2つの未来で患者さんが自発的に通院する!


こんにちは。

クドケン取締役の古山です。

本日のテーマ

『2つの未来で患者さんが自発的に通院する!』



✅「どうにもリピート率が伸びない」

✅「迷っている患者さんの背中を
どう押してあげたら良いか分からない」

こんな風にお悩みでしたら
本日のメルマガは必見です・・・

・・・

これは、
とあるTOP営業コンサルタント
から聴いた話でもあり、

僕自身、無意識で行っていた
ノウハウです。

そのノウハウをお伝えさせて
いただくまえに、
一つ、質問させてください。

先生は、初回の患者さんに
次回来院を促す際、
どんなことを患者さんに伝えますか?

ちょっと思い出してみてください。

思い出してもらってから
ご覧いただくと、
忘れている方法を思い出したり、

上手くいっている方法が見えてきたり、
なぜ上手くいくのかが腑に落ちます。

せっかくの機会なので
振り返ってみることで、
今以上にリピート率をアップして下さい。

それに加えて、
今回のメルマガ内容がより
腑に落ちます。

・・・

考えてくださいましたか?

リピート率を上げる方法は
沢山有りますが、
今回僕がお伝えするのはこんなノウハウです。

それは、

「2つの未来を見せる」

ということです。

1つ目の未来

『このままにしておくとこんな未来が待っているよ』

です。

肩こり、腰痛できた患者さんに対し、



「今、しっかり治しておかないと、
あとでこんな苦労や余計な費用や
周りの人にも心配をかけることにもなりますよ…」



イメージ的にはこんな感じです。

アメとムチでいうところの
ムチにあたります。

2つ目の未来

『今、治すとこんな未来が待っているよ』

です。



「逆に今、しっかり治しておくことで、
“仕事もプライベートも思いっきり
楽しめるように“なりますよ。」



“ ”の中には施術中や
問診中に患者さんの
「夢や希望や悩み」
を聴いておいて、
そこで出た内容をいれます。

イメージ的にはこんな感じです。

そして、2つの未来を伝えた後に、

「○○さん、どうします?」

とお伝えすると、
ほとんどの患者さんが
リピートしてくれます。

ただし、先生の腕が良い、
問診や施術である程度信頼関係が
築けていればですが・・・


もちろん、医者マインドで
患者さんに有無を言わせずに

「次は○日に来てください」

と、伝える方法もあります。

ですが、
患者さん自身が自分の言葉で決めた場合と、
強引に決められた場合を
比べると、当然後者の方が

✅ドタキャンが少ない
✅先生の指導通りに来院する
✅治療への意識を高く持ってくれる

このように、先生も患者さんも
ウィンウィンになりやすいのです。

ぜひ、リピートに悩んでいたり
患者さんの背中を押してあげるのが
苦手でしたら、実践されてみてください。

ありがとうございました。

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック