クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 工藤謙治

“飛び級”人脈で”飛び級”成功する方法

815 Views

こんにちは、
クドケンの工藤です。


今日のテーマは人脈です。


治療家さんが『人脈』と聞くと
すぐに関係ないと感じるかもしれません。


ただ、どんな治療院であれ、
どんな会社経営であっても同じ、
人脈の作り方1つで革命がおきます。



まさに”飛び級”です。


人脈の構築方法を意識するだけで、

・一人月商100万円でも300万円でも
・分院展開、グループ展開
・株式上場

はたまた、

・時間と理念重視の小さく強固な
 幸せでやりがいを重視した経営

だとしても、どこでも飛び級で
たどり着くことができます。


是非、クドケン流「人脈飛び級術」
自分の治療院経営に当てはめて
考えてみてください

■先生の仲の良い友達の年収はいくら?


『仲の良い友達10人の平均値が
 自分の年収になっている!』


こんな話を
聞いたことはないでしょうか?


よく自己啓発の書籍やセミナーなどで
取り扱っている内容で
聞いたことがある先生も多いと思います。


おそらく、
この話は現実に即しています。


もちろんぴったり平均値にはなりませんが、
なんとなく平均値付近に収まると思います。


年収だけじゃありません。


価値観や思考のクセ、行動パターンだって
平均値付近に当てはまるはずです。



そうです。


類友です。類は友を呼ぶのです。


先生の周りにも、
意識してか知らずかは別として
類友しかいないことをまず認めるのです。


そんなことはない!と思っても
自分の状況を客観的に見て、

親友とまでもいかなくても、
よく会う、飲みに行く、普通に電話できる
人脈、人間関係を思い出してみてください。


もし現在、凄く
うまくいっている先生であれば、、、


周囲にも、ある程度
うまくいっている先生か、

自分よりも更にもう少し
うまくいっている先生が多いはず。


逆にうまくいっていない、ジリ貧であれば
ジリ貧やうまくいっていない先生や友人と
会ったり、食事したり、遊んだりしていませんか?


そうなのです。


類は友を呼ぶ。


同じような収入、考え方、生活習慣、
ステージの友達、人間関係に快適を感じ、

自分より著しく上の年収や逆に下の年収、
まったく違う考え方、違う生活習慣に対して
不快と感じるのが普通なのです。


なので結果として
類友になるようにできているんですね。

■人脈のステージを効率的にあげていく


類友の法則が機能するのであれば、
逆手に取って自分が高いステージの
類友ゾーンに入ることができれば


時間とともに高いステージの
収入、思考パターン、
生活習慣になるのはイメージできますか?


そう、自分の目標とする治療家像を
体現しているような人脈を見つけて、
そこに仲間入りするのです。



自分の理想を書籍やインターネット検索、
セミナーや人に聞きながらでも明確にし、
どこにいるのか、何が違うのか分析します。


当然、現状の自分がうまくいっていないなら
その理想とする人脈に入っても
自分だけではなく、先方グループも
違和感が生まれ不快な状態になります。


類友は類友です。


みんな同じような収入、思考パターン、
生活スタイル、悩みの人と仲良くしたいのです。


レベルが著しく低い状態で
なんの準備もせずに交流しても
自分も先方グループも長続きしません。


だから、人脈のステージの違いを分析し
不快に思われないような態度を演じ、
今は違うけど理想はそこだよ!
という考えで振る舞います。


大事なことは、そのままの自分では
成功グループ・理想グループから
仲間はずれをくらうということです。

■人脈を人脈で作っていく。


人によっては、セミナーなどに参加し、
懇親会などで積極的に話しかけ
人間関係を構築していく人もいます。


これも立派な人脈術です。


自分が教わりたい内容のセミナー講師は
成功グループに属しているので
仲良く個別にいろいろ聞けるような
人間関係までいけたら嬉しいですね。


そして、その講師が所属する人脈に
自分も入れてもらい、自分のステージも
徐々に高まっていく流れです。


ただし、、、


経験があると思いますが、
セミナー講師や塾に参加しても
なかなか講師と仲良くなれませんよね。


これは、講師も仕事でしているからです。


講師と生徒という上下関係と
安くはない金額を参加者全員から
支払ってもらっているので
特定の人物とだけ仲良くはなれません。


なかなか友達や飲み仲間という
気さくな人間関係まではたどり着きません。


そこで重要なのは
人脈は人脈づたいに広げていく
ということ。


自分の人脈はそこそこだとしても、
そこそこの人脈の中でもピカピカな
知り合いを持つ人脈っているものです。


僕であれば、
なぜか知り合いが国会議員ばかりで
政治家関連の話題に詳しい人とか、、、
(実際多少の口添えができるそう)


