クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 早野 隼翔

全国350院を見て分かった”ダメ治療院”の共通点!

1422 Views

こんにちは。
             
勝ち組治療家養成・個別指導塾
塾長の早野です。


まだまだ訪問コンサルで
全国を飛び回っております。


数日間、場合によっては
2週間近くホテルでの生活を
していることがあります。


その中での
ちょっとしたこだわりは
大浴場付きの宿泊施設で
朝一番からの入浴です。


誰もいない
独り占めできる空間は
何よりも気持ちがいいです。


あとは朝食が付いていたら
何も言うことはありません!笑
   
 
さて、今回のメルマガでは
『取り換えとルールづくり』
についてお伝えしていきます。
 


 

ダメ治療院の共通点!

 

これまでに訪れた
治療院の数、おおよそ350件。
 

おそらく、訪問件数でいうと
ボクが日本一ではなかろうか。。。


個人治療院から、家族でやっている
治療院、フタッフを抱える治療院、
いろいろと現場を見てきました。


店舗、自宅、マンション、
院の形態はいろいろあります。

  
その中で、上手くいっていない
治療院の共通点が存在します。
 
 
その代表が、
第一印象が良くない…
という問題点です。


先生方からすると
日常の一部分に過ぎませんが、

ボクや患者さんから見ると

「これ、どうよ…?」

と思ってしまうような
気づいていない悪い点が
いくつも見受けられます。
 
  
治療院の店頭や院の中、
販促物、ホームページの
第一印象が良くありません。
   

新規さんは初めて
あなたの治療院を見ることに
なるのですから、第一印象に
気を配ってほしいと思います。
  

院の外が分かりやすい(^_^;)

  
治療院のビジネスは
建物がある、地域ビジネスです。

よって、見込患者の多くは
地域にいらっしゃる
住民であることがほとんどです。
 
 
そのために、普段から
<見られている>意識が必要です。
  
 
個人でいえば身なり、服装だし
治療院でいえば、店頭や看板に
該当します。


しかし、うまくいっていない
治療院においては、看板や店頭の
掲示物が古くて、汚い印象です。


看板は10年、20年と経過していて
陽に焼け、白っぽくなっているし
鉄錆が付いていて、汚いです。
 

これ、どうにかした方がいいです。
 

もちろん、院の中でも…


院内で気が付く、第一印象の悪さには
大きなものと小さなものがあります。
 
大きなものでお話をするなら
壁紙、カーテン、照明です。

  
まぁ、大きく目立つところなので
当たり前だといえますよね。
  

これらのものは、基本的に
壊れることがないので、長く
使ってしまう傾向が高いものです。


小さなものでいうなら
荷物を入れるためのカゴ、
院内に貼ってある掲示物、
そして、漫画本。
 

これらは時間の経過とともに
黒ずんだり、色落ちするので
見た目が悪くなります。

 
はい、時間の経過による
『痛み』です。
 
  
で、毎日同じところにいるから
“いつもの風景”を見ているので
本人がこの『痛み』を認識できず
気が付きにくかったりします。

   
これらも、
気を付けておきたい点です。
 

先生の性格が見て取れる!


もっというなれば、
この様なことに気が付かない
先生はガサツで大雑把な性格が
見て取れます。


患者さんから見ると、
かゆいところに手が届かない
先生の印象を与えてしまいます。


つまり、自分(治療院)の管理を
定期的に行っていないことが
患者さんに伝わってしまうのです。


これ、いただけません。


定期的に古さを排除し
新しさを保つ工夫は

・壊れるまで使わない
・定期的に入れ替える

ことなのです。


そのためには
ルールを設けた方が
良いといえます。
 

・看板は15年で取り換える
・壁紙は10年で張り替える
・カーテンは5年で入れ替える
・施術着は2年で新調する
・マンガは1年で入れ替える


こういったルールを決めると
汚くなるまで、壊れるまで使うという意識から

「定期的に新しくする!」

という意識が作られるようになります。
 

ちなみに、これも…


そうそう、言い忘れました。
 

治療院の中で、使用頻度が低く
壊れにくくて、入れ替わらない…
 
それは、パソコンです。
 

これも定期的に
入れ替えた方がいいものです。
  

ワードやエクセルに関しても
もう15年くらい前のモノを
使っている猛者がいたりします。
 

ちょっと気にしていただきたい
ことだと思いましたので、
念のためお伝えしておきますね。

まとめ


さて、今回のメルマガでは
『取り換えとルールづくり』
というテーマでお伝えしました。


新規患者さんは、
初めて行く場所について
第一印象を感じ取っています。


そして、
そこから見えるあなたの
「人柄」も無意識のうちに
感じ取っています。


いつもと同じ様に見えて、
時間とともに院の見た目や
印象は変わっていきます。

『痛み』

意外と見落としがちなので
気を付けておきましょう。
  
 
では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義終了!


塾長・早野



追伸


【本日公開!】

・一流アスリートも絶賛
・緊急病院でも導入
・治療院業界の権威も推薦

規格外の治療法が
ついに公開されました。


誰でも”一瞬”で
狙った部位だけ緩めて
あらゆる痛みを解消できる。

魔法のような治療をしたい人は
他にいませんか?

↓↓↓
※今だけ8つの豪華特典プレゼント中!!


Writer

早野隼翔

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」