クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 新規集客・WEB集客

 最新WEB集客

集患できない…キレイな”だけ”のHPになっていませんか?

855 Views

こんにちは!


クドケンWEBチームの
秦(しん)です。


毎月80院以上の治療院様と
やり取りしている経験を活かし、

先生の「本当に疑問に思っていること」
にお答えするため、

情報をお届けしていきます。


突然ですが…

先生のHPは
集患できるHP
になっているでしょうか。

・時間をかけて作り込んだのに
 集患できない…

・見た目はキレイだと思うんだけど…

・何が悪いか分からないけど
 患者さんが来ない…


とお悩みではないですか?

実際にお問い合わせでもよく聞くセリフです


今回は、

本当に集患できるHPにするために

・どんな情報をそろえればいいのか
・どんな順番で並べればいいのか


をお伝えしていきます。

・見た目がキレイなだけでなく
 本当に集患できるHPにしたい!

・WEB集患を安定させて
 不安な毎日から抜け出したい…


という先生は
ぜひ最後までご覧ください。


■なぜHPから集患できていないのか?


一見キレイに見える
先生のHPが
なぜ集患できていないのか…


答えは簡単です。


患者さんの
欲しい情報が載っていない



からです。


「いやいや、しっかり情報は載せてるよ」

「時間もお金もかけて作ったよ」


と思うかもしれません。


でもそれ、
本当に患者さんの欲しい情報
でしょうか?



実は、先生の伝えたい情報ばかり
のHPになっているかもしれません。


■例えば


「100年の歴史をもつ◯◯療法で
 全身の歪みを整えて
 人間本来の治癒力を高めます」


というHPの文章があったとしたら、
先生はどう思いますか?

考えてみてください


もし
何も違和感を覚えない
という先生は<要注意>です。


HPに見直した方がいい点が
たくさんある可能性大!
です。



もし患者さんが
先程の文章を見たら…


「だから何?」


と思われて終わりです。


なぜなら、先程の文章では

・患者さんに施術の価値が伝わらない

・その施術を受けると自分の症状が
 どうなるのか分からない

・この治療院に行く
 メリットが伝わらない

・先生の腕がいいのかどうか
 全く分からない


からです。


どんなに先生の施術の腕が良くても
患者さんに伝わらなければ
意味がありません。



施術の価値が伝わらないと
いつまでたっても
予約は入らないままです。


だから、

・先生の施術の腕が
 正しく伝わるHP

・患者さんに施術の価値が
 正しく伝わるHP


にする必要があるのです。


■先生の院の価値を正しく伝える


「だから何?」
と思われないためには

先生の院に行くと
どんな良いことがあるのか


を分かりやすく
伝える必要があります。


正直、患者さんは
先生がどんな施術をするかには
あまり興味がありません。


〇〇療法と言われても分からない人がほとんど


1番気になるのは

「この治療院に行って
本当に自分の症状がよくなるのか」


ということ。


だから、
その疑問や不安を解消できる情報を
HPに載せてあげれば良いのです。


■HPに必要な情報


患者さんの疑問や不安を
解決するためには
こんな情報が役に立ちます。


・メディア掲載の実績
・割引
・著名人からの推薦
・口コミ獲得1位などの情報
・改善率やリピート率
・実際に来院した人の声
・etc…



この様な情報が揃っていると
患者さんは

・この治療院なら
 自分の症状を治してくれそう!

・この治療院は信用できそう…


と感じて
予約してくれるようになるのです。


ただ、時々、

「そういう情報を載せるのは
 売り込みのようで嫌だな…」


と言う先生がいらっしゃいます。


確かにそう思う気持ちも
分かりますが…

実績や口コミは
売り込みのための情報ではなく、
先生の院の魅力を
正しく伝える為の情報です。


もちろん、嘘をついたり盛ったりしてはいけませんが


・先生の院の魅力を
 患者さんに分かりやすく伝える

・来院を迷っている患者さんの
 背中を押す


ということは、


先生にとっては、
治したい症状の患者さんが
来院してくれる。


患者さんにとっては、
痛みが改善されて
楽しい毎日を送れる。



と、両方が
得をすることに繋がります。


だから、自信をもって
HPを作っていきましょう。



■どんな順番で並べればいいのか


患者さんは
HPを全て読み込んでくれる
訳ではありません。



HPを開いた瞬間に
「なんか微妙…」
と思われてしまったら
すぐページを閉じられてしまいます。

悲しいですが、これが現実です…


だからこそ、
患者さんが1番欲しい情報を
HPの一番上に
持ってくる
必要があります。


HPを開いた瞬間に
「この院よさそう!」
と感じてもらえるように
情報の順番も考えてみましょう。


よくある
勿体ないな…と思うHPは
こんな流れのもの。


院からのお知らせ

施術法の説明や
先生の施術への思い
(長文で画像なし)

