クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 工藤謙治

【音声解説】アマ→プロ治療家に”最短”でなる方法

57 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、工藤です。


本日は、成長という視点で
アマチュアとプロの違いを
解説していきます。


僕が今回お伝えする”プロ”は、
売上に困っていない
状態という意味です。


施術の腕という観点で見た際、
先生は決してアマでは
ありませんよ。

本日のテーマ


『成長におけるプロを目指すこと』


本日の音声はこちら


「アマ→プロ治療家に”最短”でなる方法」

・通常速度(4分50秒)


・1.5倍速度(3分13秒)


※クリックすると音声が流れます。



本日のブログでは、



なぜ、多くの治療家さんは、
経営・集客で汗水流し
手技の勉強も頑張っているのに、
うまくいないのか…




その原因が分かり、
腑に落ちるのではないかと
思います。


セミナーに参加したり
教材を買ったりしているのに、
結果が出ない先生には
目からウロコな内容だと思います。


では、さっそく本題に入ります。


✅草野球とプロ野球
✅草ゴルファーとプロゴルファー


これは先日、成長のプロという
テーマで僕が社内研修を行った時に
話した2つの事例です。


社会人や民間リーグなどで
草野球チームに所属している大人
(主におじさん)がいますね。


彼らは、毎週末練習や試合など、
趣味(0円)で野球に
時間を費やしています。


片や、プロ野球選手は
年俸数百万円~数億円
稼ぐ選手もいます。


当たり前ですが同じ人間で、
小中高と進学し、
草野球プレーヤーになる人、
プロ野球選手になる人がいます。


草野球選手の練習時間や試合時間は
選手の年齢にもよりますが、


プロ野球選手になりたての方の
これまでの練習時間と比べると
あんまり変わらない
という話を聞いたことがあります。


ではなぜ、練習時間が同じなのに
野球の腕・技術に桁違いな
差が生まれるのか?


ちなみに、
野球で例えていますが
ゴルフも同じです。


草ゴルファーのおじさんは
毎週末ゴルフをするため、


ゴルフにかける時間は
プロゴルファーになりたての
選手よりも長いです。


しかし、ゴルフの腕前は
天と地の差があります。


この腕前の差と言うのは
治療院業界の、

いつまで経っても
冴えない経営状態の治療家さんと

短期間でも大繁盛したり、
若くても大成功している
治療家さんの違いと共通しています。


なぜ、費やしている時間は
同じなのにこんなに差が
開いてしまうのか?


それは、

成功に対する熱意や環境が
それぞれ違うからです。


物事の結果は

『成長力=熱意×能力×環境』

『結果=成長力×時間(集中度、時間数)』

このような方程式で
表現することができます。


高い成長力を持ち、
集中した時間を詰め込むことで
卓越した結果が生まれるのです。


ここで、


✅熱意
✅能力
✅環境


成長力を作る3つの要素を
1つ1つ治療院に当てはめて
考えてみましょう。



================
1【熱意】

→なぜ治療院をやるのか、
どうなりたいのか明確である。
どうしても繁盛させたいという
強い思いがある状態。

================
2【能力】

→知識や学力
年齢
センス
体力

================
3【環境】

→誰に教わり、どの手技を使うか。
どういった経営ノウハウを使うか。
どういったコミュニティにいるか。

================




成長力は
この3つの要素が掛け合わされて
手に入れることができるため、


どれか1つでもなくなってしまうと
0になってしまいます。


能力というのは、
生まれ持ったものや、
現在までの経験で決まるため
そこまで変動させられません。


でも、熱意や環境は選べるため、
自分の気持ち次第で大きく
伸ばすことができます。


そして、

その目標に向かって、いかに
集中した時間を費やしていくか。


これで結果が決まります。


草野球選手も
プロ野球選手も
時間は同じと仮定すると…


✅情熱
✅環境
✅時間の質(集中力)


この3つが大きく違うのです。



✅どうしても、どうしても
 プロになりたいという情熱

✅名門野球中学、高校への入学

✅濃度が濃い練習漬けの日々(時間)




ここが違うのです。


治療家さんに当てはめると、



✅どうしても治療院を
 繁盛させたい情熱

✅正しいノウハウや情報を
 選択して環境を変える

✅短期集中し密度をあげて
 能動的に時間を費やす




この中で、僕が治療院経営を
見ていて1番大事だと思うのが
“短期集中”です。


クドケン店舗は3ヶ月で
売上が2倍、3倍となりました。


クライアントさんも
経営を改善するときは
短期集中で立て直します。


短期集中が大事なのは
治療院業界だけでなく、
野球もゴルフも同じですね。


草プレーヤーとプロでは
時間は同じでも集中力や濃度、
成長力が違ったのです。


文頭でも言いましたが、

『成長力=熱意×能力×環境』

『結果=成長力×時間(集中度、時間数)』


です。


これはどんな分野でも共通なのです。


クドケングループの研修で
新卒や中途採用スタッフにも
同じ話をしました(笑)


もし、DVDを買ったり
様々なセミナーに参加しても
先生が望む結果がいまいち出ていないなら、


この方程式を思い出し
何が足りないのか、
ズレているかを、
考えてみてください。


そして、

期間を詰めて短期集中し、
本気で情熱と目的をもって
取り組んでみてください。


何事も、期間を定めて
レーザービームのように
一点に集中したほうが
結果は出やすいのです。


是非、お試しください。


本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました。


今日の格言


20160801_kakugen

Writer

工藤謙治

工藤謙治 工藤謙治の記事一覧

治療院業界にマーケティングを持ち込んだ第一人者。全国47都道府県に顧客を持ち、これまで1060院以上の治療院の売上アップに貢献してきた株式会社クドケンの代表取締役社長を務める。また自社グループでも整体院、美容整体、鍼灸院を複数舗展開し、毎年2~3店舗をスピート開業。常に自らの経営ノウハウ、集客ノウハウを現場で検証し、正しく再現性の高い情報を業界に伝えることを信条とする。理論、ノウハウだけのコンサルタントとは一線を画し、現場・実学でその実力を証明しつづける治療院インターネット業界で最も影響力のある人物といえる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」