レディ・ガ○ 浜崎○ゆみ EXA○Eなどなど
謎の芸能人とマブダチの人など、、、


ともにチョーーお金持ちの自由人ですが
比較的仲良くしてくれます。


その人脈の紹介で、そのコミュニティに入る


そう紹介です。


飛び級人脈術とは
紹介してもらうことです。

■紹介を依頼する方法


ただで紹介してくださいといっても
誰も紹介してくれません。


当然、人間関係が薄い人に
自分の大切な友達を利益目的に
売るようなことは誰もしません。


紹介して欲しい人から
メリットがあると思われるように
自分の見せ方をとことん考えるのです。



足りないのであれば努力、
もしくは無理したり、演じてでも
紹介する人、その先の紹介される人から
メリットがあるようにしましょう。


自分もそうだと思いますし、
誰もがそうだと思いますが
自分の周囲の仲の良い友達、人間関係に
変な人を紹介したくありません。


自分の信用も落ちてしまうからです。


なので、紹介する人の気持ち、
その先の自分が求める紹介先の
メリットを最優先で考えて
自分には何が提供できるのか考えましょう。


人脈を築きたければ、
先に人脈にメリットを与える。


収入、考え方、情報、知識、人間関係、
なにかしら先方が求めているものを考えて
先に提供できないか考え抜きましょう。


良い人脈は、人脈を通して探り、
自分発信の人脈の方が
確実に近づいていけます。


自分の周囲に理想となるような人脈への
ルートが見えないならば、
そのルートを知っていそうな人を
紹介してもらいましょう。


紹介をしてくれる人を紹介してもらうのです。


1つ間に挟まるので少し距離がありますが
いきなり行くよりも人の紹介のほうが
はるかに暖かく迎え入れてくれるのです。

■まとめ


【ステップ1】
自分が属したい人脈グループを明確にする。


【ステップ2】
その人脈が求めている仲間像を分析し
自分との差を考え、メリットを考える。


【ステップ3】
自分の身の回りの人脈に紹介を依頼する。
メリットも一緒に提示できるようにする。


【ステップ4】
紹介の紹介の紹介で探す。



紹介してくれそうな人を紹介してもらうことで
人脈が30倍以上に広がると言われます。


通常の日本人であれば
普通は300人くらいの
人と関係性をもって生活しています。


仲間とまでいかなくても、知り合いや
遠い親戚、顔だけは知っているなど
人間関係が300人はあるそうです。


紹介の紹介の紹介だと
300人の先の300人です。


理論上9万人の人脈に触れることができます。


さすがに全部すんなりはいきませんが
紹介の紹介なので可能性があります。


さて、最後にステップ5です。


【ステップ5】
その理想コミュニティでメリットを
提供しつつ自分の基準を引き上げて
新のそのコミュニティの住人になっていく。



このような人脈術は、
先生の治療院経営に
飛び級で成果をもたらします。


是非、自分の人脈・理想の人脈を
考えてみてください。



追伸



先生は、
現在プレゼント中の

『手技で脳波をコントロールして
 5分で痛みを解消する方法』

の手技映像はチェックされましたか?


実はこの手技を
公開して頂けるようになったのも
ある人脈からの紹介がきっかけです。


世界初、”脳波”に注目して
患者さんを劇的改善するという、

セロトニン研究の
世界的権威の医学博士の元で
臨床研究、開発された技術なのですが、、、


ふたを開けると
その手法はとてもシンプルで
効果を再現しやすい技術です。


今の手技にプラスするだけで
施術効果をアップできますので、
よければ先生も試してみてください。

 ↓↓↓
※8月2日(木)までの無料プレゼント



Writer

工藤謙治

工藤謙治 工藤謙治の記事一覧

治療院業界にマーケティングを持ち込んだ第一人者。全国47都道府県に顧客を持ち、これまで1060院以上の治療院の売上アップに貢献してきた株式会社クドケンの代表取締役社長を務める。また自社グループでも整体院、美容整体、鍼灸院を複数舗展開し、毎年2~3店舗をスピート開業。常に自らの経営ノウハウ、集客ノウハウを現場で検証し、正しく再現性の高い情報を業界に伝えることを信条とする。理論、ノウハウだけのコンサルタントとは一線を画し、現場・実学でその実力を証明しつづける治療院インターネット業界で最も影響力のある人物といえる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」