クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 古山正太

○○○先生を演じるだけで売上アップ

57 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

クドケン取締役の

古山です。

本日は

『○○○先生を

演じるだけで売上アップ』

というテーマで

売上アップのヒントを

○つのエピソードに分けて、

お伝えします。

今回のメルマガをご覧になれば、

ちょっと工夫するだけで、

お金をほとんど掛けずに売上アップ

できるので見逃さないでください。

・・・

エピソード1:あいまいな医者

僕が子供の頃、母に連れられて、

小児科に行った時の話です。

母「息子が、○○なのですが、

単なる風邪でしょうか?」

医者「えーと、たぶん、

そうじゃないかと思いますね…」

この医者は、いつもこんな感じで、

非常にあいまいです。

会話は続きます。

母「いつもの風邪とは違うようなのですが…」

医者「うーん。たぶん風邪ですね。

お母さんはどう思います?」

母「はぁ?いつもと違う感じがするのですが…」

驚くことに、

あいまいな表現のみならず、

母に質問し返すという、

従来の医者の概念を覆す

発言をしたのです!

仏の異名を持つ息子の母も、

さすがにこれには閉口し、

この病院にくることは二度と

ありませんでした。

それもそのはず、

医者は悩める人を救う立場です。

救いを求めている人には

断定してあげるのが愛です。

断定するのが危険であれば

「まずは様子を見ましょう」と

言いきってあげるべきです。

患者さんの立場に立てば

当たり前なのですがね…

教訓1:医者なら断定しろ

エピソード2:Tシャツの整体師

知り合いの治療家さんはその昔。

施術着がTシャツでした。

その時はリピート率が5割

だったのですが、

信頼感を出すために、

白衣に変更しました。

するとなんと、たったそれだけで、

リピート率が7割になったのです。

実はコレ、心理学的には常識です。

実際に、ホームページに載せる

写真を私服から白衣にしただけで、

問い合わせが増えた事例もあります。

これも、患者さんの立場に

立てば当たり前…

もし、白衣で施術を

していないのなら白衣に

変更して下さい。

ちょっとのコストで

簡単にリピート率がアップします。

教訓2:施術着は白衣で!

エピソード3:

どうなるのかを

伝えられないセラピスト

ある知り合いのセラピストに

診て貰った時のこと。

そのセラピストは

データ的なものを見ながら

僕に向かってこう言いました。

セラピスト「古山さんはこういう状態です」

この数字が、○○になると、

良いと言われています」

古山「良いというのは、

具体的に一体どんな…」

セラピスト「えーと、天才と

言われる人達の数字は

こういう感じなので…」

セラピスト「これに近付くと

良いと言われています…」

古山「はぁ…」

こんな感じで、僕が聴きたい

『いつ、何がどうなるのか?』

にまったく答えてくれませんでした。

なので、リピートを

薦められたのですが、

当然お断りしました。

これは、治療家さんも同じこと。

今の状態が続くと

どうなってしまうのか?

計画的に通うと、

いつ頃にどんな結果が得られるのか?

それをハッキリ伝えないと、

リピートしてくれる

はずがありません。

教訓3:何回通うとどうなるのか、

ハッキリ伝えろ!

エピソード4:自信が無い

集客コンサルタント

集客のアドバイスを

求めているのに、

煮え切らない回答。

質問をすると、

しどろもどろ。

もちろん、見込み客は

頼りがいの無いコンサルタントを

顧問に迎えるはずがありません。

実は、そのコンサルタントは

若き日の僕です。

若き日の僕は、

見込み客のタイプが

苦手なタイプの場合、

あがってしまうのです。

あがってしまうと、

しどろもどろに

なってしまうのです。

先生にもそんなタイプの

患者さんはいませんか?

もし、苦手なタイプが

いる場合はこうすると良いです。

それは、マインドセットです。

例えば、施術前に

以下の言葉を唱えながら、

心を落ち着かせます。

「目の前の患者さんが

苦手なタイプでも、

最低限、必ず何かしらの

お役に立つことができる」

「だから、施術中や問診中は

自分がどう思われているか

なんて一切思わない」

「意識を向けるのは

100%目の前の患者さん」

「自分は目の前の患者さんに

必ず良くなって貰うために存在する!」

それに加えて、

苦手なタイプな患者さんでも、

相手の好感を持てるところを

探しながら心の中では

「私は○○さんが大好き!」

と唱えます。

すると、肩の力も抜け、

自然体で接することができるので、

アガらずに済むのです。

実はコレ、飛び込み営業の

達人たちがやっている行為です。

アウェーに飛び込んで行く

営業のプロ達の多くが実践している

ことなので、成果実証済みです。

自然体で患者さんに接することで、

普段通りの力が出せますので、

リピート率も当然アップします。

教訓4:マインドセットをして

患者さんに接しろ!

以上です。

ぜひ、取り入れやすい教訓から

取り入れて下さい。

どれも簡単な事なので、

今日から実践できますね!

ありがとうございました。

メールマガジン形式での記事の購読に興味があるならば

こちらからご登録ください。

http://itm-asp.com/cc/10104/P5LvQquX

Writer

古山正太

古山正太 古山正太の記事一覧

株式会社クドケン社外取締役であり、業界屈指のコピーライター。チラシ1枚で月商120万円アップなどの実績はさることながら、あらゆる業界に精通したマーケティングや経営、集客のノウハウからこのブログでは「他業種から学ぶ。治療院経営に活かせる経営・集客戦略」を提供。すでに成功が実証された方法で、まだライバルが取り入れていない戦略を知ることができるので、治療院経営に上手く取り入れることができれば、ライバルとの差別化ができ、今より多くの患者さんに来てもらえるようになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」