クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 早野 隼翔

50万円に満たない人の4つの悩み

1090 Views


こんにちは。

勝ち組治療家養成・個別指導塾
塾長の早野です。


年間100件は全国の治療院へ
訪問コンサルを行っていますが
忙しい中でも楽しみがあります。


以前は、城めぐり、撮り鉄でしたが
最近は「神社巡り」が楽しいです。


本日は六本木にある神社へ
参拝に行ってきました。


天祖神社というところで
御朱印は限られた日時しか
いただけない希少性がある
ものでして「金の文字」で
書かれていて驚きました!


もし、興味があれば
一度、行ってみて下さいね。


さて、今回のメルマガでは
『あなたの課題はどれですか?』
についてお伝えしていきます。



50万円に満たない人の4つの悩み


ボクの個別指導塾では
入塾の際に現状確認シートと
言われるものを提出して
いただいております。


これは、あなたの治療院でも
使用する「問診票」と同じで
現在の状況を確認するために
記入することを設けています。


過去、300人近く見ていますが
月商50万円に満たない方の
原因は「共通する項目が同じ」で
大きく分けると全部で4つあります。


1、広告費が少ない・使わない
2、コミュニケーションが苦手
3、次回の必要な提案をしていない
4、複数回通う仕組みがない


もしかしたら、今のあなたも
課題になっているかもしれないので
これらの4つの項目について
詳しく見ていきましょう。

新規集客の課題は露出量!


月商が少ない人、伸び悩んでいる人は
とにかく「露出量」が足りません。


何年も治療院をやっている
先生であったとしても、意外と
地域の方に知られていないことが
起きています。


来院していただくためには
知っていただける絶対量を増やす
工夫が必要になります。


近年はライバルの数も増え
20年、30年前みたいに
黙っていても患者さんが
来る時代は終わっているのです。


そこで必要になるのが
広告活動です。


しかし、この広告活動を
ほとんどやっていないために
新規集客で苦しんでいる
治療院は数知れず…です。


知ってもらうための活動として
広告費を使って露出量を上げ
知ってもらう活動をしましょう!


ポイントは自分から地域に対して
情報発信するという意識です。


※広告とは「広く告げる」と書きます。

共感、労い、受け入れ


コミュニケーションとは
患者さんと意思疎通を図るために
絶対に必要なスキルです。


問診時に悩みや症状を
聞くためにも大切ですし、
世間話をするにしても
コミュニケーションは必要です。


ですが、苦手な先生が
多いことも事実です。


対人の仕事である
治療院はリピートで成り立つ
ビジネスだとも言えますので
避けて通ることはできません。


もし、あなたが苦手意識を
持たれているのであれば、
話し方や心理学、コーチング
を勉強されるといいでしょう。


ちなみに、
円滑なコミュニケーションが
図れるようになると、

・会話が続くようになる
・人と話をするのが楽になる
・友達や仲間がすぐにできる
・患者さんが応援してくれる

ということがおこります。

悩みの解決は提案で!


あなたもご存知の通り、
患者さんをたった1回で
「完治」させることは
ほぼ不可能に近いです。


痛みを取るだけならまだしも
症状を改善するためには
多少なりとも時間が必要です。


しかし、患者さんは初診から
リピートしなくなる人もいるし
2、3回も通われると、その後が
続かないことも起こっています。


これは単に説明不足であり
提案していないから起こります。


≪○先生の頭の中≫
→痛みは引いたけど、
 身体の改善はこれからだ。

≪●患者さんの頭の中≫
→痛みがないから、
 行く必要は特にないな。


このように、お互いが
意識のズレを起こしているので
患者さんにリピートして頂くには
ズレを合わせる必要があります。


そのためには、あと何回必要なのか?
そのためにはいくらかかるのか?を
お伝えし相手の意思を確認すること。


これがないと患者さん主導で
来院が繰り返されてしまいます。


まずは「提案」してあげて下さい。

まずは、回数券の導入から


月商50万円以下の先生で
多いのが、複数回通うための
仕組みがないことです。


分かりやすく言うと、回数券です。
(他にもあるがコレがシンプル!)


これは、
ただ単に何度も通って頂くだけではなく
治療が終わるまでの目安となるものを
提示することで、


「どのくらいの期間がかかるのか」
「どのくらいの料金で治るのか」


という、患者さんが抱える
不安を払拭してあげることになります。


患者さんは
“早く身体を治したい”のです。


その希望をかなえてあげる
回数券は治療計画も立てやすくて
本当に感謝されます。

まだ、
回数券を導入されてない先生は
是非、導入を検討してみて下さい。


最初に複数回確定すると
精神的にも経済的にも楽になりますよ。

まとめ


さて、今回のメルマガでは
『あなたの課題はどれですか?』
というテーマでお伝えしました。


月商50万円に満たない方の
原因は大きく分けると全部で4つ
あることが理解できましたか?。


どれかに当てはまっている
可能性が”とても高い”ので
1つずつ確認して、その課題に
取り掛かって下さいね。


これらを1つずつクリアしていくと
必ず月商50 万円の壁は越えます。


では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義終了!


塾長・早野



追伸


僕が80分ほどの時間をかけて
治療院経営の「キホン」について語っている
特別映像はもうご覧いただけましたか?


お金のムダを最低限に抑えながら
最大の売上を出す方法を紹介していますので
ぜひご覧くださいね。

 ↓↓↓
※3/26(火)終了の無料プレゼント



 
 
 

Writer

早野隼翔

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」