クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 工藤謙治

『人参はここだ』モチベーションが溢れ出る源泉【MM付】

1357 Views

こんにちは、
クドケンの工藤です。


早くも1月中旬ですね。


2018年、新年の治療院経営の
モチベーションはどうでしょうか。


今日は2018年も
モチベーションをMAXに
やる気いっぱい乗り切る”コツ”をお伝えします。



事例として僕のMM(マインドマップ)の
1つを例として公開しておきます。


ではでは、、、

■時代は方法論→行動論



現在はインターネットのお陰で
治療院業界でも本当に役立つ情報が無料で公開されたり、

有料でもDVD教材、セミナーと
“治療院経営の模範解答”が溢れるようになり、

誰でもカンタン且つ
安価に情報を手にすることが
できるようになりました。


僕の会社含め、
うまくいくための情報やノウハウ、
マーケティングなどは、

すべて出し尽くされていると言っても
過言ではありません。


うまくいくための方法論が
すでに飽和状態ということは、、、


つまり、やったもの勝ちなのです。


方法論よりもいかにやるか!!
行動論のほうが遥かに重要なのです。


いくら良いノウハウがあっても
行動しなければ意味がありません。


行動したからといっても、すぐに
すべてが上手くいくわけではありません。


必ず失敗したり、
合わない部分がでたりと
試行錯誤する事になります。


世の中の成功ノウハウは模範解答。


あなたの治療院に
ぴったり当てはまるとは限らないのです。


だから途中で必ず右往左往します(笑)
どんなに優れたノウハウも同じです。


必ず壁があります。


そんなときに諦めずにやり遂げる(行動する)
ために必要なのがモチベーション。


モチベーション = 内発的動機


意欲、やる気、エネルギー、
などとも言いますね。


今の時代はノウハウ探しよりも
内側から湧き上がるモチベーションと共に
やり続ける行動力が必要なのです。


■モチベーションの源泉とは



モチベーションはガソリンです。


では人のモチベーションは
どのような構造なのでしょうか?


僕が好きな概念では
『4つのM』という概念があります。


=================
1,Money(お金)

人生、何をやるにしてもお金が必要。
生活するのに必要なお金がなければ、
精神的な余裕は生まれない


=================
2,Medal(褒賞)

お金が十分得られるようになったら、
次は役職なり、肩書きなり、受賞である。

人間は、他人や会社や世間から
認められたいと思っている。


=================
3,Mission(使命)

何のために仕事をするのかを
考えられるようになると、
人生にますます深みが増してくる。


=================
4,Message(発信する)

自分の仕事を天職を思えると、
自分の考えややり方を伝えることに意義を感じる。


=================


とりわけこれらは段階を踏んで
経験していくものだそうで、、、


しかし一足飛びに求めていく人もいますし、
逆から入っていく人もいます。


※出典コピペ元
 ベンチャー企業の元役員のアメブロ


■『4つのM』



人のモチベーションは
上記4つのMで構成されているそうです。


僕も納得しています。


治療家さんの場合は、

■1,お金
■3,使命


の割合が高い先生が多いかと思います。


使命感によるモチベーションも
とても大切で誇らしいものですが
人は綺麗事抜きにお金もほしいものですね。


いくら高潔なことを言う人も
なんだかんだでお金がほしい
という一面は必ずあります。


特に自分の生活に不安があるとき、
安定しないとき、
経済的に守るべきものがあるときは
やはりお金への渇望があります。


『お金』という
ストレートな言い方でなくとも


美味しいご飯、豪華な旅行、
きれいな家などは
治療家含め多くの人が欲するものです。




有名なマズローの
5段階欲求でいうところの
第一層、第二層の
根源的な基本欲』だからです。


===============

第一階層の「生理的欲求」
第二階層の「安全欲求」
第三階層の「社会的欲求(帰属欲求)」
——-
第四階層「尊厳欲求(承認欲求)」
第五階層「自己実現欲求」

===============


第六階層に
「自己超越欲求」があることが
発見されていますが
これは無視でよいです。


こういった人間が求めるもの、
モチベーションの源泉を理解し、

まさに熱々の温泉が湧き上がる源泉の如く
正しく行動できれば誰もが成功できるのです。


■人参は目の前に



馬の鼻先に人参をぶら下げる 

という言葉を
聞いたことがありますよね?


