猿マネと効率


こんにちは、
クドケンの工藤です。


4月に入りましたね。


暖かくなり患者さんも
外に出掛けやすい季節になりました。

本日のテーマ 『営効率を俯瞰してみる』


ひとりっきりの先生や、
職人気質な先生は、
経営を俯瞰できずに
効率が悪い経営をします。



経営効率という言葉だけ聞くと
ドライな対応で、患者さんを
ないがしろにして数字だけを
見ていくような印象がありますね。



治療家さんに経営効率を上げろ!
というと多くの治療家さんは
イヤな顔をされます(笑)



でもあえて言いますね。




======
経営の数字を追うこと、
効率を上げること
======



======
患者さんをないがしろにすること、
施術のレベルを下げること
======


は完全なる別物








経営効率をあげる方法






1,猿マネで乗りきれるところは
  徹底的にマネして楽する。


2,費用対効果の良い、
  伸びしろの多い得意ジャンルに
  時間と意識を集中する





まずはこの2つを意識して
頂きたいです。



マネ と 費用対効果




治療院経営の経営資源は
なんだったでしょうか。



復習になりますよ。



それは先生の時間です。




時間はどうやってもひとりに
24時間しかありません。



つまり限りある資源(時間)を
効率的に費用対効果のよいものに
投資することで




適切なリターン(成果・売上)を
構築することができます。



逆に効率の悪いものに投資すると

リターン(成果・売上)が少なく、
結果閉院してしまいます。



だからマネできるところは
マネして時間を節約し、
その分、先生にしかできないことを
集中してやってください。



✅猿マネでも結果がでること

✅無駄な苦労をしなくてもいいこと

✅先生に利益がないこと



は先生の時間と意識を割くには
費用対効果があまりよくありません。


✅ホームページ(WEB)集客
✅チラシ制作・配布
✅通りがかり集客


などの集客関連や問診、
カウンセリング時のトークなどは
比較的猿マネで結果がでます。



だから、極力正しいものを取り入れ
そのままマネすれば
それだけである程度の結果がでます。



ホームページ会社に委託したり
コンサルタントにやってもらえば
解決することです。



逆に費用対効果がよいところは
先生にしかできないこと



✅施術クオリティを上げること
(技術の修練・上達)


✅本質的な人間性の向上
(自己概念、セルフイメージ)


✅スタッフ教育
(スタッフは院長の鏡です)





に集中する必要があります。




わかりやすい事例があります。


クドケン主催で行っている
月商50万円以下の治療院を
立て直し成長させる塾があります。


『勝ち組治療家養成 個別指導塾』
という半年間のセミナーと訪問を
行う塾です。



ここの塾生は3ヶ月もすると
売上を2倍3倍にする人が
続出していきます。



猿マネで充分なところは
クドケンで実証されたノウハウを
そのままマネして頂くので、
すぐに結果に現れます。



集客、問診、カウンセリングを
ほぼテンプレートの猿マネで
習得し実践してもらいます。



でも、ここからすぐに
頭打ちになる治療院が多いです。



ここがポイント




✅施術技術の向上は一夜にしては
 なかなか難しいですね。


✅本質的な人間性の向上も
 一夜にしての成長は無理です。


✅スタッフ教育も院長の
 成長なくしてはできません。



中でも人間性の向上は
なかなか気が付かないものです。



自分が世間一般から見て
変わっている、ズレてるというのは
なかなか気がつけないことです。



大人になってからの人間性の向上は
かなりの意識と時間がかかります。



しかし、成功されている治療家は
ほとんどの場合人間性にも
優れている方が多いのです。



ひとり先生の中には独特の
個性のまま成功している先生も
存在しています。



しかし、




治療家としての成功



豊かな人間性




という現実があるのは確かです。



そして、本質的な人間性の向上は
その先生からにじみ出る

✅雰囲気や感じの良さ
✅先生としての信頼感

に直結しすべてに派生します。



スタッフの成長もほとんど
院長の人間性にかかっています。



多くの先生は技術さえ良ければ
繁盛すると思っていますが
実際はかなり違うのです。



長期的に安定して成長するには




1,猿マネで乗りきれるところは
  徹底的にマネして楽する。


2,費用対効果の良い、
  伸びしろの多い得意ジャンルに
  時間と意識を集中する





この2つが必要です。



まず、猿マネで乗りきれるところは

すぐに堂々とマネして乗り切る





そして、先生にしかできない部分、
長期的な繁栄に必要なものに
時間と意識を投下し続ける。






この循環が安定成長する
治療院経営を作り出します。



先生の治療院ですぐに
マネすることで解決できる
問題はありませんか?



その問題を無理に自分の力で
なんとかしようとしていませんか?



猿マネでいいものはマネでいいのです。



それよりも重要な、
先生にしかできないことに
時間と意識を割いていくべきです。



✅先生が今取り組んでいる仕事は
 経営効率がよいことですか?


✅他に依頼することで解決できる
 問題ではないですか?


✅自分にしかできない仕事って
 どんなことがありますか?



経営効率という視点で
一度見なおしてみるといいですよ。



今やるべきことに時間とお金を
集中すれば、結果は思いのほか
早く現れますよ。


本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました。


本日の格言

20160403_kakugen

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック