クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 根本隆広

【音声解説】初診患者のリピート率を下げる”2つの落とし穴”

22 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタントの
根本隆広です。


私ごとですが。。。
高2の娘がドイツに旅立って、
約3週間が経ちました。

ホームステイ生活も楽しんで
いるようですね。


以前のメルマガにも書きましたが、
うちにホームステイさせた
ドイツ人青年の実家にお世話になるので、

直接お金を出すこともなく
渡航費も本人がバイトを
一生懸命やって、貯めたものです。


むこうで食費も出してくれるので、
ほんと、お金がかからずに娘も願望が
実現できているんだなと実感し、

不思議な縁を感じているのが、
正直なところです。


世の中、できるだけお金をかけずに
願望を実現できるチャンスはいくらでも
あるのではないでしょうか。


治療院経営もお金をかけて改善すべき
ところと、かけずに改善すべきところの

【見極め】と【バランス】

がとても大事になってきます。


今回は、初診時に
リピート率をさげてしまう問題点を
お金をかけずに回避していくお話です。


特に勉強熱心なあなたが、

“陥りがちな罠”

について、暴露していますので、
詳しくは以下の音声をお聞きください。

↓↓↓


■■■■■本日の音声はこちら■■■■■

「初診患者のリピート率を下げる
 ”2つの落とし穴”」



・通常速度(6分23秒)




・1.5倍速度(4分15秒)



※クリックすると音声が流れます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



さて、本日は

「リピート率を上げるために
 初診で気をつけるべきポイント」

についてお話を
していきたいと思います。


おそらく多くの先生は
1時間ぐらい時間を取って

初診の患者さんを
問診したり、検査、施術をして
次回のリピートにつなげる努力を
されていると思います。


そんなとき、
もし結果が思わしくなかったり
リピート率が上がらない場合には

これから紹介する二つの落とし穴に
はまっているかもしれません。


ご自身が当てはまっていないか
チェックしながら見てみてください。


一つは、
『初診の時間を長く取りすぎている』
ということです。


私は施術を含めて45分とか
50分ぐらいで診るように
しているのですが
だいたい1時間くらいですね。


クドケン店舗でも
初診はこのくらいの時間で
十分結果を出しています。


先生によっては
これが1時間半ぐらいかける
ケースがあります。


特殊な施術で
施術時間が長くかかってしまって
それで効果が出るから…
というのなら話は別なのですが、


説明の時間が長くなると
患者さんは疲れてしまいますし、

初診って情報量が多いので
混乱して通いたいと思わなくなる
可能性もあるんですね。


なので、説明することは
大事なのですが、

説明する時間が長くなるせいで
初診の時間も長くなっているのは
良くないので、気をつけていきましょう。


無駄な説明を
カットすることは
すごく大事になってきます。


それともう一つは、
『施術の後に時間をかけて
 説明をしてしまうパターン』です。


施術が終わると
患者さんは心理として
早く帰りたくなるんです。


頭もぼーっとしてきたり
気持ちいい怠さがあったりして
あまり説明が頭に入らなくなります。


なので大事なことは
施術前に時間をかけて説明することが
大事なポイントになってきます。


では、施術前には
何を説明しておくのが
良いのでしょうか?


検査を導入している先生であれば
患者さんの状態がわかりますよね。


その場合は、
患者さんの状態を
まずお伝えして、


・放っておくとどうなるのか?

・なぜ今その症状が
 出てしまっているのか?

・今後どういった施術が
 必要になるのか?


ということの
説明が大事になります。


それに加えて、

・患者さんがどのくらいの
 通院間隔で通う必要があるのか?

・どのぐらいの
・期間がかかりそうなのか?


といったことも
あくまで目安で大丈夫なので、
一つの基準として教えてあげてください。


「多くの患者さんは
 これぐらいの通院間隔と期間で
 良くなっていってますよ」


ということを
一つ提示しておくということが
大事なんですね。


治療計画の
前提になるようなものです。


そして、例えば回数券とか
プリペイドカードを
用意している先生でしたら

その提案もできれば
施術前にしておくということですね。


そうすると患者さんも
施術中にこれらを購入するか
考えておく時間が取れるんです。


これを施術後にやってしまうと、
早く帰りたいし、決めるのが
面倒だからあとでいいです…

となって購入が
進まなくなってしまう
可能性が高くなります。


きっちりクロージングするには
施術前にお伝えしておくのが
ベストなので、

回数券、プリペイドカードを
導入されているなら
意識しておいてくださいね。


初診で大事なポイントを
まとめますと、


・トータルで1時間以内にすべて
 施術・問診・検査・説明込で済ませること。
※説明の時間が長すぎないように注意

・施術後の説明が
 長くならないようにすること。


この大事な2つのポイントに気をつけて
今後の初診を改善して
経営に活かしていってください。


最後までお読み頂き、
ありがとうございました^^


本日も顔晴ってください!


ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタント
根本 隆広



 
 
 
 

Writer

根本隆広

根本隆広 根本隆広の記事一覧

茨木県の片田舎で整骨院を開業し、自費治療のみで5年目に年商5000万円を達成。その後自社ビルを購入し2店舗目の整骨院を開業するも、家族との時間を大切にしたいと事業を売却し、現在はクドケン直営院の現場統括を担当する。またその傍ら、理想の売上だけでなく、家族との大切な時間も作れる仕組みを提供する「一人治療家しあわせ追求型コンサルタント」としても活躍。数多くのクライアントを半年以内に月商100万超えを達成させ、廃業の危機から救っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」