なぜ掃除をすると院が栄えるのか?(実例あり)


こんにちは、工藤です。


本日のテーマは、

“掃除をすると治療院が繁盛する!”

です。


「掃除なんて毎日しているよ!」

「掃除して患者さんが来たら
 苦労しないよ!」



…と思っている先生に
ちょっと掃除をすることで
生まれる売上や経営面での
変化を解説したいと思います。


僕の肌感覚では、
すぐに売上○○%アップ!
というよりは、


じわじわゆっくりと
働く先生、スタッフが変化し
結果として患者さんにも
影響していくイメージですね。


先生も、
“トイレ掃除を自分で
徹底的にする社長は伸びる!”
とか聞いたことはありませんか?


検索エンジンで、、、

・「掃除 売上」
・「掃除 経営」

などで検索すると
掃除と売上・経営との因果関係を
解説した様々なページがヒットします。


時間があれば実際に検索して
読んでみてください。



また、例えば書籍でいうと…


————————
『なぜ「そうじ」をすると
 人生が変わるのか?』
(志賀内 泰弘(著))
————————


だったり、
“環境整備”という切り口で

————————
『会社は「環境整備」で
 9割変わる!』
(矢島 茂人(著))
————————

という書籍や、

————————
『朝一番の掃除で、
 あなたの会社が儲かる!』
(小山 昇(著))
————————


など、
以前から掃除と経営の
因果関係は注目されています。


そして実は先日、
この小山昇さんのセミナーに
僕も参加してきました。


そこで、ある整骨院の
成功事例を聞いたのです。


その整骨院では、
本を読んで徹底的に環境整備に
取り組んだ所、スタッフの
意識と行動がガラリと変わった、、、


そして、患者さんから掃除や
院内環境で褒められるようになり、


結果として、
リピート率がアップし、
クチコミも少しずつ増えている
とお話されていました。


先に結論を言いますが、

掃除をするときのポイントは
“徹底的にやること”です。


徹底的というのは、
自分自身が「やりきった!」
と達成感と気持ちよさを感じ、


掃除された場所を見た
患者さんやスタッフも
綺麗さを実感できるレベルです。



掃除と治療院経営も同じで、
徹底的に掃除すると
経営にも着実に効果があります。


ここで、
ちょっと僕の事例を話しますね。


僕には極真空手をやっていた時期があり
創設者の大山倍達氏を心の師匠と
崇めていた時期があります。


大山倍達先生の本の中に

「トイレ掃除を徹底的に
 するやつは空手も強くなる」

「私も若い頃はトイレ掃除も
 徹底的にやっていたんだよ」

みたいなことが書かれていたので、
それ以来、僕も他人のトイレ掃除を
率先してやるようにしています。



大学生の頃、僕は貧乏で
“家賃2万円トイレ共同風呂なし”
という貧素な貧素なアパートに
5年間住んでいたことがあります。


そこのトイレは共同なんですが
誰も掃除することなく
はっきり言って相当汚かったです。


大家さんが不定期で
たまに掃除をするくらいでした。


僕は、率先して洗剤や
新しいブラシを自腹で購入し
徹底的に掃除しました。


徹底的にやったので、
あんなに汚かったトイレが
ぴっかぴかです。


廊下も1cmは積もるくらいの
ホコリが溜まっていたのを
自腹の掃除用具で誰に
言われなくても掃除し続けました。


するとある時、
大家さんが変化に気づき
その場で「5000円」くれました(笑)


「内田荘始まって以来、
 工藤くんが初めてだよ、
 率先的に掃除する学生は!!」

「工藤くん将来楽しみだね!」

と言ってくれた記憶があります。


その時僕は

(掃除したくらいで
 成功できたら苦労しないよ!)

と内心思っていました。


その後も
大学時代のアルバイト先をはじめ、
キックボクシングの選手時代には
ジムの掃除も徹底的に行いました。


起業する前に働いていた会社でも
誰も掃除しないトイレや
誰も取り替えないトイレのタオルも
自腹で掃除して洗っていました。


もしかしたらですが、
今のクドケングループを作ったのは
この掃除の習慣が一翼を
担っているのかもしれません。



さて、話を戻しますが、、、
自分たちで掃除を徹底的に
することで何が変わるのか?


答えは、
僕は3つあると思います。


■1.

他人が嫌がることを
自分が率先してやる習慣がつく。

結果、他人がやらないこと、
逃げることに挑む姿勢がつく。

ーーーーーーーーーーーーーーー
■2.

徹底的にやることで、
自分の『気付きセンサー』が向上し、

掃除や汚れ以外でも
お客さん(患者さん)や従業員の
気持ちを深く理解できるようになる。

ーーーーーーーーーーーーーーー
■3.

“良いことをしている→評価される”
ことにより自尊心が向上していく





これらの要素が
水面下で動くことで
僕たちの潜在意識が改善され、

習慣が変わり、

行動が変わり、

結果として売上が上がるのです。

とくに治療院の場合、
『気付きセンサー』は重要です。



患者さんのちょっとした
仕草や表情から感情を読み取り、
心配りをしていくこと、

配慮をすることで患者さんは
大きな安心感を手にします。


また、掃除や環境整備を
徹底すると空気が変わります。


患者さんもそれは肌で
感じ取っている部分です。


「なんかここ居心地いい」

「清潔感がありますよね」


など、
特に女性患者さんからは
自然とこんなセリフを
言われるようになります。


大事なのは
そのような掃除習慣と
基準形成をすることです。


短期的、
1回だけのチャレンジは
あまり意味がありません。


自然とそれが当たり前になる
習慣形成が大事になります。



心が変われば、態度が変わる。

態度が変われば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格が変われば、運命が変わる。

運命が変われば、人生が変わる。



まず、掃除に対する『心構え』を
ちょっと変えてみてはいかがですか?


掃除が行き届いている治療院は
挨拶も元気で、スタッフさんが
生き生き働いている治療院が多いと
僕は感じています。


逆に雑然としていて、
よく見ると掃除が行き届いてない
治療院は繁盛していません。



『掃除と売上』



一見すると関係なく見えますが
人としてのあり方、姿勢に
着実に影響を与えています。


是非、ぴっかぴかになるくらい
院内、トイレ、院前、自宅を
大掃除じゃなくても徹底的に
掃除してみてください。


何か自分の感情の中に
変化があるかもしれませんよ。


本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました。




今日の格言


20160801_kakugen

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック