クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 マインド・効率化

 早野 隼翔

【平成最後】治療院の”常識”はどう変わる?

1166 Views

こんにちは。

勝ち組治療家養成・個別指導塾
塾長の早野です。


2019年2月に入り
立春(2月4日)が過ぎました。


旧暦でいえば新年ですよ!はい、
明けましておめでとうございますw


今年は平成最後であり
次の時代に向けて大きな変革が
起こる年と言われています。


こういう時は新しい常識が
生まれやすいので、受け入れる
準備はしておきたいものです。


さて、今回のメルマガでは
『常識の変化を考えよう!』
についてお伝えしていきます。




これまでの常識はどうよ?


個別指導塾をやっていて
いつもながらに思うことは
治療家さんには治療家さんの
常識があるということ。


治療家さんの視点で物事を
見れば分かる気もするのですが
ボクがよく聞く言葉には…


『腕がよければ繁盛する!』


というものがあります。


これは何十年と受け継がれた
根本的な価値観だと思います。


確かに繁盛している治療家さんの
経営状況はいい感じであり
腕があってこそ成り立つし
患者さんで賑わっています。


しかし、この定石の価値観も
変わってきている感じがします。


20年前、30年前と違い
インターネットを主流に
情報社会へと移ってきました。


その過程において『規制』が
なくなり、ライバルが増えました。 


地域社会も外国人が増えたし
多種多様化が目ざましく進歩
しているのが現実です。


そんな中で『腕一本』だけで
繁盛ができるのかというと
そうではなくなってきています。

周りの先生を見て下さい!


ボクの個別指導塾でも、何名も
腕の良い先生がいらっしゃいました。


しかし、経営状態はというと
そうでもなかったりします。

 
『昔はよかったのですが…』

 
こういった声も何度も
たくさん聞いてきました。
 
 
塾生以外に目を向けてみても
何十年とやってきた治療家さんが
経営の窮地に陥っています。
 
 
なぜでしょう?
 

何十年とやってきた先生の腕が
悪いということはあるのでしょうか?
 
 
また学校やスクールで
教えている腕のいい先生であっても
経営は上手くいかず窮している人も
たくさんいらっしゃっているのです。
 
 
あなたの身の回りに居ませんか?
心当たりありませんか?

ひっくり返すと、どうなる?


『腕がよければ繁盛する!』
 
この常識の反対となる表現は…

『繁盛していないのは腕が悪い!』
 
ということですよね。
 
 
・腕がよい → 繁盛する
・腕が悪い → 繁盛しない。
 
 
でも、世の中を見てみると
繁盛していない先生でも
腕のいい人はたくさんいます。


もし、あなたの治療院が
繁盛していないのであれば
その理由は腕が悪いからですか?


恐らくそんなことはないと思います。


ボクが考えるに、昔の常識だけでは
足りず、何かを足していかなければ
ならなくなっているのです。
 
 
腕がよければ繁盛する…
但し、人脈があれば。
 
腕がよければ繁盛する…
但し、コミュニケーション能力が
人よりも高ければ。
 
腕がよければ繁盛する…
但し、立地がよければ。
 
腕がよければ繁盛する…
但し、仕組化がされていれば。
 
腕がよければ繁盛する…
但し、圧倒的な独自性があれば。
 
 
いかがでしょうか?
 
  
このように繁盛していく要因は
時代とともに変わっているのです。
 

治療院も同じ道を辿る

 
『腕』を職業にしているものは…
 

飲食店、美容室、ネイル、歯医者等
これらのサービスがありますが
『腕』だけで成り立っていますか?

 
あなたはこれらのサービスを
『腕』だけで選んでいるのでしょうか?

 
おそらく『腕』だけで選んでは
いないと思います。
 

選ぶための1つの要因として
『腕』は入っていると思いますが
それ『だけ』ではないですよね?
 

これは治療院にも
当てはまる現実だといえます。
 
 
美味しいお店が潰れています。


おしゃれな美容室が潰れています。


腕のいい歯医者が潰れています。


なぜ、この様なことが起きるのか。
足りないものは何でしょうか?


もし、考えられるとしたら

『腕が良ければ繁盛する…、但し…』

この言葉に続く文章を考えてみて下さい。
 

それが今後の常識に
なって行くかもしれませんので。
 

まとめ


さて、今回のメルマガでは
『常識の変化を考えよう!』
というテーマでお伝えしました。
 
 
商品・サービスがいいのは
当たり前の世の中になっており
その他の要因が経営を左右する
時代になってきています。
 

強いモノが生き残るのではない
変化に対応できるモノが
生き残るのだ!

 
では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

講義終了!


塾長・早野



追伸


【本日、日本初公開!】

遂に発表!

がん/全身の慢性痛/全身の急性痛
自己免疫疾患/不定愁訴/頭痛
内臓疾患/ムチウチ/むくみ
リウマチ/慢性疲労/喘息etc…

これらの症状に完全対応できる
世界初の治療法とは?

 ↓↓↓
<一週間の限定公開>

Writer

やってみたブログ やってみたブログの記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」