クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 リピート・口コミ・紹介

 古山正太

患者様が定着しないなら“コレ”しましょう

770 Views

こんにちは。

7月26日で35歳になった
クドケン取締役の古山です。


本日は、
「患者さんが定着しないならコレをやれ!」
というテーマでお送りします。


リピート率が低いことで
お悩みなら必見の内容です!


——————————————–


なぜ、リピートをしないのか?


その理由は大きく3つあります。

<1:先生の存在を忘れられる>

<2:期待値を上回ることができなかった>

<3:負い目がある>



1番目から順番に
対策を考えていきましょう。

<1:先生の存在を忘れる>


これは、患者さんの中で、
「治療院と言えば○○院」
(あなたの治療院名を入れて考えてください)

と、患者さんの頭の中で
すぐにイメージされる
状態になっていないからです。


そのためには、
シッカリ患者さんの
記憶に残るような工夫を
する必要があります。


たとえば、

・ニュースレターを送る
・バーデーカードを送る
・DMを送る


こんな対策をして、
患者さんに忘れられないようにしましょう。


さあ、次です。

<2:待値を上回ることができなかった>


考えやすくするために、
患者さんが治療院を探してから
来院し、治療院を出るまでの
時系列で考えてみましょう。


検索やチラシなどで
先生の治療院を発見する
 ↓
電話かウェブから予約する
 ↓
来院する
 ↓
カウンセリングを受ける
 ↓
施術を受ける
 ↓
お会計をする
 ↓
治療院を出る


ポイントは、患者さんが体験する
1つ1つ全てのシーンに対して

「     」をしたら、
患者さんはどう思うか?


を考えてください。


分かりづらいので、
「来院をする」で例を挙げましょう。


『来院された際に、
 患者さんを明るく元気な声で
 出迎えてあげたら、
 喜ばれるだろうな・・・』

『来院時に、
 おしぼりを渡されたら
 嬉しいんじゃないかな・・・』


こんな風に、
患者さんが体験する
全てのシーンで

(こんな風にしたら
 患者さんは喜ぶだろうな)
という感じで思いを馳せてみてください。


もちろん、お金をかければ
満足度を高めやすくなります。


しかし、言葉がけやアイディア次第では
無料~小予算で満足度を高めることはできます。


余談になりますが、
(こんな風にしたら
 〇〇さんは喜ぶだろうな)


ぜひ、これを先生のご家族やお近づきに
なりたい人にも実践してみてください。


夫婦円満他、
良いことが増えるはずです。

<3:負い目がある>


これは、ざっくり言うと
“人が好い”と言われるタイプの人に多いです。


例えば、

「通いたいけど、
 前回ドタキャンしてしまったので
 電話しづらい・・・」

こんな感じで、
罪悪感から連絡できない
患者さんもいます。


そこでぜひ、
足が遠のいている患者さんには

・ご様子をうかがうハガキ
・ニュースレター
・電話


をしてみましょう。


一度来院した患者さんや
足が遠のいている既存患者さんなら
思いのほか嫌がられることは少なく、
むしろ喜ばれることの方が多いですよ。

まとめ


患者さんを定着させたい。
リピート率を高めたいのなら

患者さんが、
予約から治療院を出るまでを
時系列で考えましょう。


各シーン毎に、
(こんな風にしたら
 患者さんは喜ぶだろうな)
という感じで思いを馳せてみましょう。


そして、ハガキ、ニュースレター、
電話などのツールを活用しましょう。


実践していただければ
100%今よりも定着率、
リピート率がアップしますよ!


最後までご覧いただき
ありがとうございました。

追伸



「患者さんは暖かい声を
 掛けて欲しいのは分かるけど
 クチ下手だし・・・」

「患者さんと会話をするよりも
 施術に集中したい」

「ハガキとかニュースレターを
 出した方が良いのは分かっているけれど、
 正直、シンドイ…」


そんな先生に朗報があります!


ニュースレターで時間のかかる
「めんどくさい」文章の準備を解決し、

パソコンが苦手な先生でも
わずか3分でつくれる方法を
ご用意しました。
 ↓↓↓
http://kudokenn.com/letter/
※7月31日(火)で公開終了


このニュースレターには、

(こんな内容を届けたら
 患者さんは喜ぶだろうな)

という思いが詰まっています。


リピートアップやニュースレターについて
過去に開催されたセミナーDVDも
無料で先生にお渡しします。


患者さんとの
長く深い関係性を構築するには

こうした気配り心配りを
患者さんに続けていくことが
ポイントとなります。


手間をかけたくない
という先生でもカンタンに
始められると思いますので、

長期的に繁盛したい先生は
ぜひご覧になってみてくださいね。
 ↓↓↓
http://kudokenn.com/letter/
※7月31日(火)で公開終了
 
 
 
 
 

Writer

古山正太

古山正太 古山正太の記事一覧

株式会社クドケン社外取締役であり、業界屈指のコピーライター。チラシ1枚で月商120万円アップなどの実績はさることながら、あらゆる業界に精通したマーケティングや経営、集客のノウハウからこのブログでは「他業種から学ぶ。治療院経営に活かせる経営・集客戦略」を提供。すでに成功が実証された方法で、まだライバルが取り入れていない戦略を知ることができるので、治療院経営に上手く取り入れることができれば、ライバルとの差別化ができ、今より多くの患者さんに来てもらえるようになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2018 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」