馬の目の前に
釣り竿で人参をぶら下げると、

馬が食べようとして
どんどん前に進んでいくということです。


ここで大事なのは『鼻先』です。


人参は『鼻先』すぐ目の前に
あるから馬は食べたいと思うのです。


これが、10メートル先だと
見えないかもしれませんし、
匂いもありません。


馬は食べたいという動機は起きず
動いてくれません。


『鼻先』目の前に見える状態
匂いが感じられる状態だから
効果があるのです。


ここが重要です。


褒美は『鼻先』目の前だから効果がある




■自分の褒美を明確にする。



馬は人参が食べたい。
先生は何がほしいですか?


先生は自分の欲求を明確にしていますか?


ポイントは素直に描くことです。


『4つのM』でもありましたが
お金でもいいですし、使命感でもよいです。


明確に自分の欲を考えて視覚化、明文化します。


・欲しい金額(根拠を持って)

・欲しい物(家,車,バイク,時計,施術道具,,etc)

・行きたい旅行(海外,国内,誰と行きたい)

・欲しい時間(趣味,釣り,スノボ,ゴルフ,,etc)

・食べたい物(超有名店,好物,ご当地めぐり,,etc)

・会いたい人(有名人,芸能人,ゴッドハンド,,etc)

・こんな自分になりたい(外見、内面、ステータス,,)


色々ありますね。


まず全部書きだしてみてください。


他人に見せるものではないので、
遠慮なく自分の心の欲を書いてください。


なるべく多く書き出してください。


マインドマップなどを使って
項目ごとに考えていくと出しやすいです。


そしてなるべく視覚化することです。


人は左脳(言語)ではなく
右脳(イメージ・視覚)で
モチベーションが湧き上がります。


言語化したらその写真や、
インターネットで確認出るように
URLリンクを貼っておきましょう。


ポイントはイメージ化です。


項目毎に書き出す

 ↓↓↓

イメージ化することで
人はより欲しいと感じます。


馬の人参をイメージしてください。


馬の前に『人参』と
漢字で書いてぶら下げても
馬は動きませんよね?


イラストだとどうでしょうか?


写真だとどうでしょうか?


人参のおもちゃではどうでしょうか?


生の人参ではどうでしょうか?


人間も全く同じです。


つまり、リアルであればあるほど
モチベーションは起きやすいのです。



■『鼻先』にぶら下げる



では『鼻先』にぶら下げるということは
人間の場合はどういう状態でしょうか。


・毎日見る

・常に携帯しておく

・目につくところに貼っておく



ということです。


先ほど人参は10メートル先に
ぶら下げても意味がないと言いました。


同じように毎日毎日視界に入れる
右脳でイメージするからやる気が出ます。


そのために携帯しておく、
常に目の付く場所に貼っておくことです。


目標はトイレに貼れ!

目標を書いて財布に入れておけ!

夢マップを作り部屋に飾れ!


