建築会社に学ぶ初診患者の掴み方


こんにちは。

クドケン取締役の

古山です。

本日は

『建築会社に学ぶ

初診患者さんの掴み方』

というテーマでお送りします。

・・・

業種業態問わず

集客・売上アップを実現する

『鉄板』

パターンというものがあります。

例えば、建築業界の広告で

よく見る“あのパターン”

よく見るということは、

効果があるということです。

なので、本日は

建築業界の広告でよく見る

“あのパターン”に

ついて解説します。

あなたの治療院に応用することで、

初診患者さんのハートを掴み、

リピート率アップを実現できるでしょう…

ではここで、よく見る

“あのパターン”に

ついてお答えします。

それは『業界の暴露』や

『常識の否定』です。

あなたもこんな文句を

読んだり聞いたりしたことが

あるかもしれません。

「大手の建築事務所や

ハウスメーカーで家を

建てないで下さい」

「モデルルームやTVCMの

費用を負担するのは、

あなただからです。」

大手で家を買うのが

無難だと思っていた人であれば、

「ドキッ」

として、詳細を知りたくなりますよね。

このように、人は自分の常識を

否定・破壊されると真実を知りたくて

仕方が無くなる生き物なのです。

それが、“自分ごと”であれば、

なおさら真実を知りたくなります。

話を治療院に置き換えます。

つまり、初診患者さんに対して

「凝っているところを揉んだり

叩いたりするのは逆効果です」

と言う風に、患者さんの知らない

真実を教えて上げるのです。

その際に注意すべき

ポイントとしては、

自慢やドヤ顔で伝えるのではなく…

患者さんの常識や思い込みを

小馬鹿にするようなことはなく…

堂々としているけれど、

親しみやすい医者のイメージをもって

真実を伝えることです。

そうすることで、

あなたは頼れる専門家の地位を

確立することができます。

すると必然的にあなたの言うことを

素直に聞いてくれやすくなります。

結果、次回来院の予約を

極めて取りやすくなるのですね。

なお、この方法は問診時

以外にも使えます。

そう、ホームページや、

チラシにも使えます。

ブログやメルマガを

書いている先生ならば、

コラムのネタとして、

尽きることはないでしょう。

本日は以上です。

治療に関する正しい情報を

患者さんに伝えることで、

地域の患者さんを

1人でも多く救ってあげて下さい。

ありがとうございました。

クドケンの治療院経営に役立つ無料メールマガジンのご登録はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

執筆者一覧

工藤謙治

株式会社クドケン
代表取締役

HPチーム鈴木

株式会社クドケン HPチームマネージャー

斉藤隆太

株式会社クドケン
治療院専門コンサルタント

田村剛志

接骨院・整体院コンサルタント

古山正太

株式会社クドケン 社外取締役・コピーライター

根本隆広

ひとり治療家幸せ追求型コンサルタント

加藤FOX

株式会社クドケン WEB集客コンサルタント

Facebookもチェック