クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 加藤祐規

【動画音声】HPを開いた瞬間「3秒」が勝負!

24 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

株式会社クドケンのあおやぎです。



「WEB集客」に関するおすすめの情報や、
ノウハウを発信する

『HPチームラジオ』。



本日7回目は、
「院の第一印象は、HPを開いて3秒で決まる」
というテーマでお送りさせて頂きます。


今回も、
弊社WEBディレクターの”ゆーき”と共に、
音声対談形式でお伝え致します。



今回の主なトピックは以下のとおりです。

————————–

1.人もHPも、はじめの第一印象が大事

2.HPの第一印象は、ファーストビューで決まる

3.魅力的なファーストビューとは?

————————–





■■■■本日の音声はこちら■■■■■

「HPを開いた瞬間「3秒」が勝負!」


▼動画でのご視聴はこちらから
↓↓↓(4分40秒)
https://www.youtube.com/watch?v=w69f1rWPGUU


▼音声ファイルでのご視聴はこちらから
↓↓↓
・通常倍速(4分40秒)


・1.5倍速(3分6秒)


※ 音が出ますのでご注意ください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■



本日は、HPを制作する上で
とても重要な視点をお伝え致します。




突然ですが、
「人の第一印象」は
出会ってからどれぐらいで
判断されるかご存知でしょうか?



有名な説に、
「メラビアンの法則」
というものがあります。



この説によると、


人物の第一印象は、
初めて会った時の3~5秒で決まり、

その情報のほとんど(55%)は
「視覚情報」から得ているそうです。



その他にも諸説ありますが、
3~6秒以内に判断されることが
多いというのが定説です。



ほんの一瞬の「見た目」で、
人は判断されてしまうんですね。



また、人に最初に与えた印象は
後から覆すことが
困難と言われています。



最初の印象が良ければ、
その後も、
相手から良い印象を持って
接してもらえますが、



印象が悪ければ、
そのマイナスイメージを引きずったまま
接することになります。



第一印象を与えるチャンスは
一度きりですので、
いかに、最初の「3秒」が
重要かわかります。




そして、実はHPでも
これと同じことが言えるのです。



つまり、
はじめて先生の治療院HPに
訪れた見込み患者さんは、



HPを開いて【3秒】で
先生の治療院の第一印象を
判断しているのです。




【3秒】と言えば、
ほとんど、HPの中身を
見ることはできません。



ということは、
HPを開いたときに
一番最初に視界に入ってくる
エリアだけを見て、
判断されるのです。



このエリアのことを
専門用語で
「ファーストビュー」
と言います。



HPの第一印象は、
このファーストビューで決まります。



この内容が不出来であれば、
最悪の場合、
見込み患者さんは
すぐにHPを閉じて(離脱して)
しまいます。



では、
このファーストビューを魅力的にし、


見込み患者さんに
興味をもってHPを読み進めてもらうには
どうすればよいのでしょうか?




ファーストビューについては、
語るべき点が多く、
今回、全てをお伝えすることはできませんが、



基本的なことを3つだけ
お伝えします。



ファーストビューで
見込み患者さんを惹きつけるために
必要なこと。



それは、、


1.キャッチコピー
2.アイキャッチ
3.具体的な実績


です。


それぞれ、
簡単に説明致しますと、



1.キャッチコピー
とは、見込み患者さんを惹きつける
魅力的な文言です。


キャッチコピーを考える際は、
「どのような症状」でお悩みの方が
HPを訪れるかを想定し、


先生の治療院で
その悩みを解決できることを
ダイレクトに伝えると効果的です。



次に、
2.アイキャッチ
についてです。


これは、見込み患者さんの注意を
引くような画像のことを言います。



どのような画像を使用するか、
キャッチコピー文言との
組み合わせもありますが、


明るい未来を想起させる
=悩みが解決できることをイメージさせる


画像が好ましいとされています。




最後は、
3.具体的な実績
です。


見込み患者さんは、
先生の院がどれだけ信頼をおけるか、
つまり、どれほどの実績があるかを
知りたがっています。



そのため、
施術歴・施術延べ人数等の数字や、

メディア掲載実績等をのせておけば、
それだけで、信頼感を与えることができます。





まずは、この3点を意識して
HPを制作して頂ければと思います。



HP_20150616_kakugenn

Writer

加藤祐規

加藤祐規 加藤祐規の記事一覧

治療院業界NO.1の集客実績を持つ株式会社クドケンにて年間100院以上のホームページを改善し、集客に悩む数多くのクライアントを繁盛院へと導いてきたWEB集客のプロフェッショナル。現在はクドケンWEB事業部のチーフコンサルタントとして治療院のコンサルティングを行う傍ら、2016年および2017年にはクドケンの集客テクニックをまとめたDVDの講師としてWEB集客の最新情報を全国へ発信するなど、治療院業界におけるWEB集客の最先端をいくコンサルタントである。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」