クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 新規集客・WEB集客

 最新WEB集客

“◯◯”している患者さんを獲得=コロナ禍でも繁盛院!?

1099 Views

こんにちは。


クドケンでPPC運用を担当している
山本(やまもと)です。


先週から、前任の杉浦に代わり
私達クドケンWEBチームが、

先生にWEB集患に関する
最新情報をお届けしております。



塾講師の経験を活かし、

治療院で活用できる最新の情報を
「どこよりも分かりやすく」


というモットーで解説していきます。

これからよろしくお願いいたします!

はじめに

先週の「HP辛口診断」
たくさんのお申込をいただき
ありがとうございます。


本気で集患のことを
考えている先生がたくさんいて、

先着20名の枠があっという間に
埋まってしまいました。



本日は、

「”◯◯”している患者さんを獲得
 =コロナ禍でも繁盛院!?」

についてお伝えします。


「コロナ前より売上が下がっている」
「給付金を賢く使って売上を上げたい」



という先生はぜひ最後まで
ご覧ください。


ライバルに差をつけるチャンス


最後まで読むことで、


一人治療院でも
コロナ前より売上がアップし、
第2波も全く怖く無い



という安定した生活が
できるようになります。


緊急事態宣言解除


世間では緊急事態宣言が明け、
街にも徐々に人が増えてきてますね。


新宿も人通りはかなり戻っており、
通勤電車では特にそれを実感します…


人が増えるということは
患者さんも戻ってくるということです。



街には人が増えてきています。


先生は、
この緊急事態宣言の前後、


”患者さんが何に悩んでいるか”


…について、考えたことはありますか?



ここが分からないと、

コロナが落ち着いたとしても、
先生の院に患者さんが戻ることは
ないかもしれません。



患者さんが戻ってこない…


患者さんの悩み


例えば…


・テレワークで肩こりがつらい
・ジムにいけなくて体が…
・姿勢が歪んでぎっくり腰になった
・精神的なストレスを抱えている
・目の疲れや頭痛に悩んでいる
などなど…



外出自粛の影響もあって
体の悩みを訴える人は
増えてきています。


オムロンヘルスケア株式会社
の調査によれば、


「テレワーク開始後、
 身体に不調を感じている」
と3人に1人が答えており、



さらに


「症状が『重度』と感じている」と
4人に1人が答えているという
データも出ています。



在宅で運動量も減り、不調をきたしやすくなります


患者さんは何をする?


では、悩みを抱える患者さんたちは、
どんな行動に出るでしょうか?



我慢?

一部の人は我慢するかもしれませんが、
多くの人は、


【検索】します。


実際に、緊急事態宣言中でも、
整体関連のキーワード検索数に
大きな変化はありませんでした。


「腰痛 治療」の検索数の動向です


患者さんは悩んで検索しています。
ここで先生がやるべきこと、


それは、
検索したときに
院を見つけてもらうことです。




例えば


先生の地域の患者さんの多くが
<腰痛>で悩んでいる…


というニーズがあるのに、
いくら検索しても先生の院が
出てこなければ患者さんは
やってこないですよね。


逆に


「腰痛 治療」で検索したときに
「腰痛専門院」の文言が出てきたら…


自分の悩みを解決できる!と思えたら…

すぐにクリックして
あなたの院に行きたくなりますよね。

即予約して来院します



患者さんが検索するということは、
悩みや解決したいことが明確に
なっているということです。



この検索している患者さんに
先生の院を知ってもらい、

確実に獲得していくことが重要です。

検索している患者さんは確実に掴みたいです


先生がやるべきこと


検索している患者さんを
獲得するためには


「患者さんの悩み(検索)に対して」

「自分の院が解決できる」ということを

「ライバルより早く」アピールすること

が必要です。



その手法としては例えば


・HPのSEOの順位を上げる。
・エキテンなどの有料会員になる。
・口コミを集めてMEOの順位を上げる。
・PPC広告で上位に表示する


などがあります。


どれが有効かは
院の状況によって変わりますが、

「あなたの患者さんが悩んだときに
 どういう行動を取っているか」


を考えれば、何の優先度が高いかが
見えてくるでしょう。

優先度の高いものから即行動です


まとめ

これからコロナウイルスの
第2波、第3波は
確実にあると言われています。

より多くの企業で
テレワークが導入され、

社会はどんどん
変化を求められるでしょう。


でも患者さんの悩みはなくなりません。

悩んでいる人はたくさんいます


コロナ禍でも売上を
上げ続けるためには、

患者さんの悩みに
答えることが重要です。


「売上を最大化するための投資」
「売上が上がっていく仕組み作り」



が求められる今こそ、


「ライバルより早く」
「検索している患者さんに
 アピールすること」



を考えてみてください。

追伸


患者さんに
先生の院をアピールするために、

最も早く成果が出るのは
「PPC広告」です。



PPC広告とは

「患者さんが検索した
 キーワードに合わせ、
 検索結果の上位に表示できる」


というインターネット広告の一種です。

PPC広告の位置はここ


今回、コロナの影響で


「既存の来院も激減してしまい、
何とか集患を増やしたい」

「これからも経営を続けていきたいが、
先が見えない」

といった切実なご相談を
多数いただいております。

そこで、どうにか困っている先生の
お力になれないかと協議を重ね、

先着20名様限定

【最大12万円の特典付き】
PPC広告 事前調査&戦略アドバイス

の実施が決定いたしました。

———————————————
▼【最大12万円の特典付き】
  PPC広告 事前調査&戦略アドバイスに申し込む
  https://forms.gle/eS8YTPAsT4QYFj9j8

※期限:6月14日(日)23:59まで
———————————————

・自分の院がPPC広告をやったら上手くいくだろうか…
・どんなキーワードで配信するのがいいんだろう…
・広告費ってどれくらいかかるんだろう…


など、

先生の不安にプロがお答えいたします。

通常、ここまで大きな特典を
付けられることは少ないのですが…

悩んでいる患者様に来院していただき、
一院一院の治療院経営が発展していくことが
クドケンの発展にも欠かせません。

クドケンとして、患者様のために
本気で行動する先生を
応援すべく、実現に至りました。


▼簡単に特典をお伝えすると…

特典1:PPC広告初期設定費  通常40,000円→無料

特典2:メールコンサルティング初月30,000円→無料

特典3:治療院専門予約システム通常49,600円→無料


PPC広告で成果を出すために
欠かせないものを、
無料でご提供いたします。


申込期限は6月14日(日)23時59分
までですが、定員に達し次第終了です。

間に合わなかった!
なんてことがないように

このページを閉じる前に
お申し込みください。

※申込み自体は60秒で終わる
 簡単な内容です。

———————————————
▼【最大12万円の特典付き】
  PPC広告 事前調査&戦略アドバイスに申し込む
  https://forms.gle/eS8YTPAsT4QYFj9j8

※期限:6月14日(日)23:59まで
———————————————

Writer

山本健太

山本健太 山本健太の記事一覧

クドケンWEBチームのPPCコンサルタントとして活躍する傍ら、
毎日通勤時間に10個以上の媒体をリサーチして日々WEBマーケティングを研究している。

社内では法務対応も兼任し、先生からのご相談や広告規制の調査も対応。調査のためならと厚労省に直接問い合わせもする徹底ぶり。

コンサルタントとしても月80件以上の治療院とやり取りし、現場の情報収集を欠かさない。

塾講師の経験を活かし、治療院で活用できる最新の情報を「どこよりも分かりやすく」というモットーで解説していきます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2020 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」