というのはまさに鼻先に
常にぶら下げておくことです。


僕の場合はマインドマップでまとめて
ほぼ毎朝更新しながら見ています。


・町中で見たもの

・友人、社員、交流会などで聞いたもの

・テレビでやっていた、ネットで見た

・本屋の情報誌で見かけた


などなど人の欲を刺激してくれるものは
世の中に情報としてたくさんあります。


僕は気がついたらすぐにアイフォンから
自分のパソコンのGメールに送ります。


URLや単語を送り
翌朝になったらマインドマップに
URLリンクと共に整理します。


人に見せるものではないので
いいなと思ったものはなんでも送ります。


常に自分が欲しいもの、
実現したいことを
更新し増やし続けているのです。


そうして毎朝見直す、更新すると
イメージが強化され潜在意識まで浸透して
自発モチベーションにつながります。


もちろん、物欲や自由欲、経験欲だけではなく
4つのMの内の『使命』についても同じです。


自分のモチベーションとなる
『使命』を目の前にぶら下げる

→ 毎日見る

→ そうなっている自分をイメージする

→ イメージ上で充実感を得る

→ そうなりたいとモチベーションが湧く

という仕組みですね。


人によっては4つのMの優先順位が違っていたり、、、


その経済的、精神的ステージによって
求めるものの強さが違います。


自分の今のステージにあったものを
素直に書き出してみてください。


そして、更新する、見直す、貼る、
毎日見る事によって刷り込み、
常に意識することで強い
モチベーションにつながっていきます。


■例えば、、、



僕は起業家の友達とグルメ部という
小さな起業家コミュニティを作り、
月に2~4回都内のお店を食べ歩いています。


なので、
行ってみたいお店を常に更新し
ストックしています。


行ってみたいリストが
マインドマップでリスト化され
URLとともに保存されています。


こんな感じです(ダウンロードできます)
 ↓↓↓
>工藤の『行きたいグルメリスト』を見てみる


グルメマップは分かり易いので
参考に開いて見てみてください。


このように一覧にしてリンクを付けておくことで、
食べログのページが開き
料理の写真やお店の雰囲気が右脳を刺激します。


その他にも


・行ってみたい旅行先リスト


ー カンクン
ー ダナン
ー ペナン島
ー ホボール島
ー 小笠原諸島
ー 与論島
ー 伊豆大島
etc,,,


・やってみたいことリスト

ー スカイダイビング
ー バンジージャンプ
ー 釣り
ー 遊園地
ー 気球
ー サーカス
ー 宝塚歌劇団
ー 劇団四季
ー シルクドソレイユ
ー ラフティング
ー キャニオニング
ー ダイビング
etc,,,


・また行きたいショータイムのお店

ー ひげガール
ー スーパーバーレスク東京 ~YAVAY~
ー 金魚 
ー 香和
ー ギラギラガールズ
ー 新宿 nest
ー フラメンコ ガルロチ
ー ミミック東京
ー ものまねスター
etc,,,


などなどマインドマップは
きわどいお店もたくさん記載しているので
お見せできませんが(笑)


とにかく自分の楽しみ、欲を溜めているのです。


その他にも自分の個人理念というものも常に更新しています。


自分の人生の進む方向なども明確にして
定期的に見返し、必要があれば更新します。


今の仕事に僕は使命感も感じるので
この仕事が社会に与える影響なども言語化してあります。


尊敬できる人、理想の経営者も一覧化しています。


常に、いろんな人参を整理して
自分の鼻先にぶら下げておける状態を
意図的に作っています。


自分の欲なので更新する、見るときも
ワクワクしながら行えます。



次、ここまで会社がうまく行ったら
これやってみよう!


年内はここに旅行行ってみよう。


こんなサービスを始めたら
市場にウケるかな、、儲かるかな、、と
いろいろ考えているだけで楽しいですね。


この参考はあくまで僕のものですので、
人によって料理の好みも人の好みも
人生の好みも、欲の優先順位も違います。


是非、自分オリジナルのものを
年始の1月中に作ってみてください。


先生の中で溢れている、
躓いても諦めないで行動し続ける
源泉を手に入れてください。


繰り返しになりますが
経営ノウハウは出尽くしています。


あとは自分に合うものを選び
行動しまくるだけです。


2018年は行動しまくりの
1年にしてください。


本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。


追伸


『どんな患者さんが来ても
 痛みをその場で
 取り除けるようになりたい!』

という力の源泉を
先生が持っているのなら、

腰痛、肩こり、ギックリ腰
膝痛、股関節痛、寝違えなど…

症状別に”最速”で痛みがとれる
方法を集めたあるプログラムを
手に入れてみてはどうですか?

全てシンプルで再現性が高い
手技だけをまとめてあるので、

先生はマネするだけで
初診で痛みに苦しむ患者さんを
救ってあげられます。

 ↓↓↓
>症状別に厳選されたテクニック集を見てみる

※1月18日(木)迄、残り3日の限定公開

Writer

工藤謙治

工藤謙治 工藤謙治の記事一覧

治療院業界にマーケティングを持ち込んだ第一人者。全国47都道府県に顧客を持ち、これまで1060院以上の治療院の売上アップに貢献してきた株式会社クドケンの代表取締役社長を務める。また自社グループでも整体院、美容整体、鍼灸院を複数舗展開し、毎年2~3店舗をスピート開業。常に自らの経営ノウハウ、集客ノウハウを現場で検証し、正しく再現性の高い情報を業界に伝えることを信条とする。理論、ノウハウだけのコンサルタントとは一線を画し、現場・実学でその実力を証明しつづける治療院インターネット業界で最も影響力のある人物といえる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」