クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 工藤謙治

2019年はあなたに”こんな”貢献をします。

587 Views

こんにちは、
クドケンの工藤です。


2019年の経営目標は
もう立てましたか?


クドケングループも
各会社、各事業で目標数値を決めて
行動計画に落とし込み、

各責任者が現場の社員さんと
どのように達成していくかを
綿密に考え抜いています。


ありきたりかもしれませんが、
目標を立てるというのは基本中の基本。


但し、本当に目指したいもの
じゃなければ意味がありません。


本気でその状態が欲しい、
そうなりたいと思う目標じゃないと
ほとんど達成されません。


1年前となる2018年の年始、
先生たちも多かれ少なかれ、
大なり小なり目標を決めたと思います。


・月商〇〇万円

・年商○○万円

・年収〇〇万円

・週休3日

・スタッフの雇用

・分院展開

・長期休暇の設定


などなど、
誰もがこうなりたいという
目標を描いたはずです。


でもどうでしょうか。


それを達成できた先生は
ごく一部のなかの一部ですね。


ではなぜ達成できないのか?


目標が達成できない理由は2つだけです
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


1.目標への情熱、熱量が足りない

2.目標への行き方、手段が間違っている


この2つしかありません。


“手段が間違っている”と
2番に書きましたが、

最近は、インターネット上で
たくさんのセミナーや教材が販売され
目標への手段を広く選べるようになりました。


昔と違い、どのような行動、
時間の使い方をすれば目標に到達するのか
今は自分で選ぶことができるのです。


目標を立てるときは、

・定量化
・数値化
・定性化
・言語化

とわかりやすく、計測でき、
状態がわかるように立てましょう。


あとは、細分化し、期限を入れる。


「夢に期限を入れると目標になる」


昔、ワタミの社長の
渡邉美樹さんが書籍で書かれていて
なるぼど~と思ったフレーズです。


逆にいうと、
期限がないと夢のままなんですね。


それよりも問題は、、、


1番の”熱量”なんですね。


熱量、モチベーションが足りないと
何も達成できません。


こちらの方が現在では大きな問題です。


特に情報あふれる現代社会では
自分の目標が他人の情報によって
簡単に影響を受けて歪んでしまいます。


メルマガをたくさん読んだり
セミナーにたくさん参加される先生は
特にそうなりやすいかもしれません。


いろんな情報をいろんなタイプの成功者が
インターネットを通じて発信しています。


・ひとり先生で月商〇〇万円

・分院展開で○店舗

・コンサルタントとして年収〇〇万円

・技術だけで繁盛

・リピート率100%


などなど、甘い文言が踊り、
インターネットで情報を探す先生の
目標や価値観に影響を与えています。


ですが、
本当の本当に注目してほしいのは
自分の価値観から来る目的です。


自分は治療院経営を通して
どうありたいのか?


それはどのような状態なのか?


感情を中心にどんな1日なら
自分は満たされるのか?


目標はそのための手段であり、
目的ではありません。


自分の治療院経営の目的、
もっと言うならば自分の人生の目的を
自分の価値観から逆算して考え、
感じ取ること。


自分の価値観は、
幼少期の教育や周囲の環境、
経済状況や人間関係等に影響を受けて
大きく決まります。


大人になってからも
絶えず外からの影響を受け、
自分なりの価値観というものが
基本的には確立されていきます。


ただそれを真剣に
考えることが少ないのです。


今回、僕が伝えたいことは、


1.

どうなりたいのか?
どんな自分になりたいか?

どんな1日、1ヶ月、1年を過ごせたら
自分の心は本当に満たされるのか?

こういった価値観を探し、
目的を考えること。


2.

何を達成したいかは
1の目的の延長線上に
なければならないということ。


年始始まって少し経ちましたが、
先生の目標はウケウリの目標ではなく
本心の「目的」から
逆算された目標になっていますか?


