クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 コミュニケーション

 根本隆広

初診で言っちゃいけない”あの口癖”

2066 Views

こんにちは!

ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタントの根本隆広です。


突然ですが、

『口癖で人生が決まる』

と言われたら、あなたは
信じられますでしょうか?


つい最近、クドケン店舗の
スタッフの似顔絵をLINEの
スタンプにしたことがありました。


スタンプにそれぞれ、
口癖が書いてあるんですが、

『やはり、みんな個性を表す口癖をもってるなぁ…』

って思い、面白かったんです。


ちなみに私のスタンプもありまして、そこには、
『それは、マインドの問題です。』
って書いてありました、、、笑


確かに、”マインドセット大好き人間”ですので、
口癖のように言っていたのかもしれません。


自分のスタンプは
使い道があんまないだろうなぁ、、、
って思ったんですが、

他のスタッフさんのは、
『これ、よく言ってるねー』という
口癖スタンプが多くあって、楽しめました。


しかし、そんな個性を表す口癖も
使い方を一歩間違えると、

実は、治療院の経営に
“ジワジワ”と悪影響を及ぼしかねません。



しかも、それにあなたが
気付いていないことが多いから怖いのです。



本日は、コミュニケーションの
基本とは何かを再確認し、

患者さんが繰り返し
リピートする治療院を創れる
必見の内容になっています。



続きは、以下の音声をお聞きください。

↓↓↓


・通常速度(8分28秒)

・1.5倍速度(4分47秒)

※クリックすると音声が流れます。

初診でやってはいけない”あの口癖”


口癖って、
自分では気づかなくても
結構あるんですよね。


私のコンサルティングでは、

「リピートが取れない」

「初回で回数券やプリカの
 クロージングができない」

というクライアントの先生がいると
音声を自分で録って頂いて
添削することが多いんですが、、、


やはり口癖はやっかいです。


「これはいけないな」というものを
無意識でやってしまっている先生が結構多いんですよね。


あまりいい印象を
与えない口癖として多いのは、、、


例えば、『えーっと』と何度も言ったり、
『ちょっと』を多用してしまうケースです。


私も昔そうだったんですが、
「ちょっと○○させていただきます」
といった感じですね。


これは本当にやっかいで、

「『ちょっと』じゃないよ、しっかり診ようよ」

と自分でツッコんでいたことも
あったくらいです(笑)


あとは『よいしょ』ですね。
先生もつい言っていませんか?


なぜか『よいしょよいしょ』
と2回言う先生も多いのですが、

おそらく
自分の緊張をほぐすために
無意識に言ってしまうのでしょう。


また、口癖ではないんですが、
早口になってしまう先生も多いです。


さらには、
『はいはいはいはい』みたいに
相槌を打ってしまう先生。


『わかりました』
相手が話しきらないうちに
言ってしまう先生。


これらはやはり、
あまり良い印象を与えません。


ちゃんと聞いているのかな?
と思われる可能性もあるので、

ここからしっかり直しましょうと、
私のコンサルを受ける先生には
きちんと指導するようにしています。



では次に、どう直せばいいかも
ちょっと触れておきましょう!

患者さんに嫌がられる口癖、どうやって直す?


先ほどの例で言うと、
『わかりました』と言うのではなく、

深く頷いて『なるほど』と
言ってあげれば良いんです。


相手からすると
深く聞いている印象を与えます。



私のクライアント先生も
これを意識しているうちに
良くない口癖を使わないように
変わりました。


このように、
初診でやってはいけない口癖って
結構いっぱいあるんです。


もちろん、私根本も
最初からできていたのかというと
そんなことはありません。


開業していたころ、
結構ひどい失敗談があったんですよ。

私、根本の口癖で”大失敗”した話…

私には結構特殊な癖があって、
このメルマガの音声でも
たまに出てしまうのですが、

「うん」と自分で
頷く癖があるんですね。


当時調子が悪くて
マインドも下がっていた
時期だったと思います。


初めての方が来られて、
色々と質問をしてきたんですよね。


自分でもおかしいなと思ったんですけど、
説明をする前に自分で「うんうん」と頷いていたんです。


すると、スタッフがいる前で
急に患者さんが笑い出して、

「あなたおかしいですよ。自分でうんうん言って」

爆笑されたんですね。


そういう恥ずかしい
経験をしたこともあって、

『自分の癖』って
気づかないけど知っておかないと
いけないなと思ったんです。

あなたの初診力を上げる『一番の特効薬』


それには、
“自分自身の音声を録って聴く”
ということがすごく大事です。


初診の音声を
こっそり録るんですね。


これ皆さん
なかなかやりませんが、
すっごく勉強になります。



初診の音声を録って、
『自分の口癖』や『話し方』をチェックすると、
あなたの初診の力は絶対に上がっていきます。


リピートも初診で
決まる部分が大きいので
結果にもつながりやすいです。


ただ、皆さん患者さんに遠慮してしまうのかな。


どこかに流したりしなければ、
迷惑をかけることはないので、
ぜひ挑戦してみてください。

まとめますと、、、


口癖というのは大事ですし、
その人の個性を表すものです


できれば
人に良い印象を与える口癖を
持っていた方がいいですよね。



常に「ありがとう」と
言える方がいいですし、

人をマイナスにするような
口癖を持ってしまうと、
周りにも悪影響を与えてしまいます。


ただそれも、無くて七癖、
自分では気づかないものです。


是非自分の初診を録音して
口癖についてチェックを
してみるといいと思います。



最後までお読み頂き、
ありがとうございました^^


本日も顔晴ってください!


ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタント
根本 隆広

追伸


新年を記念して、
私、根本がコンサルの現場で
実際にお伝えしている…


「月商100万超えを
 最短で達成できる『仕組み』の作り方」


を解説した映像を
1月29日(月)まで
無料で公開します。


私は、売上がアップしても
忙しくて結局家族はないがしろ…
なんて生活はダメだと思っているので、、、


収入と同時に
時間の余裕も手に入れられる
『仕組みのウラ側』をお話します。



2018年こそ
月商100万超えを達成して、

かつ趣味の時間も欲しい
なんて欲張りな先生は、
ぜひご覧になってみてください。

 ↓↓↓
>1月29日まで限定公開の無料ビデオをチェックする

※私のコンサルを受けたい先生も
 今だけこちらのページから
 お申込できますよ。※先着5名です

Writer

根本隆広

根本隆広 根本隆広の記事一覧

茨城県の片田舎で整骨院を開業し、自費治療のみで5年目に年商5000万円を達成。その後自社ビルを購入し2店舗目の整骨院を開業するも、家族との時間を大切にしたいと事業を売却し、現在はクドケン直営院の現場統括を担当する。またその傍ら、理想の売上だけでなく、家族との大切な時間も作れる仕組みを提供する「一人治療家しあわせ追求型コンサルタント」としても活躍。数多くのクライアントを半年以内に月商100万超えを達成させ、廃業の危機から救っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」