クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 新規集客・WEB集客

 早野 隼翔

ネットを使わず2週間で即15万売上←何をした?

339 Views

こんにちは。

勝ち組治療家養成・個別指導塾
塾長の早野です。


2020年11月3日に始まった
個別指導宿ですが、すでに
3回目の授業を行っています。


このメールが配信されるのが
11月20日ではありますが、すでに
塾に来てから売上+15万・20万円を
作った猛者がおります。


始めの授業から
おおよそ2週間ですよ…
それで+15万円です。


売上を上げた本人に聞いてみると
『あまりにも簡単にいきすぎて
 あっけにとられました…』と
おっしゃるではありませんか。


ボクの主宰する経緯塾では
難しいことはやっていません。

それこそ70歳を超えた
先生でも出来る内容のモノです。


実はやることって
泥臭くてアナログなものが
効果が高かったりします。


そう!
WEBがなかったとしても
売上を上げる方法はいくつも
存在しているのです。

・チラシ
・看板
・雑誌

集客で言うと
こういったものね。

※20年や30年前以上の集客法って
 WEBすらない時代でしたから
 基本さえ押えれば効果はあるのです。


というわけで、今回のメルマガでは
『インターネットを使わない集客をしよう』
についてお伝えしていきます。

現代でも通用する、紙媒体!


2020年、集客の最前線は
インターネットを使った媒体が
大きな成果を上げております。


ホームページ+SEO&PPC

グーグルマイビジネス
(グーグルマップ)

各種ソーシャルネットワーク
FACEBOOK、インスタグラム、
ツイッター、LINE

各種ポータル/口コミサイト
エキテン/ホットペッパー/イーパーク


その対策や攻略法はノウハウとされ
その記事を見ない日はない!と言う
ところまで情報が出回っています。


しかし、今から20年・30年前には
そのような媒体はなく、紙媒体を中心に
集客がされていました。


チラシを1つとってみても
新聞折込み、ポスティング
手配り、掲示板、置きチラシ
店頭チラシ、雑誌同梱、と
いくつもあるのがわかります。


そして、その方法は現代でも
十分に通用するモノなのです。

※60代・70代の先生でも
 十分に実践可能な内容です。

集客の基本はチラシです


集客についてボクは
常々、言っていることがあり
宣伝広告は地域に対して
『解決策を提示する行為』
と言う点と…

チラシは全ての集客活動の中で
『基本』となるという点です。
~~~~~~~~~~~


まず思い出していただきたいことは
治療院や整体院を開業するときに
『知ってもらうため』にやったことは

ご近所への挨拶回りやチラシ配布
ではなかったですか?


知っていただくために
あなたから地域へ『情報発信』を
したのです。


ここで分かることは集客の第一歩は
チラシであったという点です


————————
・地域への告知行為として
 チラシから始めている。
————————

そしてチラシは、いつ撒いたのか?
どこに撒いたのか?何枚撒いたのか?
どんなチラシを撒いたのか?
何人来たのか?いくら売れたのか?
経費はどれくらいかかったのか?が
すぐに計測できる利点もあります。

・制作 自作チラシ
・期間 10月23日〜11月7日
・場所 中野2丁目
・枚数 3,000枚
・来院 7名
・売上 14万
・経費 1万

結果 1万円 → 14万円

※これらの数値は次の活動で
  役に立つことになります。

やったけど上手くいきませんでした…


集客ではチラシが基本であり
基礎であると言うことを伝えるのですが
塾生の中には必ず経験者がいます。


そして、その中でも圧倒的に
失敗をして断念した先生がいます

『過去にやったけど上手くいかなかった…』

こういうやつです。


しかしですよ。

よーく、その話を聞いてみると
以下の原因が見て取れます。



1.自作チラシ
そもそも集客に繋がる内容のモノではない。


写真や文章、構成やオファーなど
原理原則に則って作った物ではなく
自分の価値観で作ったチラシ。
~~~~~~~~~~~~~

はい、こういったものは
どれだけたくさん配布しても
来ないものは来ないのです。



2.配布量
露出している量が少なすぎる。


自分では
たくさん撒いているつもりでも
数量がなく露出されていない
現状があります。


塾生 『たくさん撒きましたー』

早野 『具体的には何枚撒いたの?』

塾生 『800枚です。4日もかかったんですよ。
    でも、全然来ないですね』

早野 (そもそも少なすぎるがなw)


基準値を理解していないので
何枚撒いたら、何人来るのか?
最低配布母数はどのくらいなのかを
知らないままやっています。


通常、1,000枚配布して
1〜2名の獲得に繋がるのですが、
800枚だと基準に達していないことが分かります。


本人からすると多い(と思っている)
プロからすると少なすぎる。これね。

小さな数字、大きな数字


集客活動に取りかかる際
集客に使えるお金が少額だと
やれることに限界があります。


しかしですよ、
ポスティングであれば
印刷代のみで活動が出来るので
1万円もあれば実行可能です。


ただし、配布の際に
意識しておくことがあります。

それは、1度に大量に
頑張ろうとしないことです。

休日に配布を考え
1日4時間とか5時間とかやると
間違いなく身体が疲れます。


それよりかは日常のタスクとして
少数の配布を継続的にやることを
考えて見て下さい。


1時間で150枚配布できるなら
1日2時間で300枚の配布です。


それを毎日欠かさず運動や
散歩だと思ってやってみて下さい。


300枚 × 30日 = 9,000枚


1度に頑張るより、
より多くのチラシが
配布できることが分かります。


1ヶ月、散歩がてらに配布したチラシで
10名から20名の集客が可能になります。


そうなると月商50万は達成しますよ。

まとめ


さて、今回のメルマガでは
『インターネットを使わない集客をしよう』
というテーマでお伝えしました。


塾生にも同じことを言っていますが
過去にはインターネットはなくても
集客が出来ていたのが現実であり

その手法において基礎・基本が
できれいれば集客は可能です。


チラシや紙媒体の集客は
すべての集客活動の基本であり
基礎であることを理解して下さい。


この点が分かるようになると
インターネットの集客も格段に
数を増やすことが出来ます。


では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義終了!



追伸


\遂に公開…!”命を救う”整体/
今朝公開された治療法・・・

子宮筋腫/脳出血/余命3ヶ月の末期がん…
度を超える重症も劇的改善に導き、
患者さんの”命まで救う”「相命整体」を
もうご覧になりましたか?

・「本当に命を救われました…」
 子宮筋腫の腫瘍が3回で消失

・脳出血による麻痺、手の震えが
 1回の施術でピタッと止まる

・「1週間で死んでしまうかも…」
 と言われたワンちゃんが
 1回でスタスタ元気に歩き出す

…など凄まじい事例の数々は、

米国政府公認D.C/難病請負人/麻酔専門医…
業界の権威までもが「異次元レベル」と
大絶賛するほど。

【1週間限定】の公開ですので、
今すぐ全貌を確認してください…!

 ↓↓↓
>>手技の全貌をチェックする
※1週間限定

Writer

早野隼翔

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2020 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」