繁盛する人の共通点


こんにちは。

クドケン取締役の
古山です。

本日は
『繁盛する人の共通点』

というテーマでお送りします。

繁盛する人の共通点


財布の中身を全て脳に注ぎ込め。
そうすればやがて、脳が財布を
満たしてくれるだろう


これは、アメリカ建国の父であり、
避雷針などの発明家でもある、
ベンジャミン・フランクリンの言葉です。

(100ドル紙幣の人でもあります)

そんな言葉を信じて、20代前半から
教材を買ったり、セミナーに行ったり、
塾に行ったりして来たのですが…

面白いもので、受講生の成長度合いや
結果を手にした割合を見ていると、

『2:6:2の法則』
通りになるようです。

2:6:2の法則とは、

上位2割は実績・生産性が高く
積極性に優れた優秀なグループ

中位6割は上位にも下位にも属さない
平均的なグループ

下位2割は実績・生産性が低く
積極的に行動しないグループ

つまり、「優秀な人2割」
「普通の人6割」
「パッとしない人2割」。

人々が集団やグループを構成した場合、
自然発生的にこの割合になる。

という法則です。


面白いのは、アリの生態を見ていると、
アリの社会でも↑になることが
分かったのです。

アリ社会も人間社会と同じなんですね。

話を戻します。


僕はよく、勉強の為に
教材を買ったり、セミナーに行ったり、
塾に行ったりしますが、

実は、受講生の中でも
2:6:2の法則が
当てはまるのです。

ここからが重要です。

せっかくお金を出して
勉強するのなら、

トップ2割に入って、
結果を出したいですよね?

そこで、今から先生が
トップ2割に入る方法をお伝えします。

トップ2割に入る方法。

それは、自分が一番の
成功事例になる!

という覚悟を持つことです。

いわゆる、根性論・精神論の
ように聞こえてしまうかも
しれませんが、これは真実です。

なぜなら、僕の講座に来てくれた
受講生の中で、一番結果を出した人。

共に加圧トレーニングを学んだ
受講生で一番の結果を出した人。

その他、様々な塾や講座に
参加してくる中で、
一番か二番の結果を出した人に
話を聴いてみると・・・


皆、口を揃えてこう言いました。

「自分が○○先生の一番の
 成功事例になろうと思っています」


僕はこのセリフを聴いて痺れました。

自己成長にコミットしている人は多いですが、

講師の一番の実績になると
決めて参加しているのです。

このエピソードから考えると、
実は、講座参加も教材を買うのも、
参加する前から結果は決まっている
と言っても過言ではないようです。

さて、先生はどんな気持ちや
決意を持って、教材を買ったり、
講座に臨んでいますか?

「自分が一番実績を出す!」

「講師を驚かせる!」


ぜひ、この意識を持って
勉強や講座に
臨んでくださいね。

必ず結果に繋がりますよ。

ありがとうございました。

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック