やってしまいがちな集客ミステイクッ!


こんにちは、工藤です。

本日はやってしまいがちな

新規集客におけるミステイクに

ついて解説します。

特に治療に情熱がある先生は

やってしまいがちです。

それでは早速、解説動画をどうぞ。

==================================

「やってしまいがちな集客ミステイクッ!」

【動画】でご覧になる方はこちらからどうぞ

 ↓↓↓

http://kudoken-file.com/mp4_movie/misstake/

【音声】でお聞きになる方はこちらかどうぞ

 ↓↓↓

(通常)9分38秒

(1.5倍速)6分26秒

※クリックすると音声が流れます。

===================================

僕としては治療家さんの

想いもよくわかるけど

新規集客における現実を見ると

上手くいかないことが多いです。

そ・れ・は・・・・

========================

自分が施術したい患者さん

集客しやすい患者さん

(経営上優先すべき患者さん)

は、かなり違う部分が

あるということ。

=======================

たとえば、

昔僕がコンサルさせていただいた

治療院さんは、

“自律神経系”の治療を

得意としていらっしゃいました。

先生としては自律神経系の

患者さんは長く通ってくれますし、

自分もよりやりがいを感じます。

ただ、その地域属性として

自律神経系の集客が

なかなか難しい土地柄でした。

その地域は住宅街で年齢層的には

腰痛、肩こりなどの

一般慢性症状を狙った方が

遙かに簡単に集客できました。

そう、治療院経営は

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

地域ビジネスなのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『商圏エリア』というものがあります。

言い換えると、患者さんが

通うことができる距離です。

つまり、商圏に属した集客を

行わないと新規集客や

安定したリピートも難しいです。

先の事例の治療院さんの場合、

先生が自律神経系の疾患で

悩んだことがあるようで、

治療に対して情熱があります。

来院して欲しい患者さんは

「自律神経系」。

でも経営の事を考えると

一般症状に訴求して集客した方が

遙かに簡単に集客できます。

ここで1つ、

新規集客における常識であり

治療家さんが見落としがちな視点を伝えます。

======================================

症状を絞れば絞るほど

集客人数は減り、

獲得単価も上がる

======================================

ということです。

自律神経の疾患を持っている人は

一般慢性症状(頭痛、肩こり、腰痛など)

に比べると相対的に数が少ない。

その数が少ない患者層を

集客しようとすると、

一般症状に比べて難しく

コストもかかるということです。

実際、腰痛肩こりなどの一般症状の

獲得単価の目安は3000円以上

自律神経系の疾患の獲得単価は

6000円以上だと考えています。

集められる数も違いますね。

だから治療院経営者はここを

理解して院のコンセプトや

施術の提供スタイルを決めるべきです。

不妊の患者さんを集めたい先生も

同じですね。

単純に腰痛肩こりに悩む方よりも

不妊に悩む方はかなり少ない。

しかも、治療院には商圏、

土地柄もあります。

それでも一定数の新規を

獲得すると商圏を広げて

広告範囲を広げる必要があります。

そうすると、また広告費が増えますし、

患者さんの住む地域も離れます。

そうすると物理的に通いづらくなり

リピート率も減っていきますね。

チラシの例で考えてみましょう。

1枚(2.5円)新聞折り込み料(3.3円)

1枚の配布コストが5.8円とします。

自分でチラシポスティングしたら

1枚2.5円のみで配布可能ですね。

【一般症状】の患者さんは

1000枚に1人の確率で来院します。

獲得単価は1名につき5800円です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【自律神経系】の患者さんは

そもそも数が少ないので、

3000枚に1人の確率です。

獲得単価は17400円です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【ダイエット】希望者は

4000枚に1人の確率です。

獲得単価は23200円です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【不妊】患者さんは

5000枚に1人の確率です。

獲得単価は29000円です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※上記の例はイメージです※

さらに一定人数を集めようとすると

エリアを広く配布しなければ

経営に必要な数が集まりません。

また、商圏を広く取れば取るほど

リピート率も下がりやすいです。

物理的に通いづらいからです。

チラシの場合はそのクオリティ

値段、タイミング、紙質、

ホームページとの連動要素も

ありますがこんなイメージです。

どんなに腕のいい治療家さんでも

東京に治療院があれば

北海道から患者さんを呼び

リピートしてもらうのは至難の業です。

何かに特化すればいい!

なんて安易な啓蒙を行っている

コンサルタントさんもいるみたいですが

地域ビジネスなので、

その地域特性を生かして、

ある程度、

集客ターゲットを合わせていきましょう。

経営が安定して、軌道に乗ってから

徐々に自分が得意なスタイルに

移行していってもいいですね。

まとめ

自分が施術したい患者さんと

経営的に優先する患者さんを

区別して考えること

治療院は地域ビジネス、

その地域にあった患者さんを

集客した方が経営が楽。

もし、心当たりがあれば

自分の商圏、得意分野、

集客方法を見直してくださいね。

ではでは、、

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック