【旬】先生の地域の集患キーワード11以上を独占する方法


こんにちは、工藤です。


最近、クドケンのSEOチームが
メルマガを書く機会がなくなったので、

今日は最強、且つ永続的な
WEB集患の戦略をお伝えします。


SEOとは、超簡単に言うと
インターネットでの検索順位のことです。


あるキーワードで検索した時に
上位に表示されるほど
見込み患者さんの目にとまります。


実際にうまくいっている治療院さんは
11キーワード以上で1位~3位を
独占し新規患者さんからの問い合わせも
月100件を超えているそうです。


『地名+整体』、『整骨院』、
『マッサージ』などの
サービス名の検索だけでなく、


・『症状名キーワード』
・『体の不調系キーワード』
・『病院(整形外科、内科などなど)』


といった、
治療院への来院につながる
キーワードで先生の治療院HPが
軒並み上位表示される方法です。


中野区の整体院さんで
あればこんな感じです。
(※実際にはないですよ)


===============

中野 整体 1位
整体 中野 1位
中野 肩こり 1位
中野 肩こり 整体 1位
中野区 腰痛 1位
中野区 頭痛 1位
中野 偏頭痛 2位
中野区 骨盤矯正1位
中野 猫背矯正
中野 マッサージ3位
中野 膝痛 1位
中野区 腰の痛み 2位
中野 ヘルニア治療 1位
中野区 ヘルニア 2位
中野 整形外科 3位
中野区 スポーツ障害 1位
中野区 しびれ 1位

===============


などなど、
イメージはこんな感じで
治療院ホームページの各ページ
(記事)が上位表示されてきます。


このように来院につながる
キーワードを軒並みおさえて、
来院につなげていく作戦です。


「上記のようなことが
 本当に可能なのか?」

「お金がめちゃくちゃかかるのか?」

「できたとしても
 すぐに使えなくなるでは?」


など集客に悩む先生ならば
不安に感じますよね。


安心してください。


今回お伝えする方法は
検索エンジングーグルが
推奨し求めていることでもあります。


グーグルは良質なコンテンツを
SEO(検索結果)で上位に
表示させることが目的です。


だから、良質なコンテンツを
治療院側が地域の見込み患者さんに
役立つ形でホームページに
追加していけばいいのです。


良質なコンテンツとは
見込み患者さんが
ホームページをみて

「ふむふむ役立つな…」
「なるほどね…」
「へーおもしろいね」
「勉強になったわ」

と思ってもらえる内容のことです。


ボリュームは最低600文字から
2000文字が目安でしょうか。


ただ長く書けばいいわけじゃなく
見込み患者さんにコンテンツの
価値を感じてもらうことで
自然と上位に表示されていきます。


読みやすく、整理整頓され
見込み患者さんが納得する
内容が理想です。


見出しや、適度なイラストや
写真などもあった方がいいでしょう。


昔は人為的なSEO対策が主流で
これは今でも十分通用しますが


最近の検索エンジン(グーグル)は
人工知能の進化で良い記事を
判断して上位表示させてきます。


例えば、
頭痛系の治療院ホームページを
上位表示させたいならば


『頭痛や偏頭痛の原因と対策
 中野区中野駅のクドケン整体』


このようなタイトルで価値あるページを
治療家さんの豊富な知識と見識で
作っていけばいいのです。


内容は…
こんな感じですかね↓


1、頭痛と偏頭痛の違い

2,頭痛と偏頭痛の原因

3,西洋医学的アプローチと
  東洋医学的アプローチの違い

4,頭痛はなぜ薬でよくならないのか

5,整体が頭痛に効果的な理由

6,当院の頭痛治療のご紹介

7,頭痛を再発させないために


こんな内容で見込み患者さんが

「ふむふむ役立つな…」
「なるほどね…」
「へーおもしろいね」
「勉強になったわ」

と感じて、


「この整体院信用できそうだ
 ここに行ってみよう!」

となれば成功です。


人為的なSEO手法が
一切なくても自然に地域キーワードで
上位を独占していきます。


そしてやがて先生の地域に住む
見込み患者さんはインターネットで
自分の悩みを検索するたびに
先生のホームページの記事をみます。


その中の何割かが来院してくれます。


こういうSEO(上位表示手法)は
『コンテンツSEO』などと呼ばれ
現在の主軸となりました。


グーグルはこれから益々、
価値あるコンテンツを持つ治療院の
ホームページを上位表示させます。


今回は頭痛の事例で紹介しましたが
各症状や表示したいキーワードを
考えてどんどん自分のホームページに
価値ある情報記事を追加していきます。


とある有名な整体院さんは
180ページ以上もの情報を
自分のホームページに追加し
(現在でも追加継続中)


その地域では整体院の来院に
繋がりそうなキーワードでは
軒並み上位にそのホームページが
表示されます。


それだけで広告なしで月に
100件以上の電話がなるそうです。


コンテンツSEOによる集患において
歯医者の事例で有名なサイトが
あるので参考程度に御覧ください。


メルマガのフッター付近に
URLを掲載しておきます。


今回ご紹介した
コンテンツSEOによる
集患手法は永続的に使えます。


手間はかかりますが、
広告費0円です。


治療家の先生はカラダのプロです。


症状に関する知識は必ず
一般の見込み患者さんに役立つ
コンテンツになっていきます。


いままでのSEO集客は
いかに自分の治療院をよく見せるのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という視点で見栄え良く
作ることがポイントでした。


これからは地域の見込み患者さんに
役立つ情報、そして治療院の来院に
つながるコンテンツを掲載することで
差別化していくことができます。


なんとなく
イメージできませんか?


自分の地域の検索結果が
サービス名や症状名などで
軒並み自分のホームページドメインの
記事が上位表示される姿が…


そして、文字通りほったらかしで
広告費0円で毎日毎日予約の
電話が鳴り止まない日々…


検索エンジンの進化によって
新しい治療院の集患SEO戦略が
始まろうとしています。


是非、自分のHPで導入できないか、
良質コンテンツを作れないか、
ホームページが対応しているか


など前向きに
検討してみてください。


僕がおすすめするお金をかけずに
大量に新規患者さんを集める
最高の手法じゃないかと思います。



<参考リンク>
毎月の新規の来院患者数が
657%増加した歯医者のブログ

http://bazubu.com/case/okazaki-dental-clinic


↑参考にしてみてください。


本日も最後までご覧頂き
ありがとうございました。

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック