“突き抜ける”ためにもっとも重要なもの


こんにちは、工藤です。


先日、株式会社クドケンを含む
グループ会社の
ホールディングス化を行いました。



様々な業界の社長・友人から
メッセージを頂いたのですが、



その時の僕の回答が



“どんどん伸びていく治療院”



“成長しないorしぼむ治療院”


の経営感覚にも当てはまるので
本日はここを解説します。





治療家さんにはここを無視した
職人気質の方が多いので、
新しい価値に気がつけるかと思います。



では、本題です。



冒頭でお伝えした通り、
先日クドケングループの
ホールディングス化を行いました。



すると、
年商数千万規模の会社の社長から
10億以上の会社の社長まで



多くの友人から
次のような質問を頂いたのです。



「 なぜ、そんなに早く会社が
  自立的に成長していくのか? 」





今では社員が110人を超え
年商も来年は25億円を見据えています。




8年前、、



僕が株式会社クドケンを
設立したときには
もっと稼いでいる会社や
優秀な経営者がたくさんいました。



でも、今はクドケングループが
それなりに優秀な結果を
残し続け自立的に拡大しています。



中には経営の本質を
全く見ずに消えていった
起業家もたくさんいます(笑)



なぜ、安定してスタッフや
ビジネスが自立的に
成長していくのでしょうか。



ちなみに今現在では、


僕がいなくても各社代表、
マネージャーだけでも
売上を下げずにある程度の
成長は続けていける状態です。


この状態を実現するには
本当に様々な要素が必要に
なると思います。


今回は、その中でも
僕が一番意識していることを
先生にお伝えします。



それは、


「自分の時間の価値の最大化」


です。


仲間の社長への回答にも
僕はこのように答えました。


自分の時間に対する費用対効果を
常に常に最大化することを
いつもいつも意識してきました。



伸びる会社経営において
いちばん重要なものは、


『社長のリーダーシップ』と


『時間』です。



『社長の時間』が重要なのです。




社長の時間の
最適化と価値の最大化を
徹底的に考えていきます。


※ここでいう社長は
 治療院でいう院長さんですよ。


では、社長の時間を
最適化するにはどうすれば良いのか?


まずは、そのステージごとに
やるべき社長の仕事を考え、
重要なことだけ優先して行うこと。


そして自分じゃなくてもできることは
すべて他の人・システムに委託していくこと。


そして、社長が常に
健康でモチベーション高く、
エネルギー高く仕事できる状態を
徹底的に追求するのです。




ひと言で表現すると、

“自己管理を徹底する”

