クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 早野 隼翔

【ビデオ】ファン化 = 共感の達人

1348 Views

こんにちは。

勝ち組治療家養成・個別指導塾
塾長の早野です。


突然の質問ですが、
好きなTVアニメはありますか?


はい、ボクにはあります。


かれこれ40年以上
前のアニメになりますが
銀河鉄道999が好きです。


機械の身体を手に入れ
永遠の命を目指す哲郎の
経験を通じた「人」としての
あり方に冒険を感じました。


また、幼き日に見たメーテルの
「凛」とした姿に恋焦がれた
ものでございます。

※今年は劇場版から
 40周年記念らしいですよ。


さて、今回のメルマガでは
『ちょっとしたコミュニケーション』
についてお伝えしていきます。



あなたの最終目的はコレです


これまで、経営塾を通じて

『1人先生のゴールはファン化!』

だということを多くの先生に
お伝えさせていただきました。


理由は大きく分けると3つ。


1、多くの資金を広告に投入できない
 →新規の獲得に力を入れることが困難

2、人から支えられる必要がある
 →定着化で経営の安定を目指す

3、ライバルは力を入れていない
 →技術を売るより人を受け入れてもらう


個人が行っている治療院では
大手の治療院やグループ院と
比較すると、スタッフ数や広告費で
勝つことができません。


そこで1人先生の治療院では
少ない人数で収益を立てなければ
生き残ることができないのです。


このためには、患者さんに
困ったときには必要としていだくための
仕組みとして「定着化=ファン化」を
目的とすることにしています。

人対人の仕事をしています


治療院のビジネスにおいては
人対人がベースとなっている仕事です。


接客業と言えば接客業だし
サービス業と言えばサービス業です。


もちろん最終目的となる
「ファン化」を達成するのであれば
コミュニケーションは絶対に欠かせません。


そう!患者さんから
好かれる治療家になるには
コミュニケーションが絶対に不可欠なのです。


しかし、治療家の先生の多くは
コミュニケーションが苦手だと言います。


これでは、患者さんや
地域の住民に支えられる
治療院づくりは困難を極めます。。。


もし、あなたがファン化を
ゴールに設定するのであれば
コミュニケーションに力を入れて下さい。


もっと分かりやすく
伝えるのであれば、患者さんに対して
興味を持って欲しいのです。


※上手くいっていない人は
 患者ではなく、症状に興味を持っています。


これ、イケてません(笑)

上手くいかない人の特徴!!!


患者さんと話をすると
自分の価値観に合わない人などに
遭遇することが多々あります。


それでも、まずは話を聞き、
一度受け入れてあげる必要があります。


コミュニケーションが
上手くいっていない人には
以下のような特徴があります。


・自分の話ばかりする
・相手の話の腰を折る
・視線を合わせるのが苦手
 (自分に自信がない)
・やたらとプライドが高い
 (上から目線でうっとうしい)
・ネガティブな発言が多い
・友達が少ない


もし、あなたが該当するなら
改善をする必要が出てきます。


改善をせずに押し通そうとしても
患者さんからは受け入れてもらえず
ファン化につながることは皆無です。


安定した経営を図るのであれば
絶対にコミュニケーションは
避けられないのです。

興味・共感・労いが基本!


コミュニケーションを
上達させるには、相手に対して
興味を持つところから始まります。


例えば趣味の話になったときに
自分が知らないからと言って
「分かりません」とすると
話が進まなくなってしまいます。


そうではなく、相手に対して


「それってどういうことですか?」
「もう少し聞いてよろしいですか?」
「興味あります!教えて下さい」


などと返答すると
会話は繋がっていきますよね。


また、聞き上手になるには
「相手の気持ちに共感」すること。


自分は賛成できないというときが
あるのが人なのですが、そんな場合でも
「それは違うと思う」と否定せずに、
気持ちを受け止めてあげましょう。


例えば「ひどいよね」と
同意を求められたものの
賛意を示せないときがあるとします。


その場合「そうかな?」と答えたのでは
相手は気持ちの行き場をなくすことになります。


同意するでも否定するでもなく
「ひどい目に遭ったのね」と、
相手の気持ちをすくい上げて返すことが
上手に共感するコツだと言えます。


ちょっとした気遣い1つで
コミュニケーションは上手く
なるので、覚えておかれると
いいかと思います。

※ファン化 = 共感の達人

まとめ


さて、今回のメルマガでは
『ちょっとしたコミュニケーション』
というテーマでお伝えしました。


1人先生は一日の長い時間
自分の空間に閉じこもることが
本当に多い職業です。


広い視野を持つには
広く交際をしながら
多様化する価値観を知る必要も
でてくることでしょう。


コミュニケーションを
軽視することなく、ファン化に向けて
共感の達人になって下さいね。


では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義終了!



塾長・早野



追伸


クドケンファンをも唸らせた
超超超大型手技の全貌とは――


「クドケンさん…

 この手技があると他のが売れなく
 ~~~~~~~~~~~~~~~
 なっちゃうんじゃない?笑」
 ~~~~~~~~~~~~~


とまで言わしめた衝撃の治療法、
あなたはもうご覧になりましたか?


幼稚園児でもできるほど
超シンプルな方法で、

医師も驚愕の治療効果を出せる
天下無敵の手技の全貌公開は、
5/16(木)迄の期間限定です。

 ↓↓↓
※5秒に1本売れた、今一番話題の手技です

Writer

早野隼翔

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」