クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 新規集客・WEB集客

 最新WEB集客

無断キャンセルが激減した秘策はコレ

2399 Views

こんにちは。

WEB集患を5倍にするための
“超”最先端の情報を
どこよりもわかりやすくお届けする
クドケンの杉浦です。



今日のテーマは、


■無断キャンセルが激減した秘策はコレ



です。

キャンセルが激減!



あなたの院では
キャンセル防止の対策、
できていますか?


・キャンセルが多い


・特に対策していない


・予約は多いのに
 なぜか売上が上がらない




こんな先生は、
恐らく人ごとではないはずなので、
最後までじっくりご覧ください。


じっくり見てください


■結論



キャンセルされるのは
一体、なぜでしょう。


答えは【対策していない】からです。

ちゃんと伝えていますか?



患者さんと、
きちんと関係を構築する。


キャンセルについて、
一方的ではなく、
分かるように伝える。


これができていれば
できているほど、
キャンセルは減ります。



■伝わっていない


気にすべき点は、
キャンセルへのハードルが
低くなっていないかどうかです。

気軽にキャンセルできちゃう!になってませんか?


もし、あなたが
ホームページなど、
予約を促す箇所で


・キャンセルについて
 一切記載していない


・事前に電話確認をしない


・予約完了後の連絡は
 自動メール1通で終わり




という状態であれば、
キャンセルがでても
文句は言えません。


「キャンセルしないでね!」


とそもそも伝えていませんから。

患者さんを逃さない対策



患者さんも、


「面倒だし、ま、いっか…。」


といったような、
かる~~~い気持ちでキャンセルします。

「ま、いっか!」


■キャンセル対策をしましょう


やることはシンプルです。
伝えればOKなんですから。



ただ、

<伝えた気になっている>


のと、


<実際に伝わっている>



のでは、
天と地くらい差があります。


伝えた/伝わったは別です


以下に
対策方法をいくつか羅列します。


<文字>

・予約後の自動返信のメールに
 キャンセル規定を載せる


・ホームページの予約システムや
 お問い合わせフォームの付近に
 キャンセル規定を文字で簡単に載せる


・予約日の前日、前々日に
 メールで連絡を入れつつ、
 キャンセル規定を伝える


<画像>

・上記文字の部分を画像で
 目立つように載せる


<口頭>

・予約した方に事前電話する



文字だけだと、
【読まない】危険性があります。

文字は読むの面倒くさいし…


おすすめは、
関係性をガッチリ固めるためにも、
事前に1本電話を入れることです。



顔も声も人となりも知らない先生と、
一度、お話したことがある先生。


どちらとの約束のほうが、
破りやすいでしょうか。



多くの方が、
前者だと思いませんか?

1回、電話をするだけでも違います


■クドケン直営治療院でも検証



以前も報告しましたが、
クドケン直営治療院でも
とある実験をしています。


それが、


・お問合せフォームから予約


・予約システムから予約



をそれぞれ患者さんにしてもらうと、
どちらでどのような結果が出るのか?


という検証です。


※実際の記事はこちら
http://kudokenn-blog.com/kato/reserve3/

テストしました


結果的に、


【予約システム】を経由した患者さんのほうが、
保留やキャンセルが大幅に減りました。



「予約システム」という名前の通り、
患者さんに「自分で予約した」という
意識が芽生えたのが要因だと推測しています。




■まとめ


キャンセルを減らすには、


【患者さんの意識】


にキャンセルはしてはいけないもの…
ということをきちんと伝える必要があります。

患者さんの意識を変える



・ただの問い合わせだから…


・キャンセルしてもペナルティないみたいだし…


・予約してから別に連絡ないし…



と思われてしまっては、

キャンセルへのハードルが低く、
キャンセルされやすい状態です。


伝えれば結果が変わります


事前にメールしたり、
電話をすることで、
あなたは忙しくなるでしょう。


ただ、
着実に行っていただくことで、


・事前に患者さんをファンにできる


・キャンセルが減った結果、
 無駄な空き時間がなくなる


・売上が安定する


・事前にファンになった患者さんは
 リピートもしやすくなる



などなど、
長期的に見ると、
メリットのほうが多いのではないでしょうか。

メリットは多いでしょう


強くキャンセルを打ち出しすぎると、
患者さんから拒否反応は出るかもしれないので、

おすすめとしては少しずつ文章や電話を
取り入れていただくことです。



まずはやってみる。


で始めてみてください。


本日も
最後までご覧いただき
ありがとうございます。



■ちなみに…


クドケン治療院で
キャンセル防止効果の出た
予約システムですが、


クドケンが提供している
サービスなので、先生にも
ご利用をいただけます。


患者さんからのキャンセルや保留が減ります


患者さんにとっても
先生にとってもストレスなく
使うことができて、

キャンセル防止にもつながります。


しかも、


初月無料で試せます。


 ↓↓

http://bit.ly/2NAjP16



いま、何も対策できていないなら、


まずはやってみる。


で始めませんか?



▼前の記事を読む
http://kudokenn-blog.com/kato/reserve2/


■無料でもっと役立つ情報が欲しい先生へ


実は、毎週木曜日に
さらにもう一歩踏み込んだ、

WEBについての詳しい内容を
クドケンWEBチームから
【動画+文字】で配信しております。



最新の情報や役立つ情報を
わかりやすくお届けしてますので、
もし、まだ登録していない方は

15秒で登録できます。
コチラからご登録ください。

 ↓↓

<15秒でメルマガ登録!>
https://goo.gl/ztSVKd

もちろん、
<無料>でご覧いただけますので
ご安心ください。
 
 

Writer

杉浦真悟

杉浦真悟 杉浦真悟の記事一覧

株式会社クドケンにてWEBディレクターとして活躍し、異例のスピードでSEO統括を任される。自身の制作したホームページや記事では、入社以来一度も順位が上がらなかったことが無い。 その他、最短1ヶ月以内に検索順位1位を獲得、新規患者数が月30名を下回ったことがない…など、数多くの実績を残している。 現在はWEBディレクターとして、ホームページの制作やコンサルティングを行いつつ、講師としてセミナーへの登壇、メルマガでの情報発信、商品設計など多くのプロジェクトに参画している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2020 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」