってきたときに、このようなシステムを導入しているほうが売上が安定するのではないでしょうか。

それから、回数券やプリペイドカードはやはり高額ですよね。


関野先生
高額ですね。


根本
大体5,6万円のものを売るようにクライアントさんにも指導していますが、やはり回数券やプリペイドカードがなくなったタイミングで離脱が起こりやすいです。

ですので最初は回数券やプリペイドカードがなくなった人に向けてサブスクリプションシステムの提供を行って、お得感を味わってもらうというやり方でもいいかなと思います。


関野先生
それが一番いいんじゃないですか?

月額会員制というのは、システムが複雑なので患者さんが理解しにくい面があります。

施術1回あたりの患者さんの負担額がどれだけ減るのか、それがわかりにくいんです。ですから回数券を売るより難しいんですよね。


根本
お得かどうかも判断しにくいですよね。回数券やプリペイドカードと比べると、アピールしにくい。

そういうところが原因となって、せっかく会員制を導入しても失敗してしまう先生が居るのでしょうね。

月額会員制を謳いつつ、来院した月にしか会費が発生しないというやり方をしていた先生も居ました。それは本当の意味での月額会員制ではないですよね。


関野先生
離脱しちゃいますよね。


根本
その月に行かなければ会費が発生しませんから、行きたくなかったら行かなければいいわけですよね。


関野先生
そう。会員制にする目的は、やはり離脱防止ですからね。

来なかったら自動的に脱会になるのはよくないです。


根本
そうですよね。じゃあどういったシステムを使えばいいのかという話ですが、関野先生、何かいいアイデアはありますか?


関野先生
これは簡単です。カードを取り扱っている先生であれば、「継続課金システムの取り扱いはありますか?」とカード会社に聞いてみてください。


根本
代理店でもいいですよね。


関野先生
はい。そのシステムを使うこと自体は無料でできますから。


根本
そうですよね。普通にカード決済するのと同じようなかたちですから、何も新しく導入する必要はありません。


関野先生
もし今使っているカード決済会社がそのサービスを取り扱っていなければ、Googleなどで「継続課金システム カード決済」と検索すれば出てきます。

そこに問い合わせしてみてください。


根本
コストもほとんどかかりませんからね。

長い目で見ると、一人治療家でたくさん患者さんを抱えている先生ほどきちんと検討して導入したほうがいいはずです。


関野先生
本当そうです。


根本
経営の安定性というメリットがありますよね。


関野先生
そうなんです。一人治療家の先生は、例えば9月に100万円売り上げたとしても、10月になればそれがリセットされてまた1から積み立てていくことになります。

今月の経営はどうなるんだろうと考えながら予約表と照らし合わせるのは、やはり不安ですよね。


根本
そうですよね。10月の新患さんが0という可能性もなくはないわけですから。


関野先生
そうです。でも月額会員制を導入していて、会員の方が100名居たとします。

月額料金が5000円の場合、患者さんが一人も来院していなくても月初めに50万円の売上が確定するんです。


根本
そうですよね。


関野先生
そうすると精神衛生上楽なんですよ。


根本
楽です、楽です。


関野先生
精神が楽になると、売上を気にすることなく目の前の患者さんに集中できるようになります。


根本
確かにそうですね。


関野先生
それが会員制のメリットや魅力的な点なのではないでしょうか。


根本
そうですね。導入のタイミングややり方さえ間違えなければ、メリットしかないといってもいいと思います。


関野先生
うまくいけばメリットのほうが多くなるはずです。


根本
サブスクリプションは今いろいろなビジネスに取り入れられていますよね。


関野先生
自動販売機にスマホをかざすとジュースが飲み放題になるという、月額2000円ぐらいのサービスもありますよね。


根本
そういうのもありましたね。

あらゆるビジネス形態にサブスクリプションが浸透していくでしょうから、視聴者の先生方もぜひ頭の片隅に入れておいてください。


関野先生
そうですね。


根本
導入も検討されるといいかもしれないですよね。


関野先生
はい。


根本
本日はサブスクリプションについて関野先生からいろいろとアドバイスをいただきました。ご清聴ありがとうございました。


関野先生
ありがとうございました。


Writer

根本隆広

根本隆広 根本隆広の記事一覧

茨城県の片田舎で整骨院を開業し、自費治療のみで5年目に年商5000万円を達成。その後自社ビルを購入し2店舗目の整骨院を開業するも、家族との時間を大切にしたいと事業を売却し、現在はクドケン直営院の現場統括を担当する。またその傍ら、理想の売上だけでなく、家族との大切な時間も作れる仕組みを提供する「一人治療家しあわせ追求型コンサルタント」としても活躍。数多くのクライアントを半年以内に月商100万超えを達成させ、廃業の危機から救っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2020 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」