【警告】院内コミュニケーションの落とし穴


こんにちは!


ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタントの
根本隆広です。


出だしから、
暗いニュースで
申し訳ありませんが、


実は、約1週間前に
免疫学の大家、大学教授である

安保徹先生がお亡くなりに
なられました…


突然死だそうです。


私は著書で大変勉強させて
頂きましたので、
残念で仕方がありませんね…


心からご冥福を御祈り致します。


それでは
本題に入りたいと思います。


本日は、

「言わなきゃ伝わらない」

というコミュニケーションの
テーマについてお話します。


あなたは、相手に対してこんな
気持ちになったことないでしょうか?


✔こんなことも、
 わかってなかったんだぁ…

✔それ、言ったのになぁ…

✔みれば、わかるでしょ…

✔何度同じことを
 言わせるんだろう…


などなど、
これらは多くの方が
経験しているはずです。


実は、私も数多くの失敗を
繰り返して今があります。


自分で経営をしていた時
かなり苦い経験がありまして、

院に行くのが
とても辛い時期がありました。


私自身の教育のやり方、
コミュニケーションの取り方が
かなり一方的だったので、

スタッフ全員からの信頼を失って
四面楚歌になってしまったのです。


またある時は、、、

さっきまで院にいた
女性スタッフが急にいなくなって
しまったので探していたら、

院の裏口の外で
泣いていたこともあります…


患者さんがいる前で
強い口調で叱られたのが、
かなりショックだったようです。


今考えると、ひどい院長ですね。


終始こんな職人気質的な
対応をしていたので、
誰もついてこない状態でした。


こんなことなら
スタッフ全員辞めさせて
ひとりになりたい。


と何度も思い、結局そうなって
苦労することも多々、ありました。


今現在、行っているコンサルでも
この辺に細心の注意を払っています。


私にとって当たり前でも、
コンサル先の先生にとっては
当たり前ではないからです。


そのため
説明に苦労したりすることも
もちろんあります。


いつも思うのですが、
コンサルタントとクライアント、
治療家と患者さんの関係って
凄く似ているところがありますね。


また、治療家の仕事って
毎日同じことの繰り返しが
多いですよね?


同じ時間に院にはいって
いつもの準備をして
予約表をチェックして、


患者さんを向かえて、
同じような症状の患者さんを
ひたすら施術する、、、みたいな。


そうすると、思考も固定化し、
はじめての患者さんや
スタッフさんの気持ちになれず

『こんなの知っていて当然』

『言わなくてもわかるよね』


という感覚になってしまう危険が
ものスゴくあるのです。


これは、無意識のうちに
なっていることが多いので、

『俺はそんなことないよ、根本さん』

って思ってる方ほど、この罠に
陥っている可能性があります。


やはり、他人と自分では、
言葉・単語に対して持っている
イメージが違うので、

言わなきゃわからない、
発言しなければ、
あなたの真意は伝わらない


と思っておいた方が良いのです。


例えば、
リンゴを思い浮かべて
くださいと言われたら、


ほとんどの人が、
赤いリンゴを想像するでしょう。


青いリンゴを浮かべる人は、
青リンゴを毎日収穫している
業者さんくらいです。


実際目に見える物質的な単語は、
ミスコミュニケーション(すれ違い)が
起きにくいのですが、


目に見えない、
抽象的な言葉を使う日常では
どうでしょうか。


例えば、あなたが
患者さんやスタッフさんに

『これは“早めに”
 やっておいてくださいね』

と言ったとします。


あなたの“早め”は、
“今すぐにやって欲しい”という
気持でいったのかもしれません。


しかし、相手は、数時間後、
もしくは、2~3日中にやればいい
と思ってしまうこともあるのです。


その点で
ミスミュニケーションが起きて、


発信する側、
つまりあなたの“イラダチ”に
つながることもあるのです。


こんなことの繰り返しで
人間関係が悪化していく
負のサイクルにはまるのです。


ですから、



【詳しく言う、伝えること】



が肝心なのです。


例えば、以下のように伝えたら、
どうでしょうか?


「◯◯さん、忙しいところ
 申し訳ないんだけど、

 ○○○(意図、事情を伝える)だから、
 今日中にやっておいて欲しいのですが、
 大丈夫ですか?」


このように伝えたら
きちんと伝わりますし、
相手も気持良く応じてくれる
可能性が高いのです。


✔期限期日をしっかり入れる
✔忙しいだろうという前提で伝える

というのがポイントです。


これをどうせ暇だろうから
すぐにやっておいて的な態度や
ニュアンスで伝えてしまうと、


まったくの逆効果になりますので
気をつけてくださいね。


ぜひ、もう一度、患者さんや
スタッフさんとの会話において、
この点に気をつけてみてください。


ご自分ができているだろうか
振り返ってチェックをしてみたら、
いかがでしょうか。


スタッフさんがいましたら、
このお話をシェアして
深めてみるのもいいですね!


次回は
コミュニケーションの極意
パート2をお話したいと思います。


ぜひ、楽しみにしていてください。


最後までお読み頂き、
ありがとうございました^^


本日も顔晴ってくださいね!


ひとり治療家しあわせ
追求型コンサルタント
根本 隆広

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック