クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 コミュニケーション

 古山正太

美女のくどき方と治療院集客は同じ!?

498 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

クドケン取締役の
古山正太です。


本日は、



『美女のくどき方と
 商品の売り方の共通点』


というテーマでお伝えします。


美女のくどき方と
商品の売り方の共通点とは?



先日、とあるゴッドハンドの方と
お食事をする機会がありました。


お腹いっぱいになったところで、
ゴッドハンド行きつけの
六本木にあるラウンジへ。


(ラウンジのイメージが沸かない場合は、
 キャバクラのようなものだとお考えください)


ラウンジには、
某所でアイドルをしていた
女性だったり、
現役のモデルだったり…


顔もスタイルも良い
女性たちに囲まれ、
ゴッドハンドは
とてもご満悦な様子でした。


僕は、美女達と良質な
コミュニケーションを取り、
楽しいひと時を過ごしましたが…


ゴッドハンドの方は美女達と
うらやましく、且つ売上につながる
コミュニケーションを取り
大変ご満悦な様子でした。


どんなコミュニケーションの
取り方だったのかと言うと…


1.美女の手をとり、
  悪いところを当てまくる

2.悪いところを触診しまくる

3.美女たちがゴッドハンドの
  技術にメロメロになり、
  治療を受けさせて欲しいと懇願してくる



こんな感じです。


僕は、コミュニケーション力が
高いほうですが、

ゴッドハンドは
美女たちの身体や心について
ズバズバ当てていき、

その場で楽にしていくのです。


そんなこんなで、
ゴッドハンドの能力には
到底叶いませんでした。


「なるほど。
 この人はモテたくて…

 合法的に女性を触るために
 治療家になったんだろうな…」

と、変な勘繰りを
してしまうくらい、
とにかくモッテモテでした。


ゴッドハンドが
モテモテな理由



なぜ、ゴッドハンドが
モッテモテなのでしょうか?


その理由は、
人が最も関心があることは
“自分のこと”だからです。


昔、『脳内メーカー』
というものが流行ったり、


今でもフェイスブックとかで、

「○○さんは○○なタイプです!」

みたいな投稿を見かけますが、
それも自分への
関心の高さの現れでしょう。


特に女性は、男性よりも
その傾向が高いような気がします。


ここからが重要です。


治療家さんは、
多くの人たちが悩み、
大きな関心を持っている
身体や心のエキスパートです。


治療院の問診時に限らず、
普段のコミュニケーションで
上手く問診や触診をして
あげることができれば、

多くの人の心を
つかむ事ができます。


もちろん、いきなりさわったり、
いきなりドヤ顔で悪いところを
当てにいったりなんかしないで下さいね。


詳細は割愛しますが、
あくまでも合意の上で、自然体で
問診、触診をしてあげてください。


そこで心を掴んだら、

「続きはウチの院で…」

とすればいいのです。


ぜひ、美女に限らず、
普段ご縁のある方を
助けてあげてください。


適切な距離感を持って
問診、触診をすれば、
その場も盛り上がりますし、
患者さんにもなってくれますよ。


最後までご覧いただきまして
ありがとうございました。




 
 
 
 
 

Writer

古山正太

古山正太 古山正太の記事一覧

株式会社クドケン社外取締役であり、業界屈指のコピーライター。チラシ1枚で月商120万円アップなどの実績はさることながら、あらゆる業界に精通したマーケティングや経営、集客のノウハウからこのブログでは「他業種から学ぶ。治療院経営に活かせる経営・集客戦略」を提供。すでに成功が実証された方法で、まだライバルが取り入れていない戦略を知ることができるので、治療院経営に上手く取り入れることができれば、ライバルとの差別化ができ、今より多くの患者さんに来てもらえるようになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

©2018 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」