ということです。



実際、
僕は8年前に起業した時から
毎日ずっと朝5時に起きています。



そこからスタバに行き、
ジムに通ってから仕事をこなす
ルーティンを今でも続けています。



スタバ後のジムでは
成長ホルモンを分泌させるために
筋力トレーニングで追い込み
20分以上の有酸素運動を行います。


心拍数も上がり
幸せホルモンも分泌されるので
1日の生産性があがります。



これがあたりまえの日課であり、
一番生産性が高い生活だと思います。



土日も基本的には朝5時に起きます。



遅くまで飲み歩いたり、
朝まで遊ぶ事はありません。



終電までにはほぼ帰宅し
翌日のエネルギー管理を
しっかり行っています。


集中力が切れたら
ジムの運動で回復させ
また仕事に戻ります。



テレビも僕の人生の
邪魔なので基本見ません。


テレビ、スマホゲームも
全く興味ないです。


とにかく人生の目的である
仕事と自分個人の成功に
フォーカスして集中します。




あらゆる手段を使って
生産性の高い時間を生み出し、


経営者の仕事である

『社長しかできない仕事』
『考える仕事』

に当てていきます。


モチベーション管理のために
毎日自分の人生目的を考えたり、


ほしいもの、やってみたいこと
行ってみたい旅行先や経験など


自分の明るい未来を
イメージして脳に刷り込み、
仕事と私生活の両面の成功を考えます。


食事にもとことん気を使い
自分の生産性を高める工夫を
本気の本気でしています。


僕は会社を大きくし
成功することに対して
口だけじゃなくて

『本気の本気の本気』

なのです。


だから最高の資産である
僕の時間の『量』と『質』を意識し
価値の高い『適切な』仕事に
集中し続けています。


何の生産性もない
くだらない飲み会にも参加しません。


そんな体力があれば仕事します。


とにかく会社(治療院)の
一番の資源は社長(院長)の
『時間』なのです。



そして、その質の高い時間を
そのとき必要であり、
自分にしかできない仕事に
集中して投資していきます。


僕の移動は基本タクシーです。


それは、歩くのが嫌いだから
ではありません。


時間がお金よりも大事なので
家をでたらすぐにタクシーに乗り
本を読む OR パソコンを開きます。



新幹線も自由席は乗りません。
狭いからではありません。


時間効率が下がるからです。


自由席の場合、周囲がうるさく
場所取りにも意識を取られ、
仕事効率が落ちます。


グリーン車は先立って予約でき
ぎりぎりに乗車できますし、
なにより快適に仕事ができます。

お金よりも時間効率を
常に優先します。


僕は一人暮らしですが
週に1回掃除代行サービスを使って
掃除の時間と快適性を買います。


そこでできた時間で
仕事をします。


何度も言いますが、
経営においてもっとも重要なのは
経営者の

『時間の有効性』

だからです。



経済面においても利益は
自分が遊び呆けるためでなく

しっかりと広告費、
品質向上、人材採用、育成と
必要な部分に着実に先行投資します。


うまくいかない経営者は
必要な部分に大胆な投資が
できず、保身に入ります。


または、
ちょっと儲かったら
すぐに自分のためにお金を
使ってしまったりします。


遊びにお金を使うにも
経営者の意識と時間を
使ってしまいます。


経営効率から見たら
お金も時間も体力も無駄です。


息抜きが必要ならば
本気で最大化を考えて
息抜きにも時間を投資です。


いかに費用対効果よく
息抜きを行うか考えるのです。


こういう話をすると

「なんのために仕事しているのか
 わからない、息抜きがほしい」

「せっかく自分で稼いだお金を
 使わないともったいない」

という意見も頂きます。


それは仕事に対して
その程度なのです。


僕から言わせたら
その程度なのです。




なぜ、自分が経営しているのか?


何のために自分は
この仕事を初めたのか?


なぜ経営を拡大したいのか?




この想いを土台とした

徹底的な時間管理と生産性の追求
そして、時間とお金の先行投資



ここをいかに本気の本気で
継続できるのか?


この差が僕とその他大勢の
伸び悩む経営者の違いだと思います。


治療院経営も全く同じで、
院長の想い、ヴィジョンを明確にし、

本気の本気で『質』にこだわった
『時間』を思い切って『投資』
し続けることで差が生まれます。



今でこそ、
僕の周囲の成功された
治療家さんには余裕がありますが、

昔は一心不乱に
治療家として腕を磨き
経営に投資してきた先生が多いです。


余裕シャクシャクで
気がついたら成功していた!

…なんて先生に
出会ったことはありません。


伸びる経営者には理由がある


伸びる治療院にも理由がある


結局、すべては
人間がやることなので





「夢・目的」の明確さと強さ(本気度)

「徹底した自己管理からくる時間意識」



この2つに
たどり着くと考えています。


是非、

✅なぜ治療家になったのか

✅どういう治療院経営をしたいのか

✅将来どんな目標を達成したいのか


ここに常に立ち返り、
途切れない情熱を元に
自分の生産性を極限まで高め、

“本気の本気”
治療院経営をしてください。


最高の生活パターンと
思考パターンを習慣化できれば
あとは何事も時間の問題だと思います。


僕もまだまだ偉そうなことを
言えるレベルではありませんので、
明日も5時に起きて、

「健康・体力」「モチベーション」

を最大化し、もっともっと成長して
働くスタッフさん、全国の治療家さんに
貢献できるように頑張ります。


これからも良いメルマガになるように
独自の視点からお届けできるよう
張り切ってまいります。


本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。





今日の格言


20160801_kakugen

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック