クドケンブログ【繁盛院の教科書】

新規集客の基本から売上アップの最新ノウハウまで!これからの治療院業界を生き抜いていくために必要な経営の情報を分かりやすくお伝えします。

 新規集客・WEB集客

 早野 隼翔

些細な違いで、集客ゼロに…?

1559 Views

こんにちは。

勝ち組治療家養成・個別指導塾
塾長の早野です。


2018年12月も
アッという間に
終わりに近づいてきましたね。


ついこの間までは
暑かったなーと言ってたのが
もう、年越しですよ。


時間がたつのも早いですが
しっかりと「大掃除」をして
新年を迎えたいところです。


やっぱり患者さんに対しても
気持ちよく迎えたいですよね。


さて、今回のメルマガでは
『顧客の視点に立てているか?』
についてお伝えしていきます。



制作物、あれこれ


個別指導塾では
売上を上げていくために
いくつかの「ツール」を
作りこんでいます。


・紹介カード
・ニュースレター
・院内マニュアル
・ブラックボード
・店頭看板
・集客用チラシ


このようなものが
あります。


治療院経営をするため
すこしでも楽になるように
集客や売上に繋がるように
作りこんでいます。


もしかしたら、あなたも
作ったことがあるのでは
ないでしょうか?


一人先生の中には
自ら作るのではなく
無料ダウンロードなどの
特典で手に入れた人も
いらっしゃると思います。


自分で作ったり
他人から手に入れたり
するのはいいのですが…

ちゃんと患者さんの視点を
気にしていますか?


もし、なんとなく
作っているのであれば
ちょっとした問題点が
出るのですが…


お分かりになります?

見づらいと感じません?


これからお伝えすることは
より、理解してもらいやすく
お伝えするために、集客用の
チラシを題材にお伝えします。


チラシを作るときは
基本的にパソコンを使って
作成することになると思います。


テンプレートものであれば
治療院の情報だけを書き換えて
いるのではないですか?


院名、住所、電話番号、
プロフィール、料金など
これらも「内容」だけを
書き換えていますよね?


確かに、情報だけを書き換えれば
いいといえばいいのですが…


ただそのままだと、印刷した時に
読みにくいことが起こります。


僕が言っていること分かります?


もし、わからないようであれば、
実際にワードで作ってみたものを
印刷してご覧になってみて下さい。


※一般的な文書と違って
読みにくく感じるはずですよ。

パソコンを使って作るよね?


実はこれ、パソコンで文章を
入力していく際に起こっている
フォント(文字の装飾)の
問題なのです。


通常、パソコンを使用していると
グーグルやヤフーなどのニュース
などは「ゴシック体」という文字
を使用しています。


そのため、パソコン上で文字を
読むときには、見慣れている
ゴシック体で書かれていた方が
より、見やすく感じます。


しかし、一般的な印刷物になると
話は別になってきます。


私達は、雑誌、新聞、小説など
活字と呼ばれるものを目にする時
見出しはゴシック、本文は明朝体で
目にしているのです。


試しに手元にある雑誌でも
ご覧になってみて下さい。


本文は明朝体になっているでしょ?

些細な違いで、読みにくい!


ここで言いたいのは
顧客の視点に立てているか
どうか?という話です。


パソコンで作ったものは
パソコンで見せるのであれば
特段問題はありません。


しかし、一般消費者が
チラシを見るときというのは
印刷物になっています。


ということは、一般消費者が
見慣れている状態に変えないと
読みにくくて仕方がない!
ということです。


パソコンで作る →ゴシック体
パソコンで見る →ゴシック体

パソコンで作る →ゴシック体
印刷物で見せる →明朝体


はい、もう一度確認しましょう。


あなたのチラシは
明朝体になっていますか?

顧客の視点に立つということ


一例では集客チラシで
お話をしましたが、その他の
看板やブラックボードでも
顧客の視点は必要です。


ポイントは、どの様な状態で
その広告物を見るのか?です。


看板であれば、対象者が
歩行者なのか、運転手なのか?

※歩いている人に向けたものなら
 文章は小さくてもいいが、車の
 運転手の場合は大きくしないと
 まず、読むことができない。


ブラックボードであれば
目に入るまでの距離を考え
その文字の色・大きさでいいのか?
を考えてみる。


スマホサイトであれば
文字ばかりではなく写真や
イラストを使った方がいい等、

このように相手の立場になり
相手が置かれた環境を考える。


こうすることによって、
広告も見やすくて読みやすい
分かりやすいものができます。


些細なことなのですが
一応、理解しておきましょう。


まずは消費者の立場で考える。
経営に必要なことです。

まとめ


さて、今回のメルマガでは
『顧客の視点に立てているか?』
というテーマでお伝えしました。


パソコンで作業をしている時は
集中していることが多くて、
周りが見えないことがあります。


そうすると、経営において
最も大切である「顧客視点」を
見落とすことに繋がります。


自分本位の経営は、あっという間に
ダメになっていきますので、
気を付けていただきたいと思います。


覚えておいてくださいね。


では、本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


講義終了!


塾長・早野



追伸



【遂に!本日より公開スタート】


本邦初公開。


クドケン直営治療院のゴッドハンド
関野正顕が誰にも見せなかった
腰痛治療の”奥の手”の全貌を
ついに明かす――


ヘルニア/狭窄症/坐骨神経痛
分離症/ギックリ腰/すべり症
側弯症/変形性脊椎症/
原因不明の慢性腰痛まで…

1回で重度の腰痛も消す方法とは?


今すぐご確認ください

 ↓↓↓
※12/27(木)までの1週間限定公開です

Writer

早野隼翔

早野隼翔 早野隼翔の記事一覧

「あなたの治療院、集客で悩んでいませんか?」
今は高い技術があっても、患者さんを治療院に来院させなければ、あなたの治療院が儲かるどころか、廃業へと追い込まれる時代になりました。そう、ライバルが多い時代になっているのです。そこで、専門学校やスクールなどでは教わらない「治療院経営」と「マーケティング(集客)」に特化した『勝ち組治療家個別養成指導塾』を立ち上げました。経営のプロがあなたと一緒になって治療院を改善していきます。集客を学びいつでも売上が作れる治療院になりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 治療院経営に役立つ無料webマガジン「クドケンブログ」