クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 SEOチーム中村

ライバル院に差をつける!ロングテールSEOの基本

25 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

株式会社クドケン
SEO担当の中村です。



本日は、
『ロングテールSEOの基本』
についてお話いたします。



本日お話するのは、小手先だけでなく
長く安定して患者さんのアクセスを
集めていける理想のSEO手法です。


・ホームページからの集客数を
 アップしたい

・広告予算を抑えて効果をあげたい


という先生には
オススメの方法ですので
是非参考にしてください。


———————————


SEO対策には、
2通りの戦略があります。



1つは「東京 整体」などの
地名+サービス名で行う
一般的なSEO対策です。



一般的なSEO対策では、
検索数が多いキーワードで
上位表示を行い、アクセスを
集めていきます。



・ビックキーワード
・ミドルキーワード

なんて呼ばれ方もしています。



検索数が多い分、
ライバル院も多いのが特徴です。




そしてもう1つの戦い方が
【 ロングテールSEO 】になります。



ロングテールというのは、
特定のキーワードだけでなく
関連する様々なキーワードで
アクセスを集めていくSEO対策。



つまり、色んな検索結果に
ホームページを表示させることです。



一般的なSEO対策では、
検索数が多いキーワードで
上位表示するのに対し、


ロングテールSEOでは、
検索数の多いキーワードを
狙うのではなく、ニッチな
ところを狙っていきます。



※ニッチとは、
特定のニーズ(需要、客層)を持つ
規模の小さい市場のことをいいます。



SEO対策でいうと、
特定の人にニーズはあるものの
検索数は少ないキーワードです。



つまり、検索の多い
ビックやミドルキーワードではなく


難易度の高くない
スモールなところを
たくさん攻めていく訳です。



=======================================

▽具体的にはこんなキーワードがあります。


・東京 整骨院 祝日も営業

・東京 鍼灸 小児鍼

・東京 坐骨神経痛 治療

=======================================



色んな単語が組み合わさっていたり
具体的な症状名が入ることで
何パターンも作っていくことができます。



ただし、

あくまでもニッチな需要ですので
検索数が少なく、それぞれは毎月1~3人
ぐらいしか検索しないと思います。



でも、毎月2人の検索がある
ニッチなキーワードが100パターン
あったとすれば…



それだけで、200人のアクセスを
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
集められることになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



しかも、ライバルのいない
キーワードが無数に存在している。



ページや記事を増やしていけば
自然とひっかかってくるので
お金もかけず自分で
できるのでとても魅力的です。




ここまで、ロングテールSEOの
メリット・良いところを
お伝えしました。



ここからは少し
現実的なお話をしたいと思います。



実は、このロングテールSEOは
治療家の先生には
あまり向いていません。




なぜなら、

品質の高い記事を
たくさん書かなければ
ならないからです。




■量と質の問題。



文章を書くのが好きで
苦じゃない先生は量を
つくれるかもしれません。



しかし、質の良い記事をかくとなると
どうしても時間がかかります。



記事作成は治療の合間などの
時間となるため、書ける量には
限界があると思います。



とにかくがむしゃらに記事を
増やしているサイトをよく見かけますが


質の低い記事ばかりを書いても
いずれペナルティを受けてしまい
それまで積み上げてきたサイトが
水の泡となってしまいます。




■では、どうしていけば良いのか?



通常のSEOとロングテールSEOを
組み合わせて、2通りのSEO戦略を
行えば良いのです。



其々のメリットが相乗効果を生み
足りない部分を補っていきます。



上手くマッチすれば、
半分以下の手間で
倍以上の成果が出ることも。


治療院集客では、是非
両方のSEOを行うことをお勧めします。




●通常のSEO対策…


検索の多いキーワードを
1キーワード決めて対策をするだけ。


これは業者に依頼すれば
ほとんど手間がかかりません。




●ロングテールSEO…


先生は質の良い記事を
毎月1~2記事だけ書く。


月に1記事であれば
苦ではないと思いますし、
何より治療の合間でも
十分に作業が可能な量です。



・・
・・・



複数のキーワードでのSEO対策を
勧める業者も多いですが
ペナルティを受けたり、
順位が下がる可能性が高く危険です。



お金を払えばそれだけで
色んなキーワードで上位表示される
時代は終わりました。



得られる成果よりも
損失のほうが大きくなります。


これから先は通用しませんので、
今すぐやめましょう。



今後は 2つのSEO戦略を
上手く組み合わせて、
多くのアクセスや患者さんを
集められるよう工夫してみてくださいね。


SEO_20150526_kakugenn

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」