症状の原因の説明

持っている資格

患者さんからの口コミ

割引



これでは、
気になる情報にたどり着く前に
ページを閉じてしまい、

予約は空いたまま

になってしまいます。


では、どの様な順番で
並べればいいのでしょうか。

クドケンではどうしているのか?


あくまで一例ですが、
クドケンではこんな流れで
HPを作ることがあります。


実績や強みで引きつける

患者様と先生の写真を載せて
他の患者様も来ている安心感を与える

メディア情報やその他強みとなる情報で
信頼感を与える

このようなお悩みありませんか?
という共感コンテンツ



(院の強みやターゲットによって
構成を変更しています)


ただ、
どんな情報に魅力を感じるかは
患者さんによって異なります。



先生の集めたい患者さんが
どんな情報に魅力を感じるかは、
実際に問診の時などに
聞いてみてください。


(前々回のメルマガで
 ライバル分析を行ってくれた先生は
 その時に集めた情報が役に立ちます。)


せっかく魅力的な情報があっても
患者さんの目に止まる部分にないと
意味がありません。


読まれなければ情報が無いのと同じ


・患者さんが求めている情報を

・分かりやすい書き方で

・分かりやすい場所に


ということを意識して
HPの情報を整理してみてください。


■まとめ


HPには
先生の伝えたい情報ではなく

患者さんの気になっている情報
載せる必要があります。


具体的には…

・メディア掲載の実績
・割引
・著名人からの推薦
・口コミ獲得1位などの情報
・改善率やリピート率
・実際に来院した人の声
・etc…


という情報を集めましょう。


ただ、この情報を集めても、
何も考えず並べるだけでは
意味がありません。


患者さんが興味を持ってくれそうな順に
並べていく
ことがポイント。


先生の院のターゲットの患者さんは

・どんなことが気になっているか
・どんな情報に魅力を感じるか

を考えて

先生の施術の魅力が
正しく伝わるHP

作っていきましょう。


今回もお読みいただき
ありがとうございました。

■追伸


先生のHPは
「先生の施術の魅力が
正しく伝わるHP」に
なっていましたか?

・自分のHPは
 改善する必要がありそうだ…

・自分で改善したいけど不安だな…



という先生は、ぜひ一度、
クドケンのHP制作のプロに
ご相談ください。

 ↓↓

※クドケンのHP制作のプロに相談する※

・HPを自分で作り変えたい!
・自分で改善できるか不安だから
 プロに任せたい…
・etc…


メルマガを読んで
終わりではなく、
まずは相談から始めてみましょう。


ご相談いただいた順に
弊社のWEBディレクターから
メールでご連絡いたします。


■追々伸


更に詳しい
最新WEB集患ノウハウを、

毎週木曜日のメルマガ会員様限定で
<無料>でお届けしています。

・ストレスなく毎月の集患を安定させたい

・ライバル院より集患して地域No.1になりたい


という先生は
ぜひ木曜メルマガもご覧ください。

コチラから15秒で
登録できます。


 ↓↓

<15秒でメルマガ登録!>
https://goo.gl/ztSVKd


会員様限定の
お得で役に立つ情報を
お届けしていますので、
ぜひお早めにご登録ください。

Writer

秦知花

秦知花 秦知花の記事一覧

クドケンWEBチームのPPCコンサルタントとして毎月80院以上の治療院とやり取りをし、現場の情報収集を行っている。治療家さんの立場に寄り添った提案で数々の治療院の集患向上に尽力。
「先生がより多くの患者さんを元気にするためのお手伝いをしたい!」という想いで日々広告運用・ご提案を行っている。
先生からの「秦さんに相談してよかったです」「今月も売上目標を達成できました」という言葉をいただくことが何よりのモチベーション。
メルマガでは1人1人の先生の「本当に疑問に思っていること」にお答えするため、様々な情報をお届け。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2020 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」