語られない真実


こんにちは、工藤です。



本日は治療院経営で成功するための
隠された真実をお伝えします。



一般的には語られない、
でも真実であり、成功された治療家は
みなさん頷き、同意します。



しかし、うまくいかない治療家さんは
この真実から無意識に逃げ、
新しい裏技を探そうとします。



そして、真実から目を背け
本質を外し結局はうまくいかない
そんな状態の逃げ腰治療家さんが
多いので語られない真実を伝えます。



その真実とは何か?




量稽古をこなすこと

↑ ↓

人よりも長く働くこと





だと思います。



この真実を語る上で1つ
面白いエピソードをお伝えします。



とある、、異業種交流会の話。


ひとり鍼灸院の院長さんと出会いました。



名刺交換してもクドケンの
工藤謙治だと気が付きません。



鍼灸師の先生はインターネットを
あまりやらないのでただの
ホームページ業者だと思っている様子。



僕は治療院業界には
全くの無知を装ってこの先生に
いろいろ聞いてやろうと思い、
異業種交流会らしい会話を始めます。



工藤の心の声

(よし、無知なふりして聞いてみよう)

工藤のセリフ

「鍼灸の先生なんですね、すごいですね。
 鍼灸って行ったことないですが
 やはりすごく利益がでるんですか?」


鍼灸師

「いやーどうだろうか。昔はよかったよ」

「最近は患者さんが来なくて、
 昔からの患者さんとその紹介がちらほら」

「いろいろがんばっているんだけど、
 結構ぎりぎりの状態だと思うよ」



工藤の心の声

(外見にその雰囲気が溢れている)
(服もヨレヨレ、姿勢も悪い、生気がない)
(たぶん、繁盛してないだろうなぁ)

工藤のセリフ

「でも鍼灸って利益率がいいですし
 患者さんに感謝されて、やりがいがあって
 とてもいい仕事じゃないんですか」


「新規集客も紹介とか、広告とかだせば
 たくさん集まるイメージです」


「なにか集客の施策とかやっているんですか」



鍼灸師

「いや、工藤さんはわからないと思うけど
 最近は整骨院や整体院も増えて
 患者さんが減っているんだよ」

「それに忙しくてそんな集客とか
 やっている時間もお金もないんだよ」

「どうすればいいかな、、
 本とかは読むし、やっているんだけどね」


工藤の心の声

(患者さん少ないって言ったばかりですよね)
(患者さん来ない間なにやってんだろ?)


工藤のセリフ


「忙しいんですね、でもなんかやらないと
 うまくいかない気もしますけどね」


鍼灸師

「結婚もして子供もいるから
 もっと売り上げは欲しいんだけどね。」

「院をあけている時間も長いし
 家にも帰らないといけないし、
 休みの日もなんやかんやで
 時間がとれないんだよね」

「鍼灸の勉強会なんかも結構参加するし
 時間が意外ととれないだよ。」


工藤の心の声

(でましたー、言い訳。この先生難しいわ)
(これ以上言ってもどうせ何もやらないから
 流して他の人と名刺交換しましょう)


工藤のセリフ


「そーなんですか、大変ですね」

「鍼灸師も大変なんですね、
 ご家族との時間も鍼灸の勉強も
 とても大事ですからね」

「やはり、技術職なので鍼灸の技術が
 良ければ繁盛しますからね」

「技術があれば集客などは
 本来必要ないものですからね」

「是非、先生の鍼治療を
 もっと多くの患者さんに提供して
 頑張ってください。」

「僕も腰が痛くなったら一度
 お邪魔させていただきますね」



鍼灸師

「もうちょっと腕磨いて
 家族のためにもがんばらないと」

「ではまた機会があれば
 治療にきてくださいね。」



===



以上このやり取りわかりますか?


こちらの鍼灸師の先生はこの先
経営が改善していくでしょうか?



ここに真実が隠されています。




何の分野でもいいのですが
成功するにはまず量稽古が
とても重要になります。


言い換えると

圧倒的な時間投下

です。


僕の周りにはたくさんの成功した
治療家さんが溢れています。


成功までの道のりを深く聞くと
やはり誰しもこの猛烈な量稽古を
こなしているのです。



本気で考え、患者さんが来なれば
空き時間勉強し、土日もセミナー
夜も誰よりも勉強していました。



ある成功哲学の本を読んだときに
こんなことが書かれていました。



成功したければ石の上にも三年。


1つのジャンルを正しいベクトルで
1日16時間は勉強、実践し、
初めて結果出るのが現実なのです。



1日16時間、、、



確かに僕も昔はこれ以上学び
働き、すべてを仕事に費やしました。



ただ長く働けばいいわけではないです。


成果の出る正しい方向性に
対して1日16時間土日関係なく
ひたすら打ち込み量稽古をこなす。



これが成功するための真実だと
僕個人も共感しています。



16時間というのはあくまで目安ですが
朝起きて、寝るまで、ずっと1つのことを
学び、できれば実践して、経験を積む。


この繰り返しが質を産み、
徐々に成功サイクルに入っていきます。



こういった成功論を語っていると
正しいノウハウ、方向性ってなに?
とたまに聞かれます。



それはすでに答えが出ているし、
すでに答えであることも
全員が知っているはずです。



でも、それを認めずに楽な
逃げ道を探して現実から
目を背けているだけです。



✅うまくいっている治療院に行って
 自分との違いを客観的に見つめ
 その「差」をうめていく


✅DVD教材やセミナーに参加し、
 その内容を実践し、腑に落とし
 自分の治療院に当てはめていく


✅コンサルタントを雇い、
 細かなフィードバックを受ける




などなど当たり前のことばかりです。


裏技などは存在しません。


愚直にこれをやり続けるしか
成功への道のりはありません。



ただこれを自分の状態を把握し
優先順位をつけて、毎日毎日
16時間は学び実践していく。



ただこれだけでも大きく前進します。



最初はうまくいきません、
時間だけがただ過ぎていく
日もあることでしょう。


でもこれは真実です。





量稽古を積む

↓ ↑

圧倒的時間を費やす






成功した治療家はあまり
語りませんが必ずこういった
時代があったのです。



楽して成功した治療家なんて
いないことを知るべきです。



根性論に見える部分もありますが
ここから目を背け、目新しい
楽な方法ばかり探し



家族が、、技術が、、睡眠時間が、、
と言い訳をしていると
ずっとうまくいきません。



先日、クドケン主催の経営塾に
入塾された先生も半年前から
僕のメルマガをすべて何度も読み、
DVDもすべて暗記するくらい見て、
1日4時間睡眠、休みなしで努力し
開業された先生がいます。



開業前にお話しさせていただきましたが

『この先生はたぶん成功するな』


と感じていました。



結果はどうでしょうか。





1か月目(8月16日)
までの売り上げ
211万4718円


2か月目(9月16日まで)
の売り上げ 
129万8644円


3か月目(10月16日まで)
の売り上げ 
181万9122円





だそうです。



こちらの先生は本当に頑張っていました。
活力も漲っていました。


成功したいという強い強い
思いが感じ取れました。



1日16時間の一生懸命(努力)と
「一所賢明」(1ジャンルに賢く)
費やすことは成功の必須条件だと考えます。



治療院業界だけではありません。


どんな業界であれ、成功者が
あまり口に出しませんが、
同じこと言っています。



もし現状うまくいっていないならば
量稽古とベクトルを見直してみてください。



成功ベクトルとは

大きさだけでなく、向きももった量
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を指します。



是非、ベクトルの方向性と
その大きさ・量は足りているのか
考えてみてください。



今日の格言

151109_kudo_kakugen

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック