現金がいらない治療院


こんにちは、
工藤です。


今日はいつもと
ちょっと変わった視点で・・・


施術代の支払い方法である
“決済”についてお伝えします。


実は、治療院にも
決済革命の波は
確実に来ています。


最近では
クレジットカードも普及し、

『高額パッケージ分割払い』や
『継続課金』などを導入している
治療院も徐々に増えてきました。


本日は、その先の話です。


クレジットカードから
電子マネー、ポイント決済の
未来をお伝えします。

といっても
3年~5年後の未来なので
そこまで遠いお話ではないでしょう。


治療院だけではなく、
すべての先進国での決済が
確実に変化している事実に、

治療院がどう対応するのか?
とそんな内容です。

ここをしっかりと掴んでおくと
患者さんも治療院も得をする
WIN-WINな未来を
手に入れられるでしょう。


ではまず、
結論から言うと・・・


今後決済は多様化し

現金を使う機会は

どんどん減っていきます。



最近では現金で払うこと
そのものが倦厭されるようになり、
カード払い、電子マネー払いが
求められる時代になりました。


治療院もこの流れに
徐々に対応していったほうが、
売上を上げやすくなります。


そのためまずは、
クレジットカード導入の
メリット・デメリットを
まとめさせていただきます。


先生は、
現金とクレカを使うときに
どんな気持ちの違いを
感じていますか?


クレジットカード派もいれば
現金しか使わない先生も
いらっしゃると思います。


美容室、飲食店、ショッピング
様々なシーンでお金を
支払っていますね。


そのときにお金を払うときの
気持ちがクレカと現金では
違ってくるのです。


患者さんから見た
クレカ決済のメリットは・・・




【クレカ決済のメリット】


✅現金のやり取りがないので
 小銭やお札の計算、授受が楽



✅現金が足りない、
 手持ちがなかったとしても
 購入することができる


✅支払いを引き落としまで
 先延ばしすることができる


✅カードポイントが貯まる


✅記録を確認しやすい


✅手数料もかからない



以上が患者さんから見た時の
クレカ決済のメリットです。




逆にデメリットは・・・



【クレカ決済のデメリット】


✅お金を支払う感覚が薄く
 ついつい使いすぎてしまう


✅規定限度額までしか使えない


✅分割・リボ払いは利率が
 上乗せされてしまう






といった特徴があります。


これらは、
クレジットカードを使うときの
メリット・デメリットです。


では、治療院側から見たときの
クレジットカードのメリットと
デメリットは何になるでしょうか?




治療院側の視点でのメリットは・・・


【治療院にとってのメリット】


✅現金払いよりも財布の紐が
 ゆるくなりやすい



✅手持ちがなくても回数券や
 プリペイト、高額プランを
 その場でお申し込みいただける。


✅あとから患者さんの以降で
 分割払いに変更できる





というものです。


その一方で
デメリットは・・・



【治療院にとってのデメリット】


✅カード会社に2.5%~5%程度の
 手数料を院側・店舗側が支払うことになる。


✅カード決済会社によっては
 毎月の基本利用料がかかってしまう。


✅カード会社からの入金が翌月末など
 入金までのタイムラグがあること。



になります。


しかし、患者さん側から見ると
大きなデメリットはありません。


クレジットカード払いは
現金での支払いよりも
支払い時の心理的負担が
間違いなく軽減されるのです。


最近は、国際化の波もあって
クレジットカード決済対応の
お店がますます増えていますね。


今後はさらに決済が現金から多様化し、
クレジットカード、ポイント決済、
電子マネーが普及して
治療院にもやがてその波は来ます。


ちなみに、クドケン店舗でも
クレジットカードは大活躍していて、
手数料は4.8%~5%の
契約端末を使っています。


手数料を支払っても
十分に見返りがあると
考えて積極的にカード払いを
おすすめしています。


例えば・・・


初回来院時に
治療計画を提案した後、
3~6回の通院を提案する
ケースが多くなり、

複数回使えるプリペイトカードを
おすすめしております。


その際は、
やはり数万円するので
手持ちがなかったり、
後々の分割対応提案の効果もあって

クレジットカードでの
支払いが8割を超えます。


やはり、患者さんは3万円を
超える値段になってくると
現金での手持ちがないのです。


そのため、
クレカでの決済が
多くなってしまいます。


また、あとから患者さん自身で
リボ払いや分割支払いに変更すれば
実質の分割払いになるので
支払いの負担も軽減されます。


そして、プリカを購入した
患者さんは通常の都度現金払いより
お得に通えます。


次回以降は財布からお金を
出すことがないので、

2回目以降の来院率があがる上、
期間をつめて通いやすくなるため
カラダも早く元気になっていきます。


クドケン店舗ではプリカと
クレジットカード決済提案が
入金遅れや手数料負担よりも
大きなメリットをもたらしています。




回数券またはプリペイドカード
 ※高額コースの提案

 ×

クレジットカード決済
(リボ・分割・手持ち金対策)
(支払い心理抵抗の軽減効果)




はコースと値段設定によりますが
患者様にも治療院にも
大きなメリットを与えます。


また、、、


クレカの毎月決済機能があれば
継続予防メンテナンスコースなども
患者さんにしっかり説明できれば
行うことが容易になります。


毎回施術料を財布から出すより
自動的にクレジットカードに
課金されたほうが心理負担も軽減し
支払う手間もなくなります。


患者さんも自分のペースで
支払えますし、カードの
ポイントも溜まっていきます。


患者さんは溜まったポイントを
カード請求額と相殺したり、
別の商品やサービスと交換でき
現金と同じように使えます。


僕は個人では
『漢方スタイルクラブカード』を
使っていて、利用額の1.5%を
総請求額から差し引いてくれます。


最近では様々な特性をもつ
クレジットカードが登場し
利用者に様々な特典があります。


時代は国際化と
キャッシュレスに
確実に動いています。


治療院もクレジットカード
電子マネー、ポイント決済など
これから徐々に多様な決済を
求められることになるでしょう。


是非、先生の治療院でも
様々なコース設定、料金設定
決済方法を準備して


患者さんと治療院が総合勝利
WIN-WINになれるような
支払い方法を提案しましょう。

クレジットカード導入は
デメリットよりも、確実に
メリットの方が上回ります。


是非、これから検討する先生は
導入を考えてみてはいかがでしょうか。



余談ですが、、、


東京のゲームセンターは
スイカやnanaco決済、
edyなどでゲームができます。


僕はクレーンゲームなど、
現金支払いだと景品が欲しくても
止め時がわかるのですが、


電子マネー支払いだと
残高なくなるまでスイスイと
使ってしまいます。


クレカ、電子マネー、ポイント、
使わせる側も、使う側も
節度が重要だと思います。


本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。






今日の格言


20160801_kakugen

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック