治療院でも勝つために最も最も”重要な時間”とはこれです!


こんにちは、クドケンの工藤です。


本日は治療院経営、さらには
人生設計で圧倒的に勝つ方法、
最高の形を築くための
戦略についてお話しします。


うまくいっていない
治療家さんと会話をしていると
決定的に足りないものがあります。


それは、
“ある時間の確保”です。


この時間の確保、
うまくいっている治療家さんは
無意識にやっていることが多いです。


この時間を
しっかりと確保すると
圧倒的に勝率が上がり、
最短で最高の状態に近づきます。


ではこれは、いったい
何の時間だと思いますか…?


手技の練習時間でしょうか?

チラシを書いている
時間でしょうか?

それとも、
患者さんの顧客分析でしょうか?


多くのうまく行っていない人が
この『最も重要な時間』を
意図的に確保していません。


その時間の正体とは、、、


プランニングの時間


です。


日本語で言うと計画を立てる時間


です。


計画を立てる時間を
計画的に確保して密度をあげる。


実は、
ここが一番重要です。


人生は時間でできています。


そして、
治療院経営も時間でできています。


単純なことですが
あまりそうった視点で
考えている人はいません。


時間とは
誰もが平等にもっている
最高のリソース(資源)です。


==============
時間を何に使うのか、
どういった密度でこなすのか?
==============

で、実は全てが決まっています。


よくよく考えると当たり前です。


・1日の時間の使い方

・1週間の時間の使い方

・1ヶ月の時間の使い方


これらをプランニングする。


時間の使い方を計画することです。


上手くいかない治療家さんは
プランニングの時間について
全く意識がありません。


とにかく毎日毎日
ルーティンワークをこなし、
目の前にある課題、仕事、生活を
こなして毎日を終えています。


おすすめは
毎日朝10分~20分
しっかりとした時間を確保し、

ーーーーーーーーーー
・当日の時間配分

・1週間の時間配分

・1ヶ月の時間配分

・さらには1年単位
ーーーーーーーーーー

を戦略的に考えます。


ではどうすれば
効果的なプランニングの時間を
作ることができるのか?


これには4つのポイントがあるので
それぞれ見ていきましょう。



===============
■1,
ルーティンワークとして
同じ場所、同じ時間に行う
===============


僕は毎朝、
喫茶店か漫画喫茶に行って
プランニング、仕事をしていますが

これは完全に
ルーティン・習慣です。


ほぼ同じ場所で同じ時間に
意図的に『時間』を作っています。



================
■2,
スケジュール手帳を準備する
(グーグルカレンダーなどでも可)
================


時間配分を決めるので、

パソコンや手帳など
時間配分を記入できるものを
必ずそばにおいてから
時間を取るようにしましょう。



================
■3,
時間配分の時間は
他の仕事・作業をしないで集中。
================


実はイチバン大事な時間なので、
集中力もここでイチバン使うことで
費用対効果が最大化します。


プランニングの時間は
しっかりと集中してください。


他の作業はせずに、
どのように時間配分をすれば
効率的か考えましょう。


LINEをしながらとかは
だめですよ。


ただし
予定を確認するためのメールや
LINE、電話は可です。



================
☆4,
目的・目標に向かって
大事なものを確認する。
================


ここが一番大事です。


本当に重要なので
☆マークをつけておきました。


どこに向かって、
どういった状態を目指して
ゴール設定をするのかが大事です。


ベクトルという言葉は
聞いたことがあるでしょうか?


中学校の数学に登場する言葉で、
方向性と量(長さ)を併せ持つ
指標のことです。


このベクトルが
理想とするゴール地点から
仮に『1°』ズレた状態で

100メートルを
走ったらどうでしょうか。


ズレはたった1°です。


たどり着く結果は
理想とかなり離れているでしょう。


では、『1°』ズレた状態で
1キロ走ったらゴールとの距離は
どうなっているでしょうか…?


もっとゴールから
離れてしまいますよね。


この100メートル・1キロは
治療院経営においては日数です。


正しいゴール向かって、
方向性(角度)をピッタリ合わせる。


ベクトルの向きを合わせ、
最短距離で最高効率で進むために
このプランニングが必要なのです。


===============
■STEP1

ーまずは正しくゴールを設定する。


■STEP2

ー日々のプラニングでベクトルの量と
方向性にズレがないか確認する。


■STEP3

ー黙々と作った時間割をこなす。


■STEP4

ー自然とやり甲斐を感じつつも成功する。

===============


これだけです。


注意しなければいけないのは
ゴール設定です。


自分が理想とする治療院経営像を
明確にし、自分のモチベーションが
自然と湧き上がるゴールです。


ここは人ぞれぞれ違います。


・まだ開業まもなくて
 月商50万円という先生…

・一人月商300万円の先生…

・分院展開で10治療院を
 オーナーとして所有する先生…

・手技の日本一を目指す先生…


など、ゴール設定はいろいろです。


人に見せるものではないので
自分の『本音』で決めてください。


そして、そのゴールに向かって
優先すべきものの時間を
しっかりと意図的に割くことです。



結果は行動からしか生まれません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

行動とは時間をかけることです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だからプランニングなのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


タイムマネジメント(プランニング)
の概念で時間管理マトリックス
という有名な図があります。

(※メールの一番下に
  参考URLを貼っておきます)


文字にすると、
以下の4つに分類して
優先度を管理するというモノです。


===============
■第一象限
「必須:緊急性も重要性も高い」

ーーーーーーーーーーーー
■第二象限
「価値:緊急性は低いが重要性は高い」

ーーーーーーーーーーーー
■第三象限
「錯覚:緊急性は高いが重要性は低い」

ーーーーーーーーーーーー
■第四象限
「無駄:緊急性も重要性も低い」

===============


ゴールを真剣に考えたら、

自分の行動や作業、仕事を
この4つに分類して優先順位が
高いものから時間を埋めていきます。


注意しないといけないのは
この優先順位の順番です。


◎第1象限→第2象限→第3象限→第4象限

×第1象限→第3象限→第2象限→第4象限


なのです。


ポイントは、第3象限の
『緊急 且つ ”重要ではない”』
よりも、


第2象限の
『緊急ではない 且つ ”重要である”』
を優先してプランニングすることです。


目先の緊急性の高い
雑務にとらわれず、

重要なことを重要として
優先することがポイントなのです。


治療家さんの場合、
施術しているときは仕事であり
志事なので集中してください。


でも、予約の空き時間や
開院前・閉院後の時間、自宅の時間、
移動の時間はプランニングによって
大幅に生産性があがります。


これは本当の話なのですが、、、


昔、治療院経営よりも
『婚活』を優先すると決断した
先生がいらっしゃいました。


親御さんがもうそれなりのお年で、
あと何年生きるかわからないので
結婚して孫を見せてあげたい!と
うすうすは思っていのです。


しかし、治療院経営もまだ
満足が行かない状態だったので
どっちつかずで結局婚活の時間を
作っていませんでした。


しかし、本当に優先すべきことを
真剣に考えてもらった結果、

売上そこそこでもいいので
結婚して親に孫の顔を見せることを
明確なゴールに設定しました。


そこからその先生は
優先順位がガラッと変わり、

婚活の時間を
しっかりと優先して確保し
活動されていたそうです。


治療院の営業時間を減らさず
他の時間で使える時間を
全部書き出して、行動に対して
明確な順番をつけたそうです。


結果どうなったか、

「結婚して孫を親に見せること」

がゴール設定され、
だらだら無駄な時間がなくなり
治療院経営にもよりやる気が出て、
充実した毎日を過ごしたそうです。


その後結婚については
どうなったかわかりませんが
これがプランニングの力です。


自分の達成したい未来・ゴールに
最適な時間を割いているので
結果もでるし、やる気も違います。


プランニングは人生において
もっとも重要な時間です。


プランニングする時間を
しっかりプランニングすること。


実はこれは治療院経営のみならず
人生を最高にするために
もっとも必要な時間なのです。


是非、忙しい毎日だからこそ
プランニングの時間を確保し、
ベクトルの向き、量を
もう一度見直してください。

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック