クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 加藤祐規

【リピート0%】何度もリピートされる院と1回で来なくなる院の違いとは?

315 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。株式会社クドケン
WEB集客コンサルタントの加藤です。


先生は患者さんを集めるために
チラシや看板、PPC広告(ネット広告)などを
使っていますか。

最近いただいたお問い合わせの中に、
「5万円の広告費をかけても新規が集らない」
「ホットペッパーに出しても初回目当てばかり」
「ポスティングで集めたのにリピートない」

という、先生からの悲痛なご相談がありました。

泣きたい日々・・・


WEB集客ブログ

そこで本日は

何度もリピートされる院と
1回で来なくなる院の違いとは?

というテーマでお送りいたします。


だいたい3~5分で読めますので、

・もっと売上が欲しい・・・
・口コミで紹介してもらいたい・・・
・何をやっても成果がでない・・・
・広告費の効果を上げたい・・・
・リピートが続かない・・・


という悩みがあり、
ドコから手を付ければいいか
分からない先生は必ずご覧ください。

治療院で売上を計算する方法

私も計算式は苦手です・・。


治療院の売上には
『売上の方程式』
というのがが有ります。

売上の方程式

売上

= (イコール)

顧客数

× (かける)

単価

× (かける)

頻度


治療院の売上をアップさせるには
これしかありません。


顧客数を増やすには、

・新規患者さんを増やす

もしくは

・既存患者さんに
 通い続けてもらう

この2つの方法があります。


単価を上げるには

・施術料金を増やす。

もしくは

・時短を行う

この2つがあります。


頻度を増やすには、


・短期間に何度も来てもらう

もしくは

・長期間ずーっと来てもらう

という2つがあります。


短期間で何度も来てもらうには、

治療院での問診や技術にかかる
部分もありますが、

長期間ずーっと来てもらうには
簡単な方法があります。


それは患者さんに
「忘れられないようにする。」

ということです。
昨日の晩御飯覚えてますか?


今日はリピートを増やすために
ここを中心にお伝えします。


長期間ずーっと来てもらえるということは
離患が少なく、既存患者さんの数も増えるので、


先程の売上の公式で考えると
3箇所ある掛け算のうち

顧客頻度の2箇所が
増加するので、かなりお得ですよね。
2倍3倍の効果は当たり前・・!

実際に新規患者さんの
数は変わらないのに、

既存患者さんの
来意の頻度が上がったお陰で

月収100万円をラクラク達成
することもできますよ。


では実現するために
どうすればいいのかというと、

患者さんに忘れられないように
定期的に接触・連絡をしましょう。

何度もリピートされる院と
患者さんが1回で来なくなる院の
”違い”はここにあります



その際、売り込む要素は極力消して、
おく
のがポイントです。


先生も数回通った美容院やから
定期的に「今月、髪を切りませんか」
「今ならパーマがお得です」

などといった、売込要素がつまった
連絡が来るとイヤですよね。


定期的に連絡が来ても、
「嫌がられない」ものがお勧めです。

一番始めに取り入れるとすれば

リピートに繋がる
効果的な方法は色々ありますが

すぐに出来るところだと
サンキューハガキや
サンキューメールですね。

「当院にお越しいただき
 ありがとうございます」

という内容の
ハガキ、メールを送るんです。

はがきの場合は手書きだと
なお効果的です。


サンキューメールを送るだけでも
売上が前年比の1.3倍くらいに増えた

という院の話もききます。


治療院に対して好印象を持ってもらえるので、
例えリピートが一時的に途切れたとしても、

何かあった際には思い出して貰えて
再び通ってくれやすくなります。



多くの治療院はハガキや
DM(ダイレクトメール)を送りません。


こういう部分で他と差別化することで
患者さんに思い出してもらえて、
リピートが続く治療院にできますよ。


ここでリピート”だけ”
力を入れて生活が変わった
先生のお話をご紹介します。

リピートに力を入れて成功した先生のお話をご紹介


とある一人整体院のI先生は
ホームページを作ったものの

パソコンは苦手で、
スマホもあまり使えません。


当時は新規患者さんばかりを
相手にしており、売上の見通しも
1週間先のぶんが分かる程度で、

来月の売上がどうなるかも
分かりませんでした。


通常、1度来院すれば
「2,3回は続けて通う」
と思いがちですが、

I先生は腕が良すぎて
「1回で治る」患者さんばかりでした。

そのためリピート率はほぼ0%
売上は新規患者さん頼りです。
ウソ、誰も通ってくれない・・・


しかし、
大手治療院グループや
どこのライバル院は、

長期的に来院頻度を上げる
リピート戦略をとっていませんでした。


そこでI先生は
患者さんの来院頻度を
上げるための方法を取り入れると

リピート率がほぼ0%の状態から
95%まで大幅にアップさせました。



その結果、毎月安定した売上に繋がり
月商もほぼ100万円にまでなりました。


では、一体にどうやったのでしょう。


I先生の場合は、
1度きた患者さんに院ことを
思い出してもらう工夫として、
ニュースレターを使いました。

似たものには先程にもあげた
・DM(ダイレクトメール)
・サンキューレター
がありますね。

それぞれメリットとデメリットを見ていきましょう。

リピート戦略ツールの特徴について

DM(ダイレクトメール)


一度きた患者さんに対して、送ることができます。
内容としては
「ハロウィンセール 今なら施術料金20%オフ」
と季節の事柄を絡めてアピールできます。

メリット
・いつでも出せる
・出せば売上にすぐ繋がる

デメリット
・売り込み色が強い
・毎月くると嫌がられる


サンキューレター

初めて来院した患者さんに対して、
送ることができます。

内容としては、
「先日はお越しいただきありがとうございました。
 次回来院時に使えるクーポンをおつけします」
と2回目へ繋げる工夫がしやすいです。

メリット
・来院後すぐに思い出してもらえる
・周りがしていないので、印象に残る

デメリット
・1回しか使えない
・新規が来るたび送る必要がある


ニュースレター


既存患者さんに対して
送ることができます。

内容としては、
「デスクワークの肩こり解消方法について」
など健康に関する情報ですね。


メリット
・治療院から患者さんに向けて
 健康情報や先生の考え方など配信できる

・売り込み色がないので、毎月送っても大丈夫

デメリット
・毎月ネタを考えるのが大変
・作るのに時間がかかる



まとめ


リピート増やす方法について
お伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

先生の治療院に合わせた
リピート戦略を取ることで、

売上やリピート率を増やすことができます。

まずはスグに試しやすい
サンキューハガキなどから
試してみてください。

既存患者さんがおおい先生は、
DMやニュースレターもおすすめですよ。


本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。


追伸


『毎月たった30分』でどうやって
パソコン音痴でスマホも上手く使えない
I先生がニュースレターを作ったのか。

その仕組みが気になる方は
以下のリンクからご覧ください。

 ↓ ↓ ↓
http://www.itm-asp.com/cc/10104/KaTR1665


今なら患者さんの来院頻度を増やし
売上をアップさせるための

セミナー映像も
無料でプレゼントしております。

ぜひこの機会に手に入れて
I先生のように売上100万円
リピート率95%を目指しましょう。

 ↓ ↓ ↓
http://www.itm-asp.com/cc/10104/KaTR1665

Writer

加藤祐規

加藤祐規 加藤祐規の記事一覧

治療院業界NO.1の集客実績を持つ株式会社クドケンにて年間100院以上のホームページを改善し、集客に悩む数多くのクライアントを繁盛院へと導いてきたWEB集客のプロフェッショナル。現在はクドケンWEB事業部のチーフコンサルタントとして治療院のコンサルティングを行う傍ら、2016年および2017年にはクドケンの集客テクニックをまとめたDVDの講師としてWEB集客の最新情報を全国へ発信するなど、治療院業界におけるWEB集客の最先端をいくコンサルタントである。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」