施術効果とリピート率の意外な関係


こんにちは!


ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタントの
根本隆広です。


最近、ある本を読んでいたら、
面白いことが書いてありました。


最も充実した人生、
幸せを感じるベストな心理状況は、

===========

【ポジティブ感情75%】

【ネガティブ感情25%】

===========

この比率だそうです。


また、

・ポジティブ50%
・ネガティブ50%

の心理状態の人より、


・ネガティブ80%
・ポジティブ20%

の人のほうが、
幸せ度数が高いケースも多いことが
実験でわかったそうです。


「ネガティブ感情のほうが
 多いのに幸せ感が強いって
 そんなまさか…」

と思いますよね。


実は、最近は私も
“ネガティブも大事”と
考えるようになっていて、


・短期的にはネガティブに考える
 (リスクを考え、すべてを想定内に)

・長期的にはポジティブに考える


という風に考えていると、
【すべてがうまくいく】
と実感しています。


もしかして、あなたは、

_人人人人人人人人人人人人人_
>常にポジティブで     <
> いなければならないっ!!<
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

と考えていませんでしょうか?


どこかでこのように
勘違いしてしまって
いる方も多いのも事実です。


そしてこうした”勘違い”が
悪い結果を引き寄せてしまうことも
よくあることですよね。


もし先生が今、

「なんかリピートが悪いなぁ…」

と思われているのであれば、
それは”ある勘違い”が
原因となっているかもしれません。


詳しくは以下の音声をお聞きください。

↓↓↓



■■■■■本日の音声はこちら■■■■■

『施術効果とリピート率の意外な関係』


・通常速度(7分33秒)



・1.5倍速度(4分30秒)



※クリックすると音声が流れます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さて、本日のテーマは

『リピートを遠ざける勘違い』

についてお話ししたいと思います。


先日、私のクライアントさんが
抱えるスタッフさんとの
やり取りのなかで、

『施術に即効性がないと
 リピートしてくれない』


という思い込みを
持っている方がいらっしゃいました。


この思い込みは
スタッフさんのみならず

結果が出ない
ひとり治療家先生にもよくある
“間違ったマインドセット”
ではないかなと思っています。


「その場でしっかり
 効果が感じられないと
 患者さんはリピートしないし、

 回数券やプリペイドカードも
 手に取っていただけない」

という思い込みですね。


しかし、
これって本当なのでしょうか?


実は逆のパターンも
結構あるんです。


実際にとある先生からは

「施術で結果が出ない、
 変化が出ない人ほど
 回数券やプリカを
 買っていくんですよね…」

というご相談を
頂いたこともあります。


これが何を
意味するかというと、


『その場で効果が出なくても
 ”継続して通うことの必要性”を
 患者さんに納得して頂いていれば
 リピートにつながる』

ということです。


なので、その場で
結果・効果・変化を出さないと
リピートしてくれないというのは

間違った思い込みだと
はっきりと言えると思います。


もちろんその場で
ある程度の変化・効果を出すことは
すごく大事ですよ。


ただ、私の中では
カリスマ治療家さんを除いた
私みたいな普通の治療家さんは

患者さんの8割に
その場で効果を実感してもらえば
経営も十分よくなっていくし

患者さんにも
ご満足いただけると思っています。


100%満足させることは
人と人がかかわる以上
どうしても無理なことです。


1割から2割ぐらいは
誰がやっても通ってくれない
患者さんって
必ず存在するんですね。


反対に言えば
きちんと通ってくれる
可能性がある患者さんは
8割ぐらいはいるはずです


そのため、その方に対して
きちんとアプローチしていけば
リピート率は取れていくんですね。


さらに言うと、
ある程度説明すれば
2割ぐらいの方は
ほぼほぼ通ってくれます。


もう2割は
誰が何を言っても
通ってはくれません。


そして、それらを除いた
残りの6割の患者さんは

先生の伝え方次第で
通う通わないが決まってくると
考えていいと思います。


その6割の方々を
通う方向に持っていく努力や行動が
大事になってくるんですね。


そのため、その場で
結果が出ないからリピートされない、

回数券やプリペイドカードを
買ってもらえないという思い込みは
とてももったいないといえます。


まずはその思い込みを外して、

結果や効果が出ない方は、
その理由を探っておくべきだと
思うんです。


先生が全力で施術をして
その場で効果が出ないというのは
患者さんの状態にもよってくるものです。


人って、
何かを言われてすぐに変わる人と、
時間をかけて変わる人が
いるじゃないですか。


治療も同じだと思うんです。


同じことをやっても
効果がその場で出る人と
次の日によくなる人もいらっしゃいます。


そのため、すぐに
効果が出ない患者さんには
そういった背景を説明して、


「もしかしたらあなたは
 こういう状況でなかなか効果が
 出ないかもしれない。

 だからこそ
 きちんと継続して
 通う必要があるんですよ」


ということを、自信を持って
説明することが大事になります。


反対に効果を出し過ぎると
来なくなってしまう人もいるので、
その人に対しては


「症状が改善されたのはいいのですが、
 根本から正さないと
 もとに戻る可能性もあります。

 こういう形で計画を持って
 通院されるのが一番いいですよ」


ということをきちんと
説明しておくことが大事です。


なので、施術の効果が
すぐに出る方にも出ない方にも

これからの通院計画をきちんと
理由をもってお伝えしていくのが
ベストだと思います。


本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました^^


本日も顔晴ってください!


ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタント
根本 隆広



クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック