クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 

 古山正太

患者さんに言うことを聞かせる方法

79 Views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

クドケン取締役の
古山正太です。


本日のテーマ


『患者さんに言うことを聞かせる方法』




患者さんに言うことを
聞いてもらいたい場合。


例えば、
リピートして頂きたい場合だと
ざっくり言ってこんな方法が
あげられます。



・メリットを伝える
→あの頃のようになれますよ!
 スポーツとかも楽しめますよ!

・必要性を伝える
→○○さんはこうなので、
 後、○回通っていただくと
 こうなれます。

・デメリットを伝える
→放っておいたら、
 歩けなくなっちゃいますよ!

・選択肢を提示する
→月1回か月2回どっちが
 よいですか?





今回のメルマガでは

『デメリットを伝える』

をピックアップして
お伝えします。


患者さんにリピートするよう
教育をしているのに、
上手くいかない場合などは
ぜひ最後までお読み下さい。



—————————————-




「痴漢は犯罪です」

「ゴト行為は犯罪です。
 見つけ次第、即通報します」





先生はこんなポスターを
ご覧になったことがありますか?


✅上のポスターは
 駅に貼ってあるもの。


✅下のポスターは
 パチンコ屋に貼ってあったものです。


一見、ポスターとしての目的は
果たしていそうな内容です。


ですが、これらのポスターは
あまり効果的ではないのです。

なぜ、このポスターは効果的ではないのか?



そして、どんな内容に変更すれば
効果的なポスターになるのでしょうか?


少し考えてみてください。


今すぐ答えをご覧頂いても良いのですが、
それだと応用力が付きません。


今すぐ答えを見て良いのは
「ノウハウコレクター」
になりたい人だけです。


「ノウハウコレクター」
になって、ドヤ顔で人に教えて
自己満足したい人だけです。


僕は最近、
正にこんな人に出会いましたが
とても気分が悪いものでした。


私が求めてもいないのに、
彼のノウハウを聞き続けなければ
いけない環境は
とても辛かったです(笑)


彼は親切心で語ってくれたのでしょうが、
自己顕示欲が見え見えでした(涙)


というわけで、先生も周りから

「あの人…
 自己顕示欲強いよね(引き気味)」

という風に誤解されたくなかったら、


「ノウハウコレクター」という
レッテルを貼られたくなかったら、
ちょっとだけでも良いので
考えてみてください。


では、長くなりましたので、
質問をもう一度繰り返します。




「痴漢は犯罪です」

「ゴト行為は犯罪です。
 見つけ次第、即通報します」





これらの内容は
なぜ、あまり効果的では
ないのでしょうか?


そして、どんな内容に変更すれば
効果的なポスターになるのでしょうか?


シンキングタイムスタート!


・・・・・



・・・・



・・・



・・






考えてくれましたか?

実際に効果を上げた内容の例





「皆様のお陰で
 2015年度○○○人の
 痴漢を検挙することができました。
 ご協力ありがとうございました。」

「この者たち、ゴト行為により検挙。
 並びに○○グループ出入り禁止。
 及び、他ホールにも連絡済」




いかがでしょうか?


これをみて、先生はどう感じましたか?


痴漢やゴト師になったつもりで
(難しいと思いますが)
イメージしてみてください。


どうでしょうか?


「逮捕しますよ!」

という、自分の身に

“起こるかもしれない”

先の未来の話よりも、


「実際に沢山捕まえてますからね」


の方が、怖気づきませんか?


このアイディアを
治療家さんと患者さんとの
関係で考えてみて見ましょう。


たとえば、

「このままだと、背中が曲がって
 歩けなくなりますよ。」

こう伝えても、
響かない患者さんもいるでしょう。


そこで、先ほどの
『痴漢』と『ゴト行為』を
参考に、こう伝えるのです。





「今までに、○○さんと同じような
 状態の方を○○○人診てきました」

「残念ながら放っておいた方、
 ○○○人は背中が曲がって
 大変不自由になってしまいました。」

「○○さんは背中が曲がるの嫌ですよね?」

「その一方で、月1回通ってくれた方は
 背中も曲がらず、スポーツを
 楽しまれている方もいらっしゃいます」

「○○さん、どうされますか?」






こんなイメージです。


未来の話よりも、
実際に起きた事例から伝える。


ぜひ、実践されてみてください。


本日も最後までご覧頂きまして
ありがとうございました。

Writer

古山正太

古山正太 古山正太の記事一覧

株式会社クドケン社外取締役であり、業界屈指のコピーライター。チラシ1枚で月商120万円アップなどの実績はさることながら、あらゆる業界に精通したマーケティングや経営、集客のノウハウからこのブログでは「他業種から学ぶ。治療院経営に活かせる経営・集客戦略」を提供。すでに成功が実証された方法で、まだライバルが取り入れていない戦略を知ることができるので、治療院経営に上手く取り入れることができれば、ライバルとの差別化ができ、今より多くの患者さんに来てもらえるようになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Goole+
  • B!ブックマーク
  • chatwork
  • LINE

関連記事

    NO CONTENTS

©2017 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」