クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 工藤謙治

腕には自信があるのに・・・と感じていたら読んでください

55 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、工藤です。

本日は四月の第一月曜日です。

基本に戻って見ましょう。

本日は腕には自信があるのに

繁盛しない先生の特徴を解説します。

腕には自信があるのに

うまくいかないのには

どこかに”理由”があります。

うまくいかない理由を発見し、

素直に認めて改善すること。

とても大事です。

成功者は素直な人が多いのです。

逆にうまくいっていない先生は

素直じゃない人の割合が多いです。

うまくいかない理由はシンプルです。

1,新規が少ない (選ばれていない)

2,通わない  (信頼されていない)

これしかありません。

腕に自信があるのに繁盛してない。

1つ1つ見ていきましょう。

先に大事なので答えを言います。

新規集客力 ≠ 腕の良さ

リピート力 = 腕も含めた総合力

です。

腕はいいはずなのに新規がこない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

よくよく考えるとおかしいですね。

腕がいいか悪いかは

行ってみないとわからないこと。

一度行くまでは腕の良さを

理解することは不可能です。

↑よく考えると腕がいいということは

新規集客に直接は関係ないのです。

腕の良さを来院する前に

良さそうに伝える必要があるのです。

1回施術を受けてみないと

腕の良さは伝わりません。

新規が少ないのは腕が良い悪いは

さほど関係ないのです。

新規が多い治療院は単純に

良さそうに見えているのです。

・ホームページ

・チラシ

・タウン誌・クーポン誌

・通りがかり

この4つが主な集客経路ですね。

口コミ・紹介だけは施術の価値が

直結しますので別です。

言い換えると治療院を

良さそうに見せる技術 + 露出度

= 新規集客力

ということで新規を増やしたいならば

腕を磨くのではなく良さそうに見せる

技術を学ばないといけないんですね。

職人肌である治療家さんからみると

違和感あると思いますが、

これが現実なのです。

2,通わない  (信頼されていない)

ということにも腕以外の要素があります。

治療家さんからすると

腕が良ければずっと通うのは

至極当たり前という意識ですね。

でも、違うんです。

腕がいいこと、体に変化を出す。

1回で改善すること以外にも

要素があるんですね。

・人間性

治療院は治療という腕が商品ですが

同時に人も商品です。

施術してくれる先生が

人としてどうなのか?が直結します。

治療の専門家として、

先生と患者さんとしての位置関係も

かなり重要になってきます。

・説明力

なぜ他の治療院や整形外科じゃなくて

この治療院に通うべきなのかを

しっかり伝える必要があります。

体だけではなく頭でも

先生の施術の価値を伝えると

より治療計画通り来院します。

・立地(利便性)

利便性も価値です。

なんだかんだ言ったってやはり

家や職場から近いほうが

通いやすいのです。

・院内環境

使っている検査の機材や

機械なども1つの要素です。

あとは医療機関としての

病院以上の清潔感です。

整理整頓された院内。

隅々まで行き届いた掃除。

建物が古いとか新しいではなく

掃除が行き届いていることが

とても重要なのです。

掃除に関しては意外と

患者さんに見られているので

要チェックですよ。

・そして技術

単純に結果です。

一回目の施術で目に見える変化が

でない場合だとしてもなにか

進歩を見せた方が無難です。

筋肉の固さ、可動域、痛みの強さ、

など体の素人の患者さんでも

「体がいいほうに変化している」

という実感を提供します。

そうすることで腕の良さを

よりしっかりと伝えることができます。

こんな要素で構成されています。

独立している時点である程度の

技術はすでにある先生がほとんどです。

ということは技術以外の要素です。

つまり、

1,新規が少ない (選ばれていない)

↓↓↓

選ばれるように良さそうに見せて、

露出を増やしていくこと

2,通わない  (信頼されていない)

↓↓↓

技術以外の要素で足りないものを埋めていく

信頼される仕掛けを作っていく

とうことが重要です。

【重要】

だから大手やチェーン展開している

仕組みを真似しましょう。

大手や他店舗展開しているグループは

技術面では個人治療家さんのほうが

レベルが高い傾向があります。

でも、売り上げという視点で見ると

負けてしまうことが多い。

なぜか?

腕(技術)以外のものが大手に

負けているからなんですね。

なぜセブンイレブンが拡大し続けるのか?

セブンイレブンは他のコンビニよりも

商品が安いのか?

セブンイレブンの店長が全員敏腕なのか?

そんなことないです。

そこに勝てる仕組みが存在するからです。

では、技術がいい腕がいい、

そんな先生の治療院に勝てる仕組みを

落とし込んだらどうなりますか?

もし、先生が腕に自信があるのに

うまくいっていない気がするならば

本日あげた項目を素直に認めてください。

素直はとても重要です。

自分の至らないポイントを素直に認める。

自分より秀でているところは謙虚に学ぶ。

成功治療家さんの特徴の1つです。

治療院経営はすごくシンプルです。

複雑ではないのです。

腕に自信がある、技術は負けない、

そんな想いを素直さとともに

成長の糧としていきましょう。

0406格言

Writer

工藤謙治

工藤謙治 工藤謙治の記事一覧

治療院業界にマーケティングを持ち込んだ第一人者。全国47都道府県に顧客を持ち、これまで1060院以上の治療院の売上アップに貢献してきた株式会社クドケンの代表取締役社長を務める。また自社グループでも整体院、美容整体、鍼灸院を複数舗展開し、毎年2~3店舗をスピート開業。常に自らの経営ノウハウ、集客ノウハウを現場で検証し、正しく再現性の高い情報を業界に伝えることを信条とする。理論、ノウハウだけのコンサルタントとは一線を画し、現場・実学でその実力を証明しつづける治療院インターネット業界で最も影響力のある人物といえる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」