【実績&プレゼント】リピート患者さんを集める最適な方法


こんにちは、
クドケンの治療院WEB集客
チーフコンサルタント加藤祐規です

「患者さんの笑顔があふれる院にしたい」

と、先生がお思いでしたら
今日は価値ある内容になります。

最後の追伸までご覧ください。



ゴールデンウィークが
近づいてきましたね。

私は、新しいサービスの
準備や構想を作ったり、

家族とのんびり過ごすなど
今年の連休を満喫する予定です。

先生はゴールデンウィーク(GW)
何をなさる予定ですか?

中には患者さんが通いやすい祝日なので、
全日、営業している院もあるかと思います。


お休みの院では、
楽しい計画を予定している
のではないでしょうか。

例えば、旅行、ハイキング
帰省して家族と過ごす、

治療家仲間と集まって交流する
技術セミナーで勉強するなど

色々あると思います。


そして、ゴールデンウィーク明けには、
「ちょっとGWでお金使いすぎたな」
「GWでお金使ったしお出かけを控えよう」

といって、しばらく節約を
意識したりしませんでしたか

ゴールデンウィークや
大型連休の後は、

先生と一緒で、患者さんも
財布の紐が固なるため

治療院へ通う優先度が下がり
売上が下がりやすい・・・


という状態が続きます、

そうなると新規患者さんは
集まりが悪くなるし、

既存のリピート患者さんも

「今月使いすぎたから
 また今度にしておこう」


と、集まりにくくなってしまいます。


その結果、

ゴールデンウィーク明けに
売上が足りない・・・(汗)


と、慌てないためにも、

✔早い段階で予約を埋めておく

✔患者さんのスケジュールを
 治療日として事前に抑えておく


と言ったことが、重要です。


今週できた新作DVDでは・・・

どうやれば患者さんが
リピートし続きけるのか

患者さんに感謝されて
繁盛する院になるのかについて

セミナー形式でご紹介しています。
気になる先生は、
追伸をご覧ください。


では、本日も治療院集客に
役立つ情報をお届けします。


声のご紹介


まずはこちらの声を
ご覧ください


「休眠患者さんが復活して
 再び通ってくれるようになりました!」


クドケン様のニュースレターを
はじめて約2年になります。

はじめたきっかけは、
来院されなくなった
休眠患者様とも

何らかの形で繋がっていたい

という思いからでした。

僕の性格的に、
電話や手紙で来院を促すことに、
抵抗を感じるため、

ニュースレターという手段を選択しました。


最初はあまり効果を感じませんでした。

しかし、2年以上続けた最近になって、

久しぶりにご来院される患者様が
増えてきました。


半年ぶり、1年ぶり、
最も長い場合だと3年ぶりというケースも・・・。

毎月出し続けることによって、
当院のことを頭の片隅に
入れておいてくれたのだと思います。
多い月だと1ヶ月に3名以上ご来院されます。

その後も皆さん定期通院してくれるので、
非常にありがたいです。


少しの手間なので、惜しまず
これからも続けたいと思います。


ニュースレターを使って
休眠患者さんの
掘り起こしに成功している

という先生のお話を
紹介させていただきました。


WEB集客ブログ

本日は

ニュースレターで
リピート患者さんを
掘り起こす!

ということについて
お話いたします。


先生の院には、これまで通われた
患者さんのカルテは何枚ありますか。

もし、このカルテ総数のうち

90%の患者さんが
今も引き続き来院していたら
いかがでしょうか。



正直いって、

新規患者さんが来なくても
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
売上や集客は安定すると思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



例を出して考えてみましょう。


治療院には、
既存もリピートも、休眠も含めた

患者さん全体で100人分の
カルテがあったとします。


そのうち90%の患者さんが

毎月1回、5000円の施術を
受けにくるとした場合

5000円×90= 45万円


の売上になります。


つまり、
100人の患者さんを集めて、

その内90%の方が
毎月リピートしてくれれば、

月商50万円を突破するなんて
かんたんですよね。



「新規患者さんを集める必要もない」と
言っても過言ではありません。


これが月2回になれば、
月商100万もすぐ目の前です。



低いリピート率は、大損をしている


もしそれだけリピート率が
50%や30%だった場合、

見込める売上はそれぞれ

50%の場合25万

30%の場合15万

と、かなり損をしています。

これは機会損失と言われるものですね。

患者さんのリピート率が高ければ、
治療院にかなりの売上が
見込めたのではないでしょうか。

これらを年間の売上で考えると


リピート率が90%
45万×12=540万円


リピート率が50%
25万×12=300万円

リピート率が30%
15万×12=180万円


年間売上で2倍、3倍の
差が生まれてしまいます。



あなたの治療院に
休眠患者さんは何人いますか?


あなたの治療院には、
しばらく来院していない
休眠患者さんは何人いるのでしょうか、


そして、休眠患者さんに
何かしら来院してもらうための
アプローチはとっていますか?



もし、休眠患者さんに対して

何もしていない

もしくは、来院という成果に
つながっていない場合


それは、はっきり言って、

無駄な行動です。



ニュースレターを使って

正しく患者さんにアプローチすれば
地方の男性一人治療院でも
2ヶ月先まで予約でいっぱいになります。


正しく、休眠患者さんや
既存患者さんにアプローチを行うと、

アクティブに通うリピート患者さん
なってもらうことができますよ。


ニュースレターって何?

ニュースレターを
「初めて聞いた。」

「名前は知ってるが、
 どんなのか分からない。」

という先生は、小学生の頃に
クラスで毎月、配れていた
「学校だより」

を想像してみてください。


ニュースレターは、
その治療院版です。

あなたから患者さんに発行する
治療院からの新聞です。



ニュースレターの効果

この治療院から患者さんへの
ニュースレターを送ると

・多くの患者さんがリピートしたり、

・先生のことを忘れずに、
 時間が空いても再来院してくれたり

・みんなが積極的に
 次回の予約を取ってくれたり

このように患者さんが
リピートして来院してくれるため、

結果家的に売上も安定するなど、
いい事だらけです。


ニュースレターには何をかけばいいのか

ニュースレターに書くといい内容は

✔ 治療や健康に関すること

✔ 先生の人柄に関すること

✔ 月の季節に関することなど

色々あります。


例えば、クドケンの店舗では、


・新人スタッフの自己紹介

・先生が、昔はどんな遊びをしていたのか

・花粉症になって辛い・・・

・健康料のレシピ

等、患者さんにとって役立つ情報や
先生のパーソナルな情報を
記載しています。

先生の院でも、
ぜひ参考にしてください。


定期的に接触することで


治療院と患者さんの間で

信頼関係が築かれます。


✔ リピートを増やしたい
✔ 売上を上げたい

などと迷っている先生は

是非一度、ニュースレターを
取り入れてみてください。



まとめ

本日は

ニュースレターで
リピート患者さんを
掘り起こす!

ということについて
お話いたしました。


既存患者さんの
リピート率を上げることで
売上は劇的に変化しますよ。


また再び来院したには、
患者さんと関係を築いて

ニュースレターを積極的に
渡していきましょう。


本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。


追伸

ニュースレターに、

「実際にどんなことを
 書けばいいか分からない」

なんてお悩みの先生は、


以下のURLより、
ニュースレターについて

2時間のセミナー映像を受け取って
1ヶ月無料でお試しください。

 ↓ ↓ ↓
http://kudokenn.com/letter/
(サービス紹介ページが開きます)

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック