クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 新規集客・WEB集客

 早野 隼翔

集患でこんな”間違い”やってませんか?

1158 Views

 ↓↓↓本日の動画はコチラ↓↓↓



■■■■■■■■■


こんにちは。

勝ち組治療家養成・個別指導塾
塾長の早野です。


あれほど暑かった8月は
いつの間にか過ぎていて
9月も終わりになりました。


今期の経営塾もあと1回で
終わり、最後の授業として
まとめを残すところです。


思い返すと訪問だけで80件、
授業に至っては、24回+α
ZOOMを使ってのフォローも
させていただきました。


それでも悩みが出てしまうのは
「新規の獲得」についてです。


いつまでたっても新規集客の悩みは
尽きないものだと改めて感じました。


さて、今回のメルマガでは
『集客で1番に考えておくこと』
についてお伝えしていきます。
 

集客時における5つの悩み


集客の悩みは尽きないもの…


そのほとんどが新規集客であり
どのようにしたらたくさん来るのか?
を考えて行動します。


新規集客の悩みの中でも
より細分化された悩みは
あるものでして…


具体的には以下の
項目として挙げられます。


1 見込客の集め方が分からない
2 何を書いていいのか分からない
3 適切な媒体が分からない
4 反応率の上げ方が分からない
5 広告費がない



この5つですが、いかがでしょうか?


もしかしたらあなたも
このどれかに該当しているのでは
ないかと思うのですが…。


いや、そもそも、
何からはじめていいのかさえ
分かっていないのかもしれません。

集客、よくある間違いはコレ!


新規集客を始めようとする際に
「何から決めていくか?」を
考えることになるのですが
やってしまいがちなミスがあります。


それは…


「どのような広告媒体から
 はじめればいいのか?」


という、何の広告を使うのか?
から、入ってしまうパターンです。


これ、本当にありがちなミスです。


というのも、
この選択をしてしまう人の
考え方は「誰か」がそのように
言っていたから。

というのが理由なようです。

(つまり自分で考えていない)


FACEBOOKがいいと言われれば
FACEBOOKをはじめてしまう人。

新聞折込がいいと聞いたら
新聞折込をはじめてしまう人。

LINE@がいいと聞いたら
LINE@をはじめてしまう人。

エキテンがいいと聞いたら
エキテンをはじめてしまう人。


これ、本末転倒になってしまう
パターンだと言えます。


その理由はというと…

あなたが提供しようとしている
商品・サービスを求めている人が
普段目にしている媒体なのか?が
抜け落ちてしまうためです。


分かりやすく伝えるなら
不妊整体で集客をするのであれば
新聞折込は使わないってことです。


だって、不妊整体で悩んでいる方は
新聞を取っていると思いますか?


おそらく取っていない人の方が
大半だと思われます。


もし、新聞折込で集客をかけても
対象者が見ていないということが起きるので、
集客には繋がらないのです。


これ、お分かりになりますか?

集客ではじめにすること


集客をするときに
まず1番に考えることは
何を使って集客をするか?ではなく
「誰」を集客したいのか?です。


いわゆるマーケティング用語で
いうところの「ターゲット」です。


誰 = ターゲット


これは「誰」を決めないと
「悩み」が明確にならないので
メッセージを発信しても
共感されないことが起きるからなのです。


例えば、頭痛と腰痛の方の
悩みはそれぞれ違いますよね?


たとえ同じ手技や手法を使って
治すことができたとしても
「悩み」が違うのであれば
共感してくれることはないです。


・ヘルニアと言われた方へ
・頭痛薬が手放せない方へ
・継続的な痛みが続く方へ
・眠れないほど腰痛がひどい方へ
・病院へ行っても治らない方へ


人によって、共感する文章が
違うということがお分かりに
なるでしょうか?


集客において
1番に考えることは

誰(特定の方ひとり)に向かって
あなたは話を伝えたいのか?

ということを
忘れないで下さい。

勘違いな批判。笑笑笑


このような話
ターゲットを絞り込む!
と言うと、必ず出てくるのが


1人まで絞り込んだら
それ以外の方が来なくなるじゃ
ありませんか!


というものです。

これ、よーーーーく言われますが
本質を全く理解していませんwww


ターゲットを絞り込むと
その他の方が来なくなるのではなく、
絞り込んだ方の「悩み」に反応して、
集客ができるのです。


絞り込みの一番の理由は
「具体的な悩み」を書くためであり
「具体的な悩み」を書くことによって
集客がしやすくなるのです。


間違っても、その方だけが
来院をするのではありません。


ココ、間違わないように!って、
これ、分かるかなぁ???

まとめ


さて、今回のメルマガでは
『集客で1番に考えておくこと』
というテーマでお伝えしました。


とにかく売上をあげたければ
新規集客に時間とお金を割くこと。


これは売上を上げていく時の
“”鉄則””であるとも言えます。


苦手、苦手、苦手、と言っても
誰も解決はしてくれないので
まずは集客をするためのスキルを
あげていくようにして下さい。


このご時世、待っていても
何も始まらないのですよ。


では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義終了!


塾長・早野



追伸


【無料手技プレゼント!】

公開直後から話題沸騰中!!
~~~~~~~~~~~~~

片田舎でも患者さんが殺到する
前代未聞の神技テクニックの一部を
収めた《無料手技セミナー映像》を
現在公開中!

撫でるだけで体内をスキャンし、
根本原因を特定できる方法を大公開!
↓↓
~~~~~~~~~~~~~


Writer

早野隼翔

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」