【音声解説】先生が”お金”を貰いながら新規集客しませんか?


こんにちは、
クドケンの工藤です。



先週のメルマガでは名刺戦略を
取り上げさせていただきました。



今回は名刺戦略をさらに強力に
サポートする新規戦略です。



先生がお金を貰いながら集客をします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



本日の音声

「先生が”お金”を貰いながら新規集客しませんか? 」



・通常速度(10分01秒)


・1.5倍速度(6分40秒)

※クリックすると音声が流れます。





通常は広告費を先生側が、
広告主に支払い、集客活動をします。



✅PPC広告


✅看板広告、


✅チラシ広告



基本的に口コミ・紹介以外は
告知すると広告費がかかります。



今日は先生がお金を貰いながら、
ブランドと信用を作り、
新規もやってくる方法
です。



先週のメルマガで、名刺に
コンテンツを掲載することは
他院との差別化をするために



ホームページ同様、
重要だとお伝えしました。



差別化のためにはブランディングが
重要になります。



ブランディングを日本語にすると


良いイメージを持ってもらうため戦略
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


になります。



そのためには実績や肩書などを
一般人(見込み患者さん)にも
わかりやすく伝わるようにする
必要があります。



一般人が、


✅すごいかもしれない!

✅この先生実績ありそう!

✅有名な先生なのかしら!


と予め思ってもらうことが
ブランディングであり差別化です。




では、長くなりましたが
お金をもらいながら集客する方法を
1つ1つ紹介していきます。





1,書籍出版

2,講師・講演活動

3,雑誌出演、テレビ出演




などです。



出版やテレビなどは、
文字面をみると
ハードルが高そうですが、


きちんと手順を追えば
普通の治療家さんでも可能です。



1,書籍出版


自費出版と商業出版があります。


自費出版は自分でお金を出して
本を出しますので誰でも出せます。


通常の出版というのは後者の
商業出版であり、印税をもらえます。


もちろん、誰もが本を出版するならば
印税をもらったほうがありがたいので
商業出版を希望します。


でも商業出版は、出版社が

「これは最低5000は売れる!」

と判断したものしか出せません。



だいたいの最低部数は
5000部だそうです。


必然的に治療家さんが
商業出版するとしたら、


✅健康知識系(食事・ダイエット)

✅セルフケア系(自分症状改善、自分矯正)


になります。



意外とアマゾンなどで検索すると
治療家さんがセルフケア系の
書籍を商業出版されていらっしゃいます。




・腰痛

・肩こり

・冷え性

・歪み

・ヒザ痛






など、先生の治療理論と日頃の
自宅ケアをまとめた内容が多いです。



大きめの本屋さんにいくと、
治療家さんの書籍がありますので
商業出版を考えていらっしゃるならば
1冊購入してみるといいですよ。




そして、商業出版は
大きなブランディングになります。


本を出している先生=すごい先生


となりやすいので、ホームページや
名刺にも記載していきたいですね。



印税は7~10%ですが
印税よりも二次利用掲載のほうが
集客力はあがります。



2,講師・講演活動


先生の持っているセルフケアや
健康知識を人前で話したり、
指導することでお金をもらいます。



「どこで講演・指導するんだよ!?」



と思いますよね。



当然、なんのブランド力もない治療家に
講演依頼などがあるわけありません。



まずは地元密着で、


✅地元地域のカルチャーセンター

✅町内会の集まり

✅小学校などの集まり


など小さな会でいいのです。


治療院近くの地元ですと
そのまま患者さんになるケースも
少なくありません。



まず地元でそういった場が
あるかどうか調べてみてください。



そしてまず自分が一度
参加してみてください。




地元の町名、市名、県名、都市名



カルチャースクール 
カルチャーセンター



などで検索するとヒットします。



こんな感じでいいんだ!という
自信がつきますし、
イメージが湧きます。



そして、ホームページ上で
講師募集しているところもあります。



実際に事務局に
電話して聞いてみることです。



意外とハードルが低いことを
実感いただけると思います。




ここでも書籍などを出していたり
メディアに出ている先生は
ブランドがあるので声がかかりやすく、
話が早いことが多いです。



僅かですが講演料、講師料を
もらえることが多いです。



そして、こちらも二次利用です。




○○カルチャーセンター講師

講演実績:○○団体
     ○○町会





という肩書を使うことができます。


3,雑誌出演、テレビ出演


雑誌もテレビもぶっちゃいいますと
お金を払って出る方法があります。


テレビCMのような形式ではなく
番組コンテンツやコメンテーターとして
出演することが可能です。



が、、これでは
お金を支払っています(笑)



お金をもらうためには、
先方から出演依頼を
もらわなければなりません。



出演依頼をもらうには




・書籍などの出版実績

・各種講演・講師実績

・雑誌へのコラム執筆や出演




が必要です。



いきなり、なにもない治療家に

「雑誌にでませんか?」

「テレビにでませんか?」

などと話はきません。



✅本を出版していて
 たまたま雑誌社の担当の目に留まる


✅他の雑誌に取り上げられていた


✅ホームページに様々な実績があった



など、なにかきっかけがないといけません。



だから順番としては

1,書籍出版

2,講演活動

などの後にやってくる話になります。



たまたま患者さんが編集者の人だった

とか

テレビ番組の関係者だった

とか

親戚がメディア関係者だった



というコネによる出演もありますが、
狙ってできることではないです。



メディア関係者は失敗したくないので、


✅すでに実績がある人

✅他のライバル誌、ライバル番組に
 出演履歴がある人

✅書籍出版などしている人

✅すでに何か知名度のある人


を常に探しています。



雑誌社も、テレビ関係者も
常に視聴者に有益コンテンツを
届けることが仕事なので
治療家も含めて出演者を探し
取材をしたがっているのです。



やはり、有名雑誌への登場も
地上波テレビへの出演も
ブランディングとしては強力です。



わずかながら出演料や執筆料も
いただくことができます。



そしてこちらも二次利用掲載です。



ホームページやチラシで
経歴をアピールしていくのです。





お金を貰いながらブランディング



二次利用掲載
(名刺・ホームページ)



さらなる好条件でブランディング



さらなる二次利用掲載




こういったプラスの循環
起こしていくことで
先生のブランディングは加速します。




一般の人(見込み患者さん)から見ると


✅何もない普通の治療家



✅メディアや有名雑誌に出ている治療家


どっちの治療家の治療院に
いきたくなりますか?



お金を貰いながらのブランディングは
地味ですこし手間もかかりますが、

着実に行動すれば誰でもできます。




書籍出版も講演活動も
やってみるとそこまで
難しくありません。



治療家さんの多くはこういった
ブランディングによる差別化を
行っていないのが実情です。



本日は、お金を貰いながら
集客をするといったテーマで
お話ししましたが、



お金を貰いながらの集客でなくとも、
ブランディングからの差別化は

長期的な新規獲得戦略において
とても重要であり、効果的です。



本日の内容を参考にして頂き、
先生の地域でもできることから
始めてみてはいかがでしょうか。



本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました。


本日の格言

20160215_kakugen

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック