クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 根本隆広

あの日本代表監督から学ぶ治療院の雰囲気づくり

833 Views

こんにちは!

ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタントの
根本隆広です。


いやぁ、悔しいですが、
サッカー日本代表、
ベスト8ならず、、、


ベルギー戦に歴史的死闘を
繰り広げましたが、大逆転の末に
敗戦してしまいました。


本当に、、本当に残念でしたね。


私も昨日、午前3時から
テレビで見ていたのですが、

日本が2点を先取した時は、
奇跡を信じ、ひとり深夜にも関わらず、
吠えてしまいました。


しかし、やはり世界3位のベルギー、
そして、ベスト16の壁は高かったですね、、、

でも、力を出し尽くした代表選手達には、
長友選手が何度も言っていたように

“笑顔で胸を張って”

帰ってきてほしいものですね。


そんな掴みかけた歴史的勝利がするりと、
こぼれおちてしまった代表チームなんですが、

日本国民に夢を見させてくれた裏には、
西野監督のチームづくりが大きく
影響していると言えます。


本戦までたった2ヶ月しかない状況で
監督就任となった西野監督が、

ほぼ壊れていたチームの雰囲気を
劇的に改善させた秘密は、いったい
何だったのでしょうか???


今回は、ひとり治療家先生にも
スタッフを抱える院長先生にも

大変、役に立つ
エピソードとなっていますので、
その秘密にさっそく迫ってみましょう。

 ↓↓↓


・通常速度(6分55秒)


・1.5倍速度(4分5秒)


※クリックすると音声が流れます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



さて、
冒頭でもお話ししましたが、、、


西野監督が開催2か月前に
急遽、代表監督になって
奇跡を起こしたウラ側には

チームの雰囲気づくりが
すごく影響していると思うんです。


日本代表の選手たちが
口々に言っていたのが

「とにかく雰囲気が良くなった」

ということ。


私たちが学ぶべきは、
なぜ、そうなったのか?
というところですよね。


まず「雰囲気」って
よく普段使われる言葉ですけど、
そもそも何なのでしょうか?


いざ聞かれると
言葉に詰まる先生も
いらっしゃると思いますが、

その場を満たす気分や
空気といった意味あいです。


空気が良くなったということは
日本代表選手がこの監督なら
目標達成できる、ついていける、
そう思ったということなんですよね。


そういう風にさせたのが
この西野監督の手腕であり
マネジメントであり
素晴らしいところだったと思います。


その雰囲気づくりの秘密としては、
やはり、聞くこと。


これがかなり大きい
効果があったと思うんですね。


西野監督は初日から選手たちに
いろいろ聞いたと言っていました。


相手、選手たちを
理解しようとしている
ということです。


人と人との関係で大事なことは、
まず、相手を理解してから
自分が理解されるということなんです。


なので、そのためには
それぞれの選手がどう思っているのか、
どうしたいのかをしっかりと
ヒアリングして把握すること。


こういったことは
組織ではすごく大切です。


これは治療院業界にも
もちろん当てはめられます。


スタッフさんがいるなら
まずはスタッフの話を聞くこと。


それが治療院の
雰囲気を良くする第一歩です。


モチベーションはどうか?
今、何を考えているのか?


そうしたことを聞くことで、
スタッフに安心感が生まれてきます。


「院長はわかってくれるな」
「いろいろ聞いてくれる」
「俺を理解してくれようとしている」

など、安心感が伝わることによって
治療院の雰囲気が良くなります。


だから、私もクライアントさんに
よくスタッフさんとの1対1の
ミーティングを勧めています。


定期的にお話することで
相手が何を考えているのか
しっかりと知って理解してから

こうしていきましょうと
お伝えしていくんです。


ひとり治療家の場合なら、
初診での雰囲気づくりに
活かしていくことができます。


やはり、先生の多くは
説明しようとするあまり
自分が喋ろうとしてしまう
ケースがかなり多いです。


もちろん、
それもすごく大切なことです。


でも、初診の雰囲気も
同じように大切ですよね。


やはり、相手の考えや気持ちを
しっかりくみ取ることができる院は
良い雰囲気を持っています。


しかし、患者さんやスタッフに

「そうじゃないんだよ」

と、上からジャッジして
違うと決めつけてしまうと
雰囲気は次第に崩れてきます。


先生も振り返ってみてください。
患者さんの的外れな見識に
NOと言ってはいませんか?


まずは、相手の話を
最後まで聞くこと。


そしてなぜそう思うのか、
どういう経緯でそう考えているのかを
しっかりと伺っていくだけで
患者さんとの雰囲気は良くなります。


初診の雰囲気が変われば
その後の関係も変わります。


まずは「聞く」という姿勢を思い出し
取り組んでみてくださいね。


最後までお読み頂き、
ありがとうございました^^


本日も顔晴ってください!


ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタント
根本 隆広



追伸



本日まで、、、

難しい上部頸椎を
指一本で安全に攻略できる技術が
無料で公開されています。

このゴッドハンド先生は
難治症患者さんの想いを聞き続け、

「本当に困った人を助けたい」

という思いから
この技術を生み出しました。

やはり、相手を思うことが
成功の根底にありますね。

ヘルニア、リウマチ、
狭窄症、膝OAなどの症状を
ものともしないこの手技の詳細は
こちらからご覧いただけます。

 ↓↓↓
>本日23:59までの限定公開

 
 
 
 
 

Writer

根本隆広

根本隆広 根本隆広の記事一覧

茨城県の片田舎で整骨院を開業し、自費治療のみで5年目に年商5000万円を達成。その後自社ビルを購入し2店舗目の整骨院を開業するも、家族との時間を大切にしたいと事業を売却し、現在はクドケン直営院の現場統括を担当する。またその傍ら、理想の売上だけでなく、家族との大切な時間も作れる仕組みを提供する「一人治療家しあわせ追求型コンサルタント」としても活躍。数多くのクライアントを半年以内に月商100万超えを達成させ、廃業の危機から救っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」