クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 古山正太

簡単にリピート率アップ!今すぐできる印象操作

57 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

クドケン取締役の
古山正太です。


本日は、

『簡単にリピート率アップ!
今すぐできる印象操作』

という内容をお伝えします。


印象を操作…


というとなんだか
物騒な感じがしますが、

決して怪しいノウハウや
テクニックではありません。


普段のちょっとした
心がけひとつで

「この先生は安心できる」

「この先生は信頼できる」


と、感じてもらうことができ
自然とリピート率がアップします。


意識するだけで
すぐに取り入れられますので、
ぜひ最後までご覧になってみてください。


——————————————–


先日、ふと目覚めると
背中に「ピキッ」と痛みが走りました。


“激痛”とまではいかないのですが、
放っておくとちょっと仕事に
支障が出るレベルです。


「これはまずい!」と思い、
リサーチもかねて
以前から気になっていた
自宅近くの治療院を
尋ねてみることにしました。


院内は明るい雰囲気で
受付のスタッフも好印象。


通りすがりで
思い描いていた
通りの印象です。


しかし、受付の奥から
出てきたのは僕の期待とは
ちょっと違う先生でした。


施術着はヨレヨレ、

ヒゲの剃り残しもある
40代半ばの先生です。


(失敗したかな…)


と、不安を感じつつ、
施術の腕前を信じてその方の
治療を受けることになりました。


案の定、問診も丁寧とは言えず

「見た目通り雑な先生だな…」

「もっと丁寧に
 してもらえないかな…」



と正直ちょっとムッとしました。


しかし、施術を受けているうちに
身体がどんどん楽になっていることに
気がつきます。


「この先生、腕は悪くないぞ…」


と僕の中での印象が
変わっていきました。


そこでいろいろと
お話を伺ってみると…


ベテランの先生であることや
治療に対する熱い想いなど
様々なお話を聞くことが出来ました。


その話を聞いてようやく

(不器用だけで良い先生なんだ)

と印象が変わったのです。


この一連の出来事を通じて
思ったことは、


「思いを持って施術をすれば、
 いつか患者さんに思いが伝わる!」

ではありません。


なぜなら、
僕が質問したから良いものの
他の患者さんなら

(やっぱりこの先生ダメだ)

という風に、
先生の価値の気づかずに
二度と来院してくれない
可能性が高いからです。



せっかくの腕前や情熱を
身だしなみが台無しに
しているからです。


それもそのはず、
私たちは最初に抱いた印象や
気持ちを引きずります。



ずーーっと引きずります。


学校や会社など、
毎日顔を合わせる人なら
印象を変えるチャンスもありますが、

治療院は星の数ほど有りますし
毎日来る義務もありませんので、
最初の印象が悪ければ、患者さんは
二度とリピートしようとは思いません。


「髪もぼさぼさで
 だらしがない先生だな…」


という第一印象を持たれると
その先生がどんなことをしても
だらしなく見えてしまいます。


今回は僕から
この先生のことを
知ろうと動きましたが、


通常であれば
「なんか粗雑な先生だったな…」
で終わっていたでしょう。


なのでもし、先生が患者さんに
リピートやファンに
なってもらいたいのであれば、

第一印象に本当に
気をつけてください。


反対に、第一印象が良ければ、
その後の行動もずっとよく見えます。



たとえばこの先生が
短髪で清潔感があり、

パリッとした施術着で
丁寧な物腰の先生だったら
その後の印象は
大きく違っていたでしょう。


同じ施術を受けても
最初の印象が良ければ


「なんか雑に感じるな…」


と、変な粗さがしを
されることもなくなります。


まとめます!

身だしなみでも施術でも、
最初に相手に与える印象は
とても重要です。


患者さんはあなたが
どんな顔で出迎えてくれたら
その後の治療を気持ちよく
受けられるでしょうか?


掃除や整理整頓は
どうですか?


施術の最初に
どんなことをされたら
患者さんはあなたを
信頼するでしょうか?


最初の印象を
コントロールするだけで、

その後の治療効果や
次回の来院予約の結果にも
繋がります。


印象は心がけ次第で
いくらでも操作できます。


ぜひ、今以上に第一印象に
気を使ってみてください。


なお、
自分がどんな印象を
持たれているのかわからない先生は、


常連の患者さんに

「最初の印象ってどうでした?」

と、聞いてみてください。


患者さんが本当に
思っていることが
分かるはずです。


本日も最後までご覧頂きまして
ありがとうございました!


古山正太

Writer

古山正太

古山正太 古山正太の記事一覧

株式会社クドケン社外取締役であり、業界屈指のコピーライター。チラシ1枚で月商120万円アップなどの実績はさることながら、あらゆる業界に精通したマーケティングや経営、集客のノウハウからこのブログでは「他業種から学ぶ。治療院経営に活かせる経営・集客戦略」を提供。すでに成功が実証された方法で、まだライバルが取り入れていない戦略を知ることができるので、治療院経営に上手く取り入れることができれば、ライバルとの差別化ができ、今より多くの患者さんに来てもらえるようになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」