高い目標を達成するには
強い強い情熱が必要となります。


僕、クドウケンジは今でも毎日情熱に溢れ、
自分の明確な目的に向かい生きているので
いつも辛くてもキツくても充実しています。


気持ちも充実していて、
24時間燃えています。


今年の4月の決算で
グループ年商40億円ですが
もっともっと高みを目指し、


お金を支払っていただく顧客に、

豊かで安心な社会に、

会社の中で自己実現を目指す社員に…


しっかりと貢献できる会社組織の成長、
そして何より毎日僕が満たされる会社を
作るために燃えています。


30代前半くらいまでは、
年商〇〇、年収〇〇、社員数〇〇、
業界1位などわかりやすい目標に左右され
なんとなく心のガス欠になったこともあります。


でも今は状態(目的から逆算された毎日)に
フォーカスしているので情熱が尽きません。


ということで、、、


僕たちクドケングループは
もっともっとメルマガ読者の先生や
大事なお金を払っていただける顧客の先生に
納得いただけるサービス、情報を提供し、
業界に貢献していきたいと思います。


クドケングループと他の会社、
コンサルタントとの違いは何かというと
組織力だと思います。


すごく優秀なトップ経営者と
作業だけする事務スタッフみたいな
小さな会社は多いです。


もしくはひとりで情報配信していたり
数人の仲間だけでやっている会社も多いです。


それはそれで素晴らしいと思います、
その人の価値観、目的がそこにあるので
より良いサービスを提供してほしいです。


でも、クドケンは組織なので、
組織力を活かしたスピードと
資金力を活かしたスピードを展開し、

圧倒的な質とスピードで情報、
サービスを更新し、常に組織として
選ばれることを目標にしています。


中野の本社オフィスだけでも
90人以上が常に働いていて、
毎日、各チームで決めた目標に向かって
切磋琢磨しています。


評価制度が機能し、採用チームが
高い年収でも有能な人材の採用を行い、
毎日毎日面接の嵐です。


新卒採用だって、中野オフィスだけで
10人以上が来年4月に入社します。


年々新卒採用の質も上がっており、
今年は慶応大学の学生も2名いるそうです。


慶応、早稲田、明治、法政、青学、
その他国立大学もたくさんいます。


学歴じゃありませんが
そういう有名大学の学生も
選んでくれる会社に成長した証明です。


中途採用も誰もが知っている
上場有名企業から転職する人もいますし、


有名な大きな会社と比較して
わざわざクドケンを選んでくれる
ケースも増えました。


とにかく予定通りに
組織力が上がっているのです。


この組織力をもって、治療院業界にも
物量戦、組織戦、情報収集力、行動力で
差をつけていきたいと思います。


さらには、より濃いコンテンツ、
情報を配信できるように

カラダミライラボの直営院は
どんどん拡大し、様々な試行錯誤の結果を
治療院業界にどんどん発信してまいります。


今年も可能であれば6店舗を出店し、
2025年には50店舗まで拡大したいです。


先生は、どんな目的をもって
2019年の目標を立てますか?


ぜひ、考えてみてくださいね。


本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。



追伸


【無料お年玉映像プレゼント!】※期間限定


なぜ、月商100万円では
この先の治療院業界で
生き残ることができないのか…?


その理由と2019年やるべきことを
木曜日メルマガ担当の
田村剛志先生がお伝えします。


今年やるべきことが
明確になる内容になってますので、

先生が本当に思う目的、
そこから生まれる目標を考えながら
ご覧になってみてください。
 
 ↓↓↓
※1月14日(月)を過ぎると公開終了

 
 
 

Writer

工藤謙治

工藤謙治 工藤謙治の記事一覧

治療院業界にマーケティングを持ち込んだ第一人者。全国47都道府県に顧客を持ち、これまで1060院以上の治療院の売上アップに貢献してきた株式会社クドケンの代表取締役社長を務める。また自社グループでも整体院、美容整体、鍼灸院を複数舗展開し、毎年2~3店舗をスピート開業。常に自らの経営ノウハウ、集客ノウハウを現場で検証し、正しく再現性の高い情報を業界に伝えることを信条とする。理論、ノウハウだけのコンサルタントとは一線を画し、現場・実学でその実力を証明しつづける治療院インターネット業界で最も影響力のある人物といえる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」