クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 リピート・口コミ・紹介

 根本隆広

【ビデオ】 初診が全て!”この3つ”さえ押さえておけば大丈夫

1430 Views

こんにちは!

ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタントの
根本隆広です。


『何をやっても
 集客がうまくいかない先生は
 実は、初診に問題がある!
 
 初診がすべて!
 と言っても過言ではない!』

と常々、強く感じることがよくあります。、


ですがこう言うと、

「いや、まず新規集客でしょ、、、」

という反論の声が聞こえてきそうですね。


本当にそうでしょうか???

もしかしたら、あなたは、
新規患者が欲しい欲しいと言いながら、

心のどこかで

「新患、なんか緊張するし、面倒だなぁ、、、」
「また、お試し患者だったら、、、」
「なんか、初診って疲れるなぁ、、、」


こんなことを思っていないでしょうか?


多くの先生からのご相談を受けると、
集客、リピートがうまくいってない先生ほど、
実はこんな思いを抱いているのです。


アクセル踏みながら、同時にブレーキを
踏んでいるようなジレンマに陥っているので、
集客活動もままなりませんよね、、、


そんな気持ちなら、HP対策、チラシいろいろ
やっても引き寄せの法則が働かないので、

“何をやっても集客がうまくいかない…”

なんてことになってしまうのです。


もしあなたに
思い当たる節があるなら、まず、

【初診がうまくいく!
 絶対外せないポイント3つ】

を押さえてください。


あなたのやる気と結果が、
ぐんぐん出ること間違いありませんので、
今すぐチェックしてみてくださいね!






常日頃から私は

「初診」

をすごく大事にしています。


「初診がすべて」というのが
口癖になっているくらいです。


せっかくいろいろ苦労して
お金をかけて集客した患者さんなのに、

初診で失敗してリピートやクロージングが
できないという状況になってしまうと、
院の経営も難しくなります。


ですから先生自身が初診に自信を持つことは
とても大事になってくるんです。


そのうえで、初診で患者さんに
何をお伝えすればよいのか。


ポイントを絞ってみると、

・安心
・自信
・明るい未来

この三つに集約されるのではないかと思います。


まずは「安心」からお話ししていきましょう。


来院された患者さんは、
やはり安心を感じないと心が開けず、
先生に対して本音をお伝えしてくれません。


先生と患者さんの間に
高い壁がそびえていると、
リピートとして通っていただくことに
つながらない可能性が高いんです。


ですから初診の早い段階で、
先生がいかに安心感を与えていくかが
重要になってきます。


具体的にどういうところで
与えていくのかというと、
お体の状態を見たタイミングです。


「結構悪い状態ですけども大丈夫ですよ、
 必ずよくなっていきますから」

とお伝えするのが
安心感を与える一番簡単な方法です。


ポイントは患者さんの体をしっかり見て、
悪いところをきちんとお伝えすること。


場合によっては、

「このまま放っておくと
 もっとひどくなる可能性がありますよ」

とお身体の状態を理解して頂くために
脅しをかけても構いません。


ただ、脅しをかけるにしても最後に
「大丈夫ですよ」と付け加えて
安心感を与えることが大切です。


単なる脅しで終わるのはよくないので、
要所要所で安心感を一緒に与えていってください。


次は「自信」です。


当たり前の話ですが、
患者さんは自信のある先生に
診てもらいたいと考えています。


ですから先生から
自信のある雰囲気が伝わってこないと、
患者さんも継続して通うという
判断をしにくくなります。


まずは先生自身が

「この患者さんをしっかり治癒に導ける」

という自信をしっかりと
アピールすることが大切です。


そして実は、
もう一つ別の面での自信があります。


それは患者さん側の自信です。


患者さん側になぜ自信が必要なのか。


それは、

「この院でなら治りそう、よくなりそう」

という思いや自信を持っていただくことが、
リピートにつながるからなんですね。


自分自身が治るイメージを
持つことができるという意味での自信です。


この二つ、先生側と患者さん側の
両方の自信がなければいけません。


最後、「明るい未来」です。


「体の状況を見ました。
 これから施術していきますが、
 どうなるかはやってみないと分かりません」

という雰囲気になると、患者さんも
通院しようという気持ちにはなれません。


ですから先生側がきちんと明るい未来や
希望をお伝えしてください。


「こういうふうにしっかり治療すれば、
 あなたは今後こうなっていきますよ。
 それを一緒に目指していきませんか」

というメッセージをお伝えすることが大切です。


初診では早い段階で
「安心」を与えてください。


患者さんを安心させると
心を開いてくれるので、
本音も出やすくなってきます。


そうしている間に自信を形成していきましょう。


先生が自信を持っているということを
アピールしていって、
患者さん側の自信も育てていきます。


それと同時に、
患者さんが必ず治るという
明るい未来をお伝えしてください。


「患部がよくなったら
 こういう生活が待っていますよ」

ということを先生がしっかり示してあげると、
それがリピートにつながっていきます。


「安心」
「自信」
「明るい未来」


この三つをしっかりと意識して、
初診で患者さんに
与えていけるようにしてください。


初診のやり方が自分の中で定まっていない、
自信が持てないという先生がいらっしゃったら、
ぜひ今日からこの三つを
意識して実践していただきたいです。


本日も最後までご覧いただきありがとうございました。



追伸


【無料は明日まで。もう試しましたか?】

「こ、この治療法が無料!?」

・20年来の膝痛を解消する高い効果性
・1回で痛みを解消する即効性
・素人でも効果を出せた再現性
・101歳でも重症でもOKの対応力
・2週間、3週間、1ヶ月戻らない持続性

これらを両立し、

*車イス、杖、歩行困難などの重度の痛み
*手術しても治らなかった膝の激痛
*手術を目前にした変形性股関節症
*脳内出血による半身不随

など、のべ50万人以上を
救ってきた奇跡の治療法。

その高い治療効果の秘密は
”ある物質”にありました。

その画期的な治療理論と
具体的なアプローチのやり方は
〈明日まで〉無料で公開中。

 ↓↓↓
※無料は8/1(木)まで

※8/1(木)を過ぎるともう見られなくなります

Writer

根本隆広

根本隆広 根本隆広の記事一覧

茨城県の片田舎で整骨院を開業し、自費治療のみで5年目に年商5000万円を達成。その後自社ビルを購入し2店舗目の整骨院を開業するも、家族との時間を大切にしたいと事業を売却し、現在はクドケン直営院の現場統括を担当する。またその傍ら、理想の売上だけでなく、家族との大切な時間も作れる仕組みを提供する「一人治療家しあわせ追求型コンサルタント」としても活躍。数多くのクライアントを半年以内に月商100万超えを達成させ、廃業の危機から救っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」