クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 スタッフ教育・採用

 根本隆広

突然のスタッフ退職を回避する一流企業の秘策

950 Views

こんにちは!

ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタントの
根本隆広です。


以前、あるクライアントの先生から
こんな相談を受けました。


「スタッフから副業をしたいと
 相談があったのですが、
 どうすれば良いのでしょうか?」


おそらくこの先生は、

「副業を認めなかったら、
 まさか辞めるなんて言い出すのでは……」


と内心、大きな不安を
募らせていたことでしょう。


副業を認めるか、認めないかは
別として、最も大事なのは、

『このスタッフさんがなぜ、
 副業をしようと決意したのか?』

という背景です。


確認のためこの先生に
“あること”をして頂いたところ、

『副業もせず、むしろ前よりも
 しっかり働いてくれるようになりました!』


と感謝の言葉をもらいました。


実は、クドケン店舗での
スタッフ離職率が極端に低いのは、

トップがこれをやり続けている
のが大きな要因の一つなのです。



もし先生が、


・スタッフが育たず
 優秀な人ほどすぐに辞めてしまう…

・スタッフとの関係悪化を恐れ、
 院長として言いたい事が言えない…

・言われたことしかやらず、
 スタッフの自主性が育たない…



など、こんな人間関係の
悩みをもっているとしたら、
必見の内容になっています。


ひとり先生でもご自分に対して、
できるノウハウになっていますので、
以下より続きをお聞きください。

↓↓↓

・通常速度(8分29秒)


・1.5倍速度(5分56秒)


※クリックすると音声が流れます。



スタッフとの問題を
全てクリアに解消したい…


と、そんな先生に
本日私から紹介したいのが、
『1on1ミーティング』です。


※ひとり先生でも使えますので
 ぜひ最後までご覧ください。


なんとなく字面から
分かるとは思いますが、、、


これは、院長先生とスタッフが
1対1でミーティングをしましょう
というお話なんです。


これは時間もかかるし
面倒なのでやっていない先生が
すごく多いと思います。


しかし、


GEとかコカ・コーラ、
ヤフー、グーグルなどの
“超一流”と呼ばれる企業では

この「1on1ミーティング」が
当たり前のものとして行われています。


これが人材マネジメントの
中核となってきているんですね。



そしてこれは、
治療院にもかなり有効です。


スタッフとの信頼関係の構築に
驚くほど効果を発揮するからです。

スタッフとの信頼関係を築く1on1ミーティング


ただ、勘違いしないで欲しいのは
院長先生がスタッフを『面談』する
というわけじゃないってことです。


面談というと、
スタッフからすれば畏まって
嫌な感じがありますよね。


院長が一方的に
「これはどうなの?」と
質問をしていく感じ。


でもこのミーティングは、
スタッフのための時間なんです。



スタッフさんが、
日々の業務について
内省をしていくための時間です。


これをすると
スタッフと院長の信頼関係が
かなり親密になってきます。


では、1対1で何を話すのか?



このミーティングで
先生にやって欲しいことは、
スタッフについてもっと知ることです。


若いスタッフなら
価値観だって違います。


トップや上司が歩み寄り
興味を持っていろいろなことを
聞いていくことによって、

スタッフも院長のことを
知ろうという風になってきます。


たとえば、


「今どんな思いで仕事してる?」

「最近、体調はどう?」

「仕事を通して今後
 どうなっていきたい?」

「今後、やってみたいことは?」

「今やっている仕事から
 どんな気づきがあったかな?」

「もっと改善したい、
 こうしていきたい!
 と思うところはあるかな?」

「どうすれば改善できると思う?」


などなど、どんどん質問をして
スタッフさんにいろいろな
気付きを得てもらう場にするんですね。



スタッフに
目標を持ってもらって、

その目標に対して
どのように考えているか、

実現に向けて
どう進んでいるのか確認する場を
どんどん作っていただきたいんです。


さらに、次第にお互いの
プライベートに関わることや
考えていることが分かるようになれば

もちろん信頼関係というのは
強まってきますよね。


これは、全体会議では
なかなか聞けないところです。

1対1だからこそ得られるもの


全体会議はどうしても
院長やトップが方針を示したり
一方的にしゃべることが多いので、

スタッフ一人一人の
考えや気持ち、関心ごとなんて
把握することはできません。


だからこそ、
定期的に1対1で
ミーティングを行うのです。


できれば、
月に1回1時間ぐらい、
どうしても時間がなければ
30分でもいいです。



そこから
毎月しっかりとやっていく。


時間が作れなければ、
3ヶ月に1回からでも良いでしょう。


こうした時間を作ることで
お互いの理解がどんどん深まります。


そして、
信頼関係や絆も深まっていきます。


これは、
緊急ではないけれども
とても重要度の高いことです。


ここ怠ると、急にスタッフが
辞めるとか言いだしたり、
院内がマズイ状況になってきます。



だから、スタッフを抱える院は、
ぜひ1on1ミーティングで
信頼関係を作り上げてください。


また、ひとり先生の場合も同じです。


「セルフ1on1」といって
自分の中で自分と
コミュニケーションを取ってみましょう。


自分の振り返りの
時間をきちんと設けるんです。


そうすることで、
今抱える悩みやストレスの
本当の原因が見えてきたり、

新たな気づきが
得られることが多々あります。



どんな先生でも使えますので、
ぜひ取り組んでみてください。


最後までお読み頂き、
ありがとうございました^^


本日も顔晴ってください!


ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタント
根本 隆広



追伸


もしご自身と対話して、
“技術”をさらに磨く必要があると
感じるのであれば、

こちらのエネルギー治療を
試してみてください。


こんなに簡単に良くなって良いのか?
と、大きな気づきが得られると思います。

 ↓↓↓
>無料で手技を手に入れる

※4月5日(木)23:59までの限定公開
 
 
 
 
 

Writer

根本隆広

根本隆広 根本隆広の記事一覧

茨城県の片田舎で整骨院を開業し、自費治療のみで5年目に年商5000万円を達成。その後自社ビルを購入し2店舗目の整骨院を開業するも、家族との時間を大切にしたいと事業を売却し、現在はクドケン直営院の現場統括を担当する。またその傍ら、理想の売上だけでなく、家族との大切な時間も作れる仕組みを提供する「一人治療家しあわせ追求型コンサルタント」としても活躍。数多くのクライアントを半年以内に月商100万超えを達成させ、廃業の危機から救っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」