クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 根本隆広

なぜ●●するだけで次回予約が決まるのか?

28 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!


ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタントの
根本隆広です。


7月1日にまた、
クライアントのA先生から
喜びの声が飛び込んできました。


『根本先生、お疲れ様です。
 6月もお陰様でなんとか

 売り上げ100万円

 を超えることができました!
 ありがとうございます!


 12月31日に
 年商1000万を
 超えている自分をイメージし、

 気を引き締めながら、
 挑戦していきたいと思っています!』


コンサルスタート時、
平均月商50万台だった
自宅開業、1人治療家のA先生が

【月の新規集客40人以上】

【2ヶ月連続で月商100万達成】

を実現してきたのですが、


こうした結果も
『すべては初診で決まる』
といっても過言ではありません。



今回は、初診リピートシステムの
盲点について、お伝えします。


詳しくは以下の音声をお聞きください。

↓↓↓

■■■■■本日の音声はこちら■■■■■

「なぜ繁盛院は●●しただけで
 次回予約が決まるのか?」


・通常速度(6分43秒)



・1.5倍速度(4分29秒)


※クリックすると音声が流れます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



さて、本日は
『初診時に大事なポイント』
テーマにお話していきたいと思います。


ご存じのとおり、初診って
すごく大事なんですよね。


今、私のクライアントさんには
初診のカウンセリングを
実際の患者さんにしている様子を
音声に録ってもらっています。


私のところに送って頂いて
それを聴いてチェックするという
作業をしているんですね。


ここは私のコンサルの中でも
すごく大事なポイントです。


というのも、初診でほとんどの
リピートやクロージングが
決まってくるからです。


そのため先生が

・どんな話をされてるか、
・どんな話し方をしているか、
・どんなことを話ているか

などをチェックして
アドバイスさせて頂いているんですね。


多くの先生やスタッフさんの
初診の音声を聴いていると

改善しなければいけない
ひとつの共通点が見えてきます。


それは何かというと、

『先生が一方的に
 しゃべりすぎてしまう』

ということです。


そうなってしまうと、
患者さんは興味を失って
聞く耳を持ってくれなくなります。


なので、もし一方的に
説明していると心当たりがあるなら
ぜひ変えて頂きたいところです。


では変えるには
どうすればよいのか?


実は、この問題の
解決方法はとても簡単です。


それは、

『質問を入れていく』

ということなんですね。


患者さんに質問を入れつつ
話を進めていくと

患者さんとの共同作業のように
カウンセリング・初診が
進んでいくようになります。


質問されることで
患者さんも自分事として
きちんと考えるように
なっていくんですね。


先生ばかりしゃべって
一方通行になってしまうと

「話はいいから、
 早く施術をしてほしい」

という気持ちに
なっててしまう部分があります。


きちんと初診の施術前の
カウンセリング・説明で
患者さんの心をぐっと掴むには

ちょいちょい会話になるように
質問を入れていくということが
大事なんです。


では、具体的に
どんな質問をすれば良いのか…?


「○○さん。ちょっと
 難しい話かもしれませんけど、
 ご理解頂けましたか?」

「今の説明に関して
 どう思われましたか?」


など、複雑に考えすぎず
直接聞けばいいんですね。


これも一つの方法です。


また、こちらで言い過ぎず
患者さんの口から言って
もらうということも大事です。


たとえば、
私がよく説明するのは…


身体の歪みを治療したら
正しい位置に戻ってる
ということですよね。


でも、これを明日、明後日、
一週間後、二週間後、一ヶ月後…
と何もせず放っておいたら

「○○さん。これどうなりますか?」

と聞くんです。


当たり前なんですが

『歪みが戻ります』

って患者さんは仰います。


そうしたら私たちは

「そうなんですよ。
 だからこそ、継続的な治療が
 最初は必要になってくるんです」

という鉄板の流れがあります。


これを言うことで
継続して通う必要性も
すんなり理解して頂けます。


先生が直接的に

「良くなるには
 続けて来ないといけませんよ」

と言うよりも、


これらの質問を入れることで
患者さんが理解し、納得したうえで
自ら予約を入れて治療を受けるという
流れになっていきます。


そのため初診の時に
先生が一方的に喋らないように
先生自身も音声を録ってみて

ご自分で聴いて
確認してみてください。


そして、本日お伝えした
質問のスキルを
取り入れてみてくださいね。


本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました^^


本日も顔晴ってください!


ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタント
根本 隆広

Writer

根本隆広

根本隆広 根本隆広の記事一覧

茨木県の片田舎で整骨院を開業し、自費治療のみで5年目に年商5000万円を達成。その後自社ビルを購入し2店舗目の整骨院を開業するも、家族との時間を大切にしたいと事業を売却し、現在はクドケン直営院の現場統括を担当する。またその傍ら、理想の売上だけでなく、家族との大切な時間も作れる仕組みを提供する「一人治療家しあわせ追求型コンサルタント」としても活躍。数多くのクライアントを半年以内に月商100万超えを達成させ、廃業の危